« 東京地検吉田検事2010.2.1強制起訴断言の怪 | トップページ | 原発を止める方法-人類と原発は共存できない- »

2012年10月 1日 (月)

国民の命を守らない野田政権を国民は許さない

日本ペンクラブ会報第412号に看過できない記事が掲載された。


巻頭の中村敦夫環境委員長インタビューだ。


日本ペンクラブは2012年4月17~23日にチェルノブイリに使節団を送った。この視察団に参加してチェルノブイリに訪問した中村敦夫氏に対するインタビューである。


2009年にウクライナ政府は放射能健康被害者が230万人いることを発表した。中村氏はそのうちの2家族を訪ねたという。


1件目の母親は若いときに被曝して、その後2人の子供を産んだ。


長女は頭にこぶがついたまま生まれ、先天性の筋肉まひ、長男は生まれてしばらくしてから発達障害が判明した。母親自身もあちこちにがんを発症している。父親は耐えられなくなって飲んだくれになってしまっている。


2件目も家族全員が深刻な状況だったという。


チェルノブイリの4キロほど離れたところにあるプリピャチの人口は5万人で、平均年齢は27歳だった。


若い夫婦が多かったので、事故当時妊娠していた女性もかなりいた。


彼女たちが全員被曝した。すぐに全員退去したが退治も体内被曝していて間に合わなかった。


その後に生まれた子どもたちの追跡調査がある。


プリピャチ市から350人の子どもたちをピックアップした調査だが、健康に異常のない子どもは0%。100%健康に問題がある。


この調査は7歳児に行われた。生まれてしばらくしてから異常が出る子どももいるため、7歳になるまで待って調査が行われる。


70キロ西にはずれたナロジチの同じく350人の子どもに対する調査では、健康異常が97.5%だった。要するに「被曝してしまったら逃げようがない」という数字だと中村氏は語る。

人気ブログランキングへ

ナロジチで強制退去命令が下っても退去できない子どもたちがいた。また、退去しても戻ってきてしまう人もいた。いまもまだ1万1000人がいるということだ。


そのなかの子ども1987人のうち、1300人が病院に通っているという。心臓病、血管や呼吸器障害、いまごろになって甲状腺がんも増えている。先天性障害、筋力障害、それに背中の曲がった子どもが増えてきているとのことだ。


中村氏はこう述べる。


「福島だけがほんとうに助かるのか。健康被害はすぐには現れないのです。今、政府は「何の心配もない」と公式発表しています。「心配している人にはがんが出る。にこにこ笑っている人にはがんは出ない」と御用学者は言う。福島県人を馬鹿にしているんじゃないか。だから、みんな信用できないという思いがあるのです。」


過去20年間で、ウクライナ人の平均寿命は75歳から55歳に、20歳も下がった。30代、40代で亡くなる人が多くなったということだ。


中村氏はこう締めくくった。


「原発推進派は、こうした不都合な事実を伏せようと必死です。」

人気ブログランキングへ

原発事故の健康への影響はないと断言する人がいるが、この見解には裏付けがない。


がんなどの重大な疾病の発症には時間がかかる。


10年程度の時間を経てみなければ、「影響がない」と断定することはできない。少なくとも、チェルノブイリで巨大な影響が発生したことは、紛れもない真実である。


福島で小児甲状腺がんが発見された。


政府は原発事故との因果関係はないとするが、そんなことを断定できるわけがない。


1986年のチェルノブイリ原発事故で、現地において甲状腺がんの治療にあたった長野県松本市長の菅谷(すげのや)昭氏は「即断は禁物」だとして慎重な対応を訴える。


これは東京新聞のインタビューにおける菅谷氏のコメントだ。


チェルノブイリは国境近くにあり、ベラルーシは深刻な汚染にさらされた。


菅谷氏は急増した小児甲状腺がんの治療などのために96年から5年半、ベラルーシ甲状腺がんセンターで専門医として活動した。


ベラルーシの場合、1986年には二例だった小児甲状腺がんが87年以降に増加していった。


今回の福島の検査を担当した県立医大の鈴木真一教授は「チェルノブイリでも甲状腺がんが見つかったのは最短四年」だと説明したと東京新聞は伝えるが、菅谷氏は「早い時期に甲状腺がんが発生する可能性を否定できない」とする。

人気ブログランキングへ

野田佳彦内閣は悪魔の内閣である。


国民に約束した「シロアリ退治なき消費増税はやらない」を真っ向から否定する「シロアリ退治なき消費増税」に突き進む。


「脱原発を目指す」と言いながら、閣議決定を先送りした。


米国から閣議決定見送りを命令されたからだ。


政府のエネルギー・環境戦略では、原発再稼働の方針が明記された。


脱原発の方針も閣議決定見送りが示すことは採用しないということだ。


危険満載の米軍ヘリは、米国でも住宅地の上を低空飛行することはない。


その危険極まりないヘリコプターが日本の住宅地上空を飛行することを、拒絶できない政府など存在する意味がない。

まずは、福島原発事故に伴う放射能汚染のリスクを再調査し、直ちに被害を防ぐ措置が取られねばならない。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

第362号「民主党残留川内博史議員などの今後の去就」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

« 東京地検吉田検事2010.2.1強制起訴断言の怪 | トップページ | 原発を止める方法-人類と原発は共存できない- »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/47276315

この記事へのトラックバック一覧です: 国民の命を守らない野田政権を国民は許さない:

» 安部晋三と麻生太郎の「経済対策」 [オコジョのブログ]
 コメントもいただいたことですし、具体的な話に入ります。  いくつか前の記事で、 [続きを読む]

» 君は「野田政権に対する国民の批判は一層高まっています」などと、聞いたことがあるか [大辛カレーのブログ]
野田「幕引き内閣」が発足した。大嘘に大嘘を重ね、約束破りを繰り返し、韓国に異常に [続きを読む]

» 【第304号】去勢され思考停止した日本社会の象徴であるオスプレイ強行配備だが、問題解決には自主防衛中立化のアジア主義に根ざした対米自立という「脱戦後」が不可欠だ。 [高橋央の『日本教育白書』]
!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:"MS 明朝"; panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-536870145 1791491579 18 0 13123 ... [続きを読む]

» 野田佳彦より菅直人の方が良かった@田中真紀子 [木霊の宿る町]
★すぐ怒るという点で菅直人首相は不人気であった。でも、おのまは野田佳彦首相より菅直人のほうが良かったと思う。その根拠についての詳細は省くが、第三次野田内閣で田中真紀子を文部科学大臣にすえた一事でもって野田佳彦の駄目ぶりが分かるというものだ。★記者会見でもって野田は「田中真紀子には発信力がある」と言ったが、いいかえれば「田中真紀子は口ばかり達者だ」ということである。実際に何かができるということが田中真紀子にはない。小泉政権時代を振り返ってみよう。このときの外務大臣・田中真紀子のお粗末振り、勉強不足振り... [続きを読む]

» A8437 ◎ 阿修羅など サブ句を揚げて 反芻し(11/01〜11/14)/■ ウィキペディア 植草一秀 含まれる 重大虚偽が 情報満載(散りばめられて)〔QT 植草一秀の『知られざる真実 ... [アルデバランの 夢の星]
植草先生、お早うございます。今朝、ふと夢でTBを想い出しました。9/28先生のブログのツイッターに揚げたものです。コメント欄のウィキペディアの件をを見て戴きたかったのです。 ... [続きを読む]

« 東京地検吉田検事2010.2.1強制起訴断言の怪 | トップページ | 原発を止める方法-人類と原発は共存できない- »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ