« 財政赤字拡大を「構造的」とする安住財務相の誤り | トップページ | 「国民の生活が第一」基本政策発表と総選挙争点 »

2012年8月 1日 (水)

「国民の生活が第一」軸に主権者国民勢力を結集

「国民の生活が第一」が東京永田町に党本部を開設し、事務所開きを行った。


小沢一郎代表はあいさつし、


「(衆院解散)総選挙は近い。参院は来年夏には(選挙が)いやでも来る。勝ち抜いて、本当に国民のための政権を樹立すべく頑張ろう」


と呼び掛けた。


会に出席した新党きづなの三輪信昭副代表は、


「近いうちに皆さんと合流させてもらう。ぜひとも温かく迎えてほしい」


と述べた。


大半のマスメディアは、「国民の生活が第一」に対して、悪意を込めた報道を展開する。


その理由は、日本の政治構造が根幹を刷新されることを阻止するためである。


この点を踏まえれば、


「メディアに攻撃される対象こそが、国民の味方である」


との命題を提示することができる。


テレビ放送のニュース報道、政治番組を見れば、小沢一郎氏や鳩山由紀夫氏が常に激しい攻撃の対象とされていることは一目瞭然である。


その理由は、小沢氏や鳩山氏の主張が、既存の権力機構にとって邪魔なもの、邪悪なものであるからだ。


既存の権力機構とは、言うまでもなく、米国、官僚、大資本である。


日本の政治構造は、戦後の67年の間に、米国・官僚・大資本に都合のよい形に作られてきた。


この基本構造を破壊しかねない人物を、これらの勢力は容赦しない。


オランダの政治学者カレル・ヴァン・ウォルフレン氏が『誰が小沢一郎を殺すのか?』で提示した、Character Assassination=人物破壊工作は、メディアによる小沢一郎氏、鳩山由紀夫氏に対する激しい攻撃の背景を見事に解き明かすものである。


同時に、私自身も、この「人物破壊工作」の対象とされてきたことを痛感する。

人気ブログランキングへ

危険極まりない軍事輸送機であるオスプレイの日本配備について、日本政府はこれを拒絶することすらしない。「しない」というよりは「できない」と表現するのが適切である。


軍事・防衛に詳しいとして登用された森本敏防衛相は米軍の指揮命令系統に属する下士官のような発言しか示さない。


野田佳彦氏がTPP参加に前のめりな姿勢を示し、原発再稼働を推進しているのも、米国の命令に従っているというのが実態であると推察される。


いま、野田内閣は13.5兆円という空前絶後の巨大消費増税を推進しているが、これは財政危機に対応する施策ではない。


その証拠に、増税路線が濃厚になるのと並行して、新幹線整備へのゴーサインが出され、10年で200兆円というとてつもない巨大公共事業予算の認可が示されたのだ。


財政再建でも何でもない。官僚機構は、官僚機構の利権維持を不可能にしてしまう財源枯渇を恐れているのだ。


つまり、官僚利権を維持するための巨大増税なのである。


「官僚利権を守るための巨大増税」に賛同する国会議員を増やすために、財政資金による政治家への実質的な「賄賂」が策定されつつあるのだ。


「国土強靭化」という「装い」をまとった、実質的な「賄賂」法が整備されようとしている。

人気ブログランキングへ

また、このどさくさに紛れて、財務省は「マイナンバー」を法制化することを目論んでいる。


かつてのグリーンカード、国民総背番号制など、国論を二分する重大制度の導入が、どさくさのなかで進められている。


課税の水平的公平を確保するには、給与所得者だけではなくすべての事業者、国民の経済取引をコンピューター管理すれば効率が良いことはたしかである。


したがって、この側面だけに照らして考えるなら、マイナンバーにせよ、背番号にせよ、合理的な一面を有していることはたしかである。


しかし、問題はこの次元にはない。日本では、警察・検察・裁判所制度が前近代の状況に取り残されている。


そして、明治以来、日本の政府は「人権」を軽視し、「国権」を重んじる傾向を強く有し続けている。


戦前には「特高警察」が存在し、思想を統制したが、戦後のいまも、その暗い伝統は消えていない。国家の暗黒体質はいまも脈々と生き続けている。


国家権力は、思想的に危険だと認定する人物に対して、前近代的な弾圧を加える姿勢を確実に保持し続けている。


これが、日本における「人物破壊工作」の基本背景を成している。

人気ブログランキングへ

この日本で、「マイナンバー」などの制度を取り入れるということを論議する際には、徴税事務、徴税コスト、あるいは、課税の水平的公平ということだけを考えるのでは不十分なのだ。


国家権力が国民の思想をデータベース化し、人物破壊工作のための資料としてこのデータベースを活用する危険性を想定しておかなくてはならない。


話が横道にそれたが、日本政治を主権者国民のための存在に変革するには、「国民の生活が第一」を基軸に、主権者国民勢力が結集するしかない。


この結集があって、初めて主権者国民勢力による政権奪還が可能になる。

人気ブログランキングへ

続きは
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第303号「『戦後史の正体』を知り『日本の独立』を実現する」
でご購読下さい。



2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 財政赤字拡大を「構造的」とする安住財務相の誤り | トップページ | 「国民の生活が第一」基本政策発表と総選挙争点 »

悪徳ペンタゴンとの最終決戦」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「国民の生活が第一」軸に主権者国民勢力を結集:

» 【政治】 尖閣諸島地権者に「負債40億円」が発覚 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
4月の石原慎太郎都知事による購入発言を受け、都が買収交渉を進める尖閣諸島地権者の栗原國起氏が、約40億円にのぼる負債を抱えていることが週刊文春の取材で明らかになった。  國起氏はさいたま市大宮区の大地主であり、大宮区近辺に多くの不動産を所有している。不動産…... [続きを読む]

« 財政赤字拡大を「構造的」とする安住財務相の誤り | トップページ | 「国民の生活が第一」基本政策発表と総選挙争点 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ