« 第二維新を成就させるためのプロセス | トップページ | エリートサラリーマンと派遣と失業しか残らない »

2012年10月18日 (木)

他者に厳しく自分に甘い橋下徹という人物

大阪市の橋下徹氏が週刊朝日記事に噛みついている。


週刊朝日が連載した記事が気に入らないのだという。


記事は作家の佐野眞一氏が執筆したもので、橋下徹の人物像を徹底的に検証するもののようである。


橋下氏が問題にしているのは橋下氏の実父の出身地が被差別部落にあたるとの記述があるというものである。


私はまだ朝日記事を読んでいないので事実関係を確認できないが、特定の地名を表示して地名と被差別部落を直接結び付ける表現を取っているとするなら、それは問題である。


かつて「部落地名総鑑」という書物が大きな問題になった。


全国の被差別部落の名前・所在住所などが一覧のかたちで記された差別図書である。部落出身者を就職時や結婚の際に排除・差別することを目的として、興信所や探偵社が密かに出版し、多数の大企業や個人などに「極秘資料」として販売していたものである。


部落問題は日本に残存する、現世の不条理、理不尽を代表する問題のひとつである。


歴史的な淵源は深く、いまなお、日本の深刻な人権問題である。


橋下氏が被差別部落問題を重要問題と位置付け、問題の適正な解決に向けて力を注ぐのであれば、それは正しい行動である。

人気ブログランキングへ

しかし、橋下氏は週刊朝日記事のこの部分だけを取り出して、


「これは、出自ですべてを判断する血脈主義そのものであり、この記事が掲載された週刊朝日を出版している朝日出版、およびその株主である朝日新聞社が、人の価値を出自だけで判断する考えを有する機関である」


と断定していることには、大きな論理の飛躍がある。


そもそもこの記事は週刊朝日が社として執筆した記事ではない。


佐野眞一という実績も実力もある作家が執筆した署名記事である。


本文を読んでいないので断定はできないが、父親が被差別部落の出身だから、そのことだけで橋下徹氏がだめな人間であるとの短絡的な結論を導く文章を佐野氏が記述したとは考えにくい。


また、父親の出身地の住所を明記して、この住所が被差別部落に該当する地名であるという書き方をしているのだろうか。橋下氏の記者会見発言ではそのように受け取れる記述があるということになるが、この点も原文で確認する必要がある。

人気ブログランキングへ

橋下氏は、佐野氏が父親の出身地だけを唯一の根拠として、そのうえで、それだけを理由に橋下徹氏の人格を否定する論理を採用していると強調したが、佐野氏の主張の論理構成は逆なのではないか。


つまり、橋下氏の現実の言動を観察し続けた結果として、佐野氏は橋下氏という人物に対して否定的な判断を下した。


その判断の上で、そのような人格を形成してきたものが何であったのかをさまざまな角度から推察してみようということなのではないか。


橋下氏は佐野氏が十分に裏付けのない伝聞情報を根拠にして記述していることを問題にしているが、橋下氏は公人であり、日本国憲法は言論の自由を保障しているから、佐野氏が法律で許される範囲内で言論活動を展開することについて、その手法について橋下氏が指示、命令を下す権限はないと言わざるを得ない。

人気ブログランキングへ

このことを問題にしているのは、橋下徹氏が私に対して行った行為と、橋下氏の今回の問題に対する行動との間に整合性がないからである。


2006年9月21日に放送された「ムーブ!」と題する情報番組に橋下徹氏は出演した。


この「ムーブ!」と言う番組は昨日、橋下氏が取材に応じないと指名した大阪を本拠とする朝日放送が放送していた番組である。


橋下氏はこの朝日放送の番組でレギュラー・コメンテーターをしていたのだ。


この番組内の「ムーブ!マガジンスタンド」というコーナーにおいて、朝日放送が「植草一秀容疑者痴漢で示談7回の過去」とのテロップを表示しながら、同日発売された小学館発行の女性週刊誌「女性セブン」の私に関する記事を紹介した。


2006年9月13日、私は痴漢冤罪事件に巻き込まれた。


この事件の詳細については、本年8月に高橋博彦氏、副島隆彦氏、そして私の共著のかたちで、


『国家は有罪(えんざい)をこうして創る』

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する


を上梓した。詳細な裁判記録が記されている。正真正銘の冤罪事件である。


上記朝日放送番組は、この事件の発生直後に放送されたものである。

人気ブログランキングへ

この番組が素材として使ったのが「女性セブン」(小学館)が掲載した


「植草一秀容疑者痴漢で示談7回の過去」


と題する記事だった。


この記事見出しがいまもネット上に残されているが、もちろん事実無根の捏造記事である。


私は、日本の情報空間を埋め尽くした私に対する「人物破壊工作」に対して、そのごく一部に対して名誉棄損損害賠償訴訟を提起した。


小学館に対しても、この記事について名誉棄損訴訟を提起した。小学館は私の主張を受け入れて謝罪広告を掲載するとともに、損害賠償にも応じた。


事実無根の捏造記事が掲載されたことが裁判で明らかにされたのである。


警察がウソの情報を流し、メディアがそれを流布したのだと思われる。

人気ブログランキングへ

この番組に出演した橋下徹氏が番組内で示したコメントは次のものである。


「病気だと思います」、


「病気じゃなければそれはねえ、更生の可能性ってあるんでしょうけれども、これはもう、宮崎さんとも話しましたけれども、これはもう、その、何かりく、理屈で治すってことじゃなくて」、


「カウンセリングは無理ですねえ、もう、ほんとに薬物等でホルモン抑制とかそういうことをやらないと無理ですよ」


橋下氏は、女性セブンが掲載した記事の真偽を確かめようともせずに、真実であるとの前提に基き、上記の発言を示したのである。


橋下氏は週刊朝日の記事が伝聞に基づいた記述だが、その伝聞が真実であるかどうかも確かめていないことを問題にしたが、2009年のムーブ出演時の橋下氏の発言と矛盾するものだ。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第378号「橋下徹氏は出自を理由に批判されているのではない」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」の配信会社foomiiからのお知らせです。


9
29日にライブ配信した「サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談」アーカイブ動画の販売を開始しました!

今回の対談では、尖閣諸島をはじめとする「日本の国境問題」について、根本にあるものは何か、そして政府の失政に乗じて騒動の裏で誰が得をしているのか、さらに民自党首選を終えたのちの政局展開、次期総選挙争点などについて徹底討論しています。

《対談のテーマ》
・尖閣、竹島、北方領土をめぐる日本外交
・米軍が配備するオスプレイ
・民主党代表選、自民党総裁選と今後の政局
・三党合意と総選挙時期
・小沢新党のゆくえほか橋下維新の動向

●サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談

「尖閣問題をめぐる東アジアの緊張と今後の政局(本編:89分)」

【販売価格:315円(税込)】

ダイジェスト版はこちら

人気ブログランキングへ

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 第二維新を成就させるためのプロセス | トップページ | エリートサラリーマンと派遣と失業しか残らない »

橋下徹大阪府知事」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他者に厳しく自分に甘い橋下徹という人物:

» 【家具製造業】「一生でもうないかも」 山形の会社「朝日相扶製作所」、国連に椅子 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 山形県朝日町の家具メーカー「朝日相扶(そうふ)製作所」が、米ニューヨークの国連本部の信託統治理事会会議場で使用する椅子260脚を製造し、納入した。  椅子は、世界的に有名なデンマークの建築家フィン・ユール(1912~89年)がデザインしたもので、なめら…... [続きを読む]

» 身の程知らずの最高裁の極限馬鹿な判決(参院一票の格差) [大辛カレーのブログ]
参院についても「一票の格差」がどうこうという無知無能頭の悪い判決が出た。選挙制度 [続きを読む]

« 第二維新を成就させるためのプロセス | トップページ | エリートサラリーマンと派遣と失業しか残らない »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ