« 日曜討論島田敏男轟沈でNHKニュース9が逆ギレ報道 | トップページ | 反対を貫き通す頑なさがなければ変革できない »

2012年7月13日 (金)

「国民第一」は統一戦線300候補者擁立を急げ

2009年から2012年の政治を振り返っておくことが重要だ。

2009年8月総選挙で民主党が圧勝した。

その結果として、主権者国民の力と選択による政権交代が実現した。

民主党を大躍進させた最大の功労者は小沢一郎氏であり、小沢氏からバトンを引き継いだ鳩山由紀夫氏が政権交代を最後に牽引した。

2006年に小沢氏が民主党代表に就任したとき、民主党は解党の危機に直面していた。岡田克也氏、前原誠司氏が代表を務めた民主党は国政選挙に大敗し、国会運営でも大失策を重ねて危機に陥ったのだ。

小沢-鳩山ラインが実現した政権交代の果実だけを奪い、その功労者を追放したのがいまの民主党執行部である。

野田佳彦、岡田克也、前原誠司、枝野幸男、玄葉光一郎、仙谷由人、菅直人、渡部恒三、藤井裕久、安住淳、古川元久などの面々は、人としての道を踏み外している。

2009年総選挙に際して、民主党は「シロアリ増税」を絶対にやらないと確約した。

改めて2009年の野田・岡田「天下り決死隊」発言を確認しておいていただきたい。

野田佳彦氏2009年8月15日街頭の

「シロアリ演説」

野田佳彦氏2009年7月14日国会の

「シロアリ退治しない政権は不信任」演説

岡田克也氏2009年8月11日街頭の

「マニフェストは絶対に実行する」演説

国会で、「国民の生活が第一」の森ゆう子議員、三宅雪子議員が相次いでこの「シロアリ演説」を取り上げて野田佳彦氏を追及した。

衆院予算委員会委員長の中井洽氏はこの映像をまだ見たことがないのだろう。質問者の三宅議員に、2009年8月の大阪街頭演説とは何かを説明するように求めたが、当事者の野田佳彦氏はよく認識していて、中井委員長の横やりを制して答弁に立った。

野田氏の発言の核心は次の部分にある。

国会質疑では放送を視聴している国民に分かるように、質問者が野田発言を読み上げると分かり易くなる。

「消費税5%分の皆さんの税金に、天下り法人がぶら下がっている。シロアリがたかっているんです。それなのに、シロアリを退治しないで、今度は消費税引き上げるんですか?

消費税の税収が二十兆円になるなら、また、シロアリがたかるかもしれません。鳩山さんが四年間消費税を引き上げないと言ったのは、そこなんです。

シロアリを退治して、天下り法人をなくして、天下りをなくす。そこから始めなければ、消費税を引き上げる話はおかしいんです。」

これが「野田シロアリ演説」の核心部分だ。

人気ブログランキングへ

シロアリ退治をしないで消費増税をしても、その税収がまたシロアリのエサになってしまうことを野田氏は訴えた。

シロアリ退治とは天下りとわたりの根絶を指す。

財務省が消費増税を実行しようと血眼になっているのは、財政逼迫で、官僚利権の財源が枯渇することを恐れているからだ。

消費増税はシロアリのエサ代確保を目的とする政策なのである。

そこで野田氏が提案している消費増税を「シロアリ増税」と呼んでいるのだ。

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

話が脇にそれた。本題に戻す。

2009年8月選挙に際して、「主権者国民勢力」による政権樹立を恐れる「米官業利権複合体」勢力は、反自民票が小鳩民主に集中することを阻止しようとした。

そのために創設されたのが「みんなの党」である。

対米隷属・弱肉強食をベースに置く、小泉竹中政治の流れを引く政治勢力を創設して、反自民票を分断しようとした。

この新党創設のために「CHANGE」というテレビドラマまで制作された。

2009年8月総選挙では、民主党が大勝したため、米官業利権複合体の目論見は達成されなかったが、その後は、民主党内利権複合体勢力による党内クーデターが画策され、2010年6月に挙行された。

その延長上で、今回、民主党の本来の正統勢力が新党として追放されたのである。

人気ブログランキングへ

次の総選挙では、どの政党が民自公大政翼賛談合野合勢力に対抗する勢力になるのかが焦点になる。

Photo 米官業トライアングルは、小沢新党に反民自公票が集中しないように、「大阪維新」を全面支援している。

どう見ても充実した内容があるとは思えない橋下徹氏をメディアが異常に持ち上げるのは、こうした背景を抜きに理解することができない。

頻繁にテレビが紹介するから脚光を浴びているだけで、脚光を浴びることがあるからテレビが頻繁に紹介しているわけではない。

橋下徹氏の裏側にはアメリカが控えている。裏の勢力の顔ぶれを見れば一目瞭然だ。

この点については、『国家は有罪(えんざい)をこうして創る』(祥伝社)に詳しいので、ぜひご一読賜りたい。

人気ブログランキングへ

繰り返しになるが、「国民の生活が第一」は、基本政策を共有できる勢力と統一戦線を構築し、この統一戦線で全国300選挙区への候補者擁立を実行するべきだ。もちろん、衆院過半数の議席確保を目指すべきである。

米官業トライアングル勢力との連携は、2010年民主党内クーデターのような政変を招く原因となる。

「大阪維新」勢力を信頼できない勢力として警戒することが肝要である。

人気ブログランキングへ

4月21日に東京で開催された「シロアリ退治なき消費増税粉砕講演会」動画映像が飛鳥新社サイトから無料配信されておりますのでご高覧ください。

続きは
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

第285号「「国民の生活が第一」に合わせ民主党も党名変更を」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

foomiiからのお知らせです。

630日にライブ配信した「サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談」アーカイブ動画の販売を開始いたしました。

今回の対談では、強引に消費税増税につきすすむ政府・民主党と、それに反対する小沢グループの攻防を中心に、今後の政局をズバリ、大胆予測しました。

さらに「再稼働に舵をきった大飯原発と原子力・電力行政の問題点」、「欧州債務危機と世界の経済金融情勢の今後」、「中東(シリア、エジプト)情勢」について徹底討論を行いました。

《対談のテーマ》

・消費税増税、解散、総選挙へのシナリオ

・再稼働に舵をきった大飯原発と原子力・電力行政の問題点

・欧州債務危機と世界の経済金融情勢の今後

・中東(シリア・エジプト)情勢

●サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談

 小沢氏民主党離党と今後の政局

http://foomii.com/00057/2012070315000010688

【販売価格:315円(税込)】

ダイジェスト版はこちら ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=xkfKZD2HVMo&feature=youtu.be

人気ブログランキングへ

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

に次のように記述した。

« 日曜討論島田敏男轟沈でNHKニュース9が逆ギレ報道 | トップページ | 反対を貫き通す頑なさがなければ変革できない »

悪徳ペンタゴンとの最終決戦」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「国民第一」は統一戦線300候補者擁立を急げ:

» “自立と共生”を理念に、小沢新党「国民の生活が第一」が発足 [ボヘミアンな京都住まい]
消費税増税法案での衆議院採決に反対→離党を経ての新党発足。18時からの新党設立総会と記者会見をニコ動の生中継で見てたのですが、さて、これを正確に報道する新聞・TVがどれほどあるのやら(苦笑)。司会から外国特派員の方は・・・と言われて挙手・質問していた新華社の方が正確に伝えてたりしてw(あの時に記者が新華社の・・・と名乗った際の小沢さんの「新華社?ほう、新華社・・・」というリアクションがちょっとツボったw) 日中関係について聞かれた時の答えが今秋の中国共産党大会を意識してのもののように思いましたし、敢... [続きを読む]

» 自公民を撃て! [格闘する21世紀アポリア]
  「ブロックごとに分断される事を恐れる事はない。これは70年代のデモではない。地理的に分断されようが、僕らはネットを通していつでも繋がっている。何も心配はいらない。そこに沢山の人が行き、声を上げればそれでいい。官邸前を目指す必要もない。あなたのいる場所...... [続きを読む]

» 【世代論】ゆとり世代から見た「ブラック上司」の特徴とは? [政治経済ニュース・今私の気になる事]
「ゆとり世代」が社会人になった2010年以降、彼らをバカにしたり、「困った人」として対策を指南する記事が星の数ほど生まれた。だが一方で、その「ゆとり」側からも上司に対する不満が噴出しているという。 企業の社員健康管理を専門にする産業医・榛原藤夫氏はこう語る…... [続きを読む]

» 頑張りぬけ「国民の生活が第一」候補者を増やせ! [大辛カレーのブログ]
小沢氏やその盟友海江田氏が党首選に出ると「金権腐敗政治に戻っていいのか?」と大声 [続きを読む]

» 【技術】九州工業大の学生が作った衛星が快挙…宇宙の太陽電池で350V発電 世界最高値 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 九州工業大(北九州市戸畑区)は10日、学生らが製作し、5月にH2Aロケットで打ち上げた小型人工衛星が、表面の太陽電池で350ボルトの発電に成功したと発表した。宇宙の太陽電池発電では世界最高値という。 鳳龍弐号  衛星は1辺が約30センチの「鳳龍弐号(ほ…... [続きを読む]

» 器が小さいノダ [棒に怒る日本人]
野田総理が、岩手入りしているようだ。だが、国民が心配と言うならば、今は熊本・大分 [続きを読む]

» 社会のゴミ掃除のためにも、小沢新党は全選挙区で候補者擁立を! [Thot Diary]
日本でまともな政党は、小沢新党すなわち「国民の生活が第一」党しかありません(略称 [続きを読む]

« 日曜討論島田敏男轟沈でNHKニュース9が逆ギレ報道 | トップページ | 反対を貫き通す頑なさがなければ変革できない »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ