« 本来は野田佳彦氏が正論を提示すべき局面 | トップページ | 「やらせ外交問題」を切り上げ消費増税論議を行え »

2012年8月22日 (水)

主権者国民政権樹立に向けての大市民集会

次期総選挙は10月の臨時国会開会後の解散、11月の投票が有力視されている。


次の総選挙を消費増税選挙としたくない勢力は、来年の衆参ダブル選を狙うが、さすがに「近い将来」を改めて「近いうちに」選挙を行うことを野田佳彦氏が約束したことを踏まえれば、2013年への選挙先送りは難しいと見られている。


とはいえ、「シロアリ退治なき消費増税は絶対やらない」と明言していたのに「シロアリ退治なき消費増税」を強引に推進してきた「実績」があるだけに、多くの人々が、「この人物は信用できない」との教訓をしっかり胸に刻んでいる。


その意味では、「近いうちの解散」という口約束には、ほとんど意味はないのかも知れない。


次の総選挙で、このようなペテン師まがいの政権には退場してもらわねばならないと考える主権者国民は過半数に達していることと思われる。


この立場に立つ主権者国民としては、総選挙がいつ実施されても、間違いなく現政権を退場に追い込むための準備を万端に整えておかなければならない。


次の総選挙では、単に野田佳彦内閣を退場させるだけでは不十分である。


野田佳彦内閣を退場に追い込み、同時に国会が暴走して成立させた消費増税法を白紙に戻さねばならない。


そして、できれば、主権者国民の意思を反映する政権を樹立することが求められる。この三つ目のハードルは決して低いものではないが、政権を確保しなければ、主権者国民のための政治を実現することは難しい。


したがって、主権者国民が叡智を結集して、何としても、主権者国民のための政治を実現する政権を樹立できるように、最大の努力を注がなくてはならない。

人気ブログランキングへ

この目的に向けて、最初のステップになる市民大集会が計画された。


9月1日(土)の午後6時半から東京都荒川区のサンパール荒川で開催される。次の総選挙を通じる主権者国民のための政権樹立を目指す市民の集結が強く期待される。


「国民の生活が第一」を支援する市民の会


がホームページを開設し、集会の告知をしているので、ぜひご高覧賜り、一人でも多くの市民の参加をお願い申し上げたい。


以下に、集会の概要を上記サイトから転載させていただく。



「国民の生活が第一」を支援する市民大集会


9月1日(土)


開場:18時30分

開演:19時00分(21時30分終演予定)


基調講演:植草一秀氏

ゲスト講演:孫崎 享氏


*「国民の生活が第一」からの来賓も予定されています。


入場:無料 *カンパをお願いいたします。


会場:サンパール荒川


主催:「国民の生活が第一」を支援する市民の会

<お問い合わせ先>info@senkyoku.skr.jp

協賛団体 日本一新の会
     
     小沢一郎議員を支援する会
 

     
市民が訴える!「大阪宣言」の会

     市民連帯の会

     
ツイートTV


(交通)


東京メトロ・日比谷線三ノ輪駅下車 南千住方面改札を出て明治通りを王子方面へ徒歩12分(荒川警察署向い)


都電荒川線]・東京メトロ千代田線町屋駅より都電荒川線乗換。三ノ輪橋方面→荒川区役所前下車徒歩2


*「国民の生活が第一」を支援する市民が大集合し、選挙に向けて地元でできることを市民一人ひとりが実行していこうという集会です。詳細が決まり次第逐次ご報告していきます。


集会連絡先:info@senkyoku.skr.jp

人気ブログランキングへ

次の総選挙の基本図式は、


「米官業利権複合体勢力」



「主権者国民勢力」


の闘いが主軸になる。


「米官業利権複合体勢力」とは、「民自公密室談合大政翼賛勢力」のことだ。


これに対する「主権者国民勢力」とは、「国民の生活が第一」を軸とする、「反消費増税」、「脱原発」、「反TPP」の旗の下に集結できる勢力である。


米官業利権複合体勢力VS主権者国民勢力


次期総選挙の基本図式である。


ここに、いわゆる「第三極」と呼ばれる勢力が闘いに加わることになる。


「第三極」に分類される政治勢力は、「みんなの党」、「大阪維新」、「減税日本」、「石原新党」などである。


このうち、「減税日本」が掲げる政策方針は「国民生活が第一」と極めて近く、政策重視で進むなら、「減税日本」は「国民の生活が第一」と連携するのが順当である。


他方、石原新党の基本政策は原発についても消費増税についても民自公大政翼賛勢力と変わらず、この勢力は民自公と連携するべき存在である。


「みんなの党」と「大阪維新」は反消費増税、脱原発を掲げているが、TPPについては推進派であり、経済政策においては、市場原理主義=新自由主義の色彩が濃い。


小泉竹中政治の流れを汲むのがこの勢力である。

人気ブログランキングへ

続きは
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第324号「米国は総選挙での主権者国民勢力伸長を恐れている
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 本来は野田佳彦氏が正論を提示すべき局面 | トップページ | 「やらせ外交問題」を切り上げ消費増税論議を行え »

悪徳ペンタゴンとの最終決戦」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主権者国民政権樹立に向けての大市民集会:

» 野田総理との面談、原発の状況、ACTA [生きるって素晴らしい]
野田総理と反原発団体代表との面談について 22日の午後、野田総理との面談が終わりました。 反原発団体の代表という人たちは面識もなく、どういう人たちなのか、正確には分かりませんが、 当初から危惧し...... [続きを読む]

» ネット検閲はここまで来ている。 そこまでしますか電脳監視員さんゑ [街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋]
いや、さすがに感心しましたよ。普通、そこまでやりますか。立派な言論妨害事件ですよ、これは。 急ぎの件に追われているので、とりあえず経過報告だけします。 8月18日のブログ記事「法テラスさんゑ 他にやることはないのか電脳監視員様」が、サイト『阿修羅』の政治板に「法テラス系と思われる電脳監視員の工作」と題して、転載された。 順調にアクセス数を増やして24時間アクセスランキング36位くらいまでは上昇して... [続きを読む]

« 本来は野田佳彦氏が正論を提示すべき局面 | トップページ | 「やらせ外交問題」を切り上げ消費増税論議を行え »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ