« 「首相は絶対約束守る」と言う前原誠司の笑止千万 | トップページ | 堤防の穴に指差し入れるだけで経済は再生しない »

2012年10月22日 (月)

PC誤認逮捕で露見の警察検察暴走は氷山の一角

他人のパソコンの遠隔操作事件で、警察が逮捕し、検察が起訴などを行い、有罪事案等で処理されていた四人の男性は全員が無実だった。

東京新聞は10月20日付社説に

「PC誤認逮捕 ずさん捜査の結果だ」

のタイトルを付けて警察批判論説を掲載したが、このタイトルは必ずしも問題の本質を衝いていない。

「ずさん」も事実だから間違いではないが、問題の本質は捜査がずさんだったことにあるのではない。

現行の捜査手法のなかに、いくらでも「冤罪」を生み出す「装置」が内在されていることだ。

この問題でまず問われねばならないことは、無実の人間の「自白調書」がなぜ存在しているのかという点にある。

罪を犯していないのに、被疑者が率先して「罪を犯した」と供述することはあり得ない。

「罪を犯していない」ことが明かであり、自発的に「罪を犯した」と供述する理由が存在しないのに、「罪を犯した」とする「供述」調書が存在するということは、この「供述調書」には、何らかの人為的な力が加えられていたことになる。

人気ブログランキングへ

警察、検察には、うその自白調書を被疑者に作成させるための「武器」が無尽蔵に存在する。

第一の武器は、被疑者を不当に長期勾留する権限だ。

普通の人は「逮捕」ということすら経験がない。

「認めろ。認めなければ逮捕する。」

との「脅迫」が、うその自白調書を生み出す最大の原動力になる。

「認めればすぐに釈放する。認めなければ逮捕して長期勾留する。」

との「取引」が提示される場合、普通の市民が「うその供述調書」作成に応じてしまう可能性は決して低くない。

しかも警察は必ずこのように述べる。

「認めればすぐに釈放し、どこにも公開しない。

認めなければ逮捕、勾留して、長期間外に出られないようにする。マスコミにも公表する。」

この「取引」が提示されれば、市民がこの「取引」に応じてしまう可能性は決して低くない。

まして、事案が「痴漢事案」のような破廉恥罪の場合、マスコミ公表による損失は計り知れない。

人気ブログランキングへ

どこに問題があるのかと言えば、警察、検察の捜査の手法が、真実を明らかにして、法令の適正な運用を実現することに目的を置いているものではなく、警察、検察が身柄を確保した「被疑者」を罪人にしてしまうことに目的が置かれている点にある。

刑事訴訟法第一条には次の条文が置かれている。

第一条  この法律は、刑事事件につき、公共の福祉の維持と個人の基本的人権の保障とを全うしつつ、事案の真相を明らかにし、刑罰法令を適正且つ迅速に適用実現することを目的とする。

この条文にある

「個人の基本的人権の保障」、

「事案の真相を明らかにし」

という部分が無視されている。

人気ブログランキングへ

「冤罪」はこの世に存在する最大の人権侵害である。

基本的人権を保障するには、まず、冤罪の発生を絶対に回避しなければならない。

その考え方を表わすものが「無辜の不処罰」の原則だ。

「無辜」とは「むこ」と読む。

「罪のないこと、無実」である。

「無辜の不処罰」の原則は、

「10人の真犯人を逃しても一人の無辜を処罰するなかれ」

の言葉で表現される。

「たとえ10人の真犯人を逃すことになっても、一人であっても、決して無実の人間を処罰してはならない」

という考え方だ。

ところが現実にはどうか。

今回露見した遠隔操作事件では、4人全員が無実であったのに、4人全員を警察、検察は「犯人」として処理していたのである。

これは偶然ではない。これが警察捜査、検察捜査の「実態」なのだ。

人気ブログランキングへ

この現状が存在するという裏側に、実はさらに恐ろしい現実が存在する。

それは、国家権力が特定のターゲットを犯罪人に仕立て上げることが、極めて容易であるということだ。

ターゲットを警察の領域に引きずり込むことにさえ成功すれば、市民を犯罪人に仕立て上げることは朝飯前と言ってもよい。

警察には、

市民を「逮捕する」権限、

市民を「勾留する」権限

事案を「勝手にメディアに横流しする」権限

がある。これが警察、検察が保持する、犯人捏造のための「強力な武器」なのである。

そして、市民が無実の主張を貫いても、警察、検察は、容易にこの無辜の市民を犯罪者に仕立て上げることができる。

市民が日本国憲法や刑事訴訟法の細目についての正確な知識を持っていればある程度の防御ができる。

しかし、突然警察に連行される市民は、通常、このような予備知識を持たない。これも警察、検察の無法行為を助長する。

人気ブログランキングへ

他方、警察、検察は日本国憲法、刑事訴訟法が定める規則を遵守しない。

DUE PROCESS OF LAW という言葉がある。法律の適正手続きである。この「法律の適正手続きの遵守」の規定を警察、検察は完全に無視している。そして、裁判所がこの不法を放置している。

もっとも根源的な基本的人権であるところの身体の自由を制限することになる刑事訴訟手続きの運用においては、憲法や法律の規定が厳格に遵守される必要があるが、日本においては、この点がまったく認識されていない。

まさに「ずさんな」運用が放置されている。

例えば、市民を逮捕するためには明確な要件と、厳格な手続きを経ることが必要不可欠だが、現実には、驚くべきずさんな運用が行われている。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第382号「日本の警察・検察の暴走を防ぐ三つの改革案」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 「首相は絶対約束守る」と言う前原誠司の笑止千万 | トップページ | 堤防の穴に指差し入れるだけで経済は再生しない »

警察・検察・裁判所制度の近代化」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/47546933

この記事へのトラックバック一覧です: PC誤認逮捕で露見の警察検察暴走は氷山の一角:

» 桜井龍子 (知事抹殺・21) [木霊の宿る町]
ただいまは十月十八日。さきほど書いたブログに関連して取り急ぎ調べたところ、佐藤栄佐久を有罪と判決した桜井龍子裁判長に関する資料をみつけた。この内容が事実であるのなら最高裁は百害あって一利なし。裁判をやり直すのが妥当である。 ★「名無しさん@毎日が日曜日:2009/08/29(土) 20:59:14 ID:wByTgIKq櫻井龍子の前任者である横尾和子は、厚生省老人保健福祉局長 〜 社会保険庁長官 という 天下の悪法「後期高齢者医療制度」起案推進の中核と、国民への背任行為「消えた年金事件隠蔽工作」の... [続きを読む]

» いつ巻き込まれるか、ひとごとではない。"遠隔操作"発信元事件の記事、徹底採録(犯行現場と推測される頁もキャプチャ)。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 今回の事件で警察のITレベルがかなり低いと思いました。警察の冤罪体質は相変わらずですが、ネットに関してはケースにもよりますが、証拠保存するにはかなりな技術的知識が必須で普通の冤罪事件のように簡単には事件をねつ造出来ないと思います。ただし、油断は禁物、逆にデジタルの世界だからこそ、その気になれば権力が証拠を捏造することもかなり容易なのではないか。そして、その捏造証拠を元にマスゴミ使って世論を煽り事件をデッチ上げるのもあり得ると思います。  最初にNHK、次に「高木浩光@自宅の日記」で昔からセキュリテ... [続きを読む]

» 原発推進派のウソ――藤井聡の場合 その2 [オコジョのブログ]
 前回の記事にコメントをいただきましたので、それを参考にしながら、少し補足したいと思います。  藤井聡京大教授が、原発の危険性を自動車運転のそれと比較して論じています。 この記事です。  原発は,議論以前に安全強化すべし  コメント氏が、藤... [続きを読む]

» 最高裁の不条理にめげない佐藤栄佐久 (知事抹殺 22) [木霊の宿る町]
★ただいまは十月二十二日。遅れていた更新がかなり追いついてきました。★ネットにからんだ事件に関して無実のひとたちが東京、神奈川、大阪、三重でもって犯人にでっちあげられていたことが報道されました。警察や検察のずさんな仕事を天下に知らしめた真犯人におのまは拍手を送っています。犯罪者に味方するのはけしからんと怒られるかたもおられるでしょう。しかし、数年にわたって日本の警察や検察の信じがたいほどのデタラメぶりを見聞きし一体全体日本はどういう国なんだという暗然たる気分に陥っていましたから、検察、警察の悪を逆手... [続きを読む]

» PC遠隔操作ウィルス事件の誤認逮捕・・・冤罪を生み出す構図は変わらず [ボヘミアンな京都住まい]
警察の誤認逮捕で騒がれている事件ですが、東京の落合洋司弁護士のところに真犯人を称する人からのメールが届いたそうですね。 →弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」   ~遠隔操作事件・真犯人と称する者からのメール全文  http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20121021#1350775731 そして今日のニュースを見ると、通信ログを解析して第三者が関与した可能性について把握していたにもかかわらず捜査に活かしていなかった事実とか唖然とさせられます。思い込み捜査と虚... [続きを読む]

« 「首相は絶対約束守る」と言う前原誠司の笑止千万 | トップページ | 堤防の穴に指差し入れるだけで経済は再生しない »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ