« 「私」を捨て「公」に殉じた日隅氏が放つ「希望」の光 | トップページ | 消費増税を強硬実施するための三つのハードル »

2012年6月16日 (土)

正確には三党合意はまだ成立していない

「消費増税へ3党合意 一体改革談合の末」


これは、消費増税について民自公三党が合意を形成したことを伝える東京新聞の記事見出しである。


「密室談合野合」というのが適切な表現である。


この三党がスイシンしている政策は「シロアリ退治なき消費増税」である。


2009年8月総選挙では、この「シロアリ退治なき消費増税」を、


自民党と公明党は公約に掲げ、


民主党は、これを阻止することを公約に掲げた。


したがって、自民党と公明党が消費増税を主張することは、筋違いではない。


しかし、民主党がこれをスイシンすることは間違っている。


しかも、スイシンジャーの隊長である野田佳彦氏は、2009年8月選挙に際して、「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」と声を張り上げていた人物である。

人気ブログランキングへ




野田佳彦氏の行動は、民主主義の根本原則を踏みにじるものである。


主権者国民対する背信行為であり、民主主義を冒涜するものである。


この基本を東京新聞以外のマスメディアは何も批判しない。


批判しないどころか、正論を述べる民主党内の本来の主流派を攻撃しているのだ。


そのなかで、東京新聞だけが、辛うじてメディアとしての良心をわずかながら残している。

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 




民主党執行部と自民、公明で三党合意を形成したが、民主党が合意したわけではない。民主党の執行部が合意しただけだ。


民主党は消費増税について、実は党内での民主主義プロセスを踏んでいない。


昨年末の社会保障・税一体改革大綱決定、3月末の法案の了承の過程で、民主主義のプロセスを踏んでいないのだ。


民主主義のプロセスとは、徹底した議論を行い、最後は多数決で決めるというものである。


昨年末も、3月末も議論はしたが、最終的に多数決採決をしていない。


実態は反対多数であったと推察される。


多数決採決をすると議案が否決されるため、多数決採決しなかったのだと思われる。


前原誠司氏は、議論を尽くしたら執行部に一任するのは当たり前と発言したように伝えられているが、このような頓珍漢な人物が民主党執行部に存在することだけで、この執行部の能力不足は明白だ。


「民主党」と名称がついているが、現状は完全に「非民主党」である。


「非民主党」が非民主的なプロセスで「シロアリ退治なき消費増税」法案を提出し、これを強引にスイシンしている。


「シロアリ退治」を何もやっていないのだから、この増税を認めることは絶対にできない。


国会のなかで、「シロアリ退治なき消費増税」を絶対に認めないとする「ミトメンジャー」に活躍してもらい、スイシンジャーを撃破してもらわねばならない。


スイシンジャー対ミトメンジャーの壮絶なバトルが展開される。


最後は、ミトメンジャーが勝たねばならない。

人気ブログランキングへ




まずは、民主党内の手続きだが、民主的に民主党案を決定するには、両院議員総会を開催するべきだ。


岡田克也氏や前原誠司氏は、かつて、小沢一郎代表の党運営が民主的でないと強く批判してきた面々である。ところが、小沢一郎代表時代の意思決定と比較して、現在の民主党の意思決定の方が、はるかに非民主的である。


これを是正すべきだ。


民主党では党の意思決定の方式が定められていない。これを定める必要がある。定まっていない現状では、暫定的に、両院議員総会を開催して、多数決採決で党の意思決定を行うべきである。


三党合意というが、内容はあいまいで、明確なものでない。その延長上で、民主党マニフェストの内容が完全に消し去られることも鮮明である。


このような自民丸呑み案を民主党は受け入れるべきでない。


多数決採決して党が了承しなければ、修正協議は決裂して終わる。


野党は内閣不信任決議案を提出するが、可決されるかは不明だ。

人気ブログランキングへ




民主党執行部が、またしても非民主的な手法で民主党としての決定を独裁的に決定してしまう場合、6月21日の会期末までに法案が採決されることになる。


民主党の本来の主流派は、当然、反対に回る。民主党は分裂することになる。


輿石東幹事長が、この事態に対抗して、参院民主党の法案への反対方針を定めると、法案は参院を通過しないことになる。


こうした事態を踏まえて、通常国会をいったん閉会し、8月に臨時国会を開催するとのシナリオも浮かんでくる。法案は継続審議ということになる。




民主党内の中間派議員は、覚悟を固める必要がある。


消費増税に賛成する民主党議員は、次の選挙で、全員落選の国民運動に直面することになる。当たり前だ。主権者国民を裏切って、主権者国民が許すわけがないのだ。


だから、正確に言えば、まだ、三党合意は成立していない。


民主党内の了承という、もっともハードルの高い作業が残されている。


今日も、最後に野田・岡田「天下り決死隊」の三大演説動画をご確認いただきたい。


野田佳彦氏2009年7月14日演説

http://www.youtube.com/watch?v=-3wVwe8a_8c&feature=player_embedded


野田佳彦氏2009年8月15日演説

http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo


岡田克也氏2009年8月11日演説

http://nicoviewer.net/sm13731857

 

人気ブログランキングへ

foomiiからのお知らせです。



5
26日に有料メールマガジン読者限定で生配信した「天木×植草の時事対談」アーカイブ動画の販売を開始しました。

●サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談

http://foomii.com/00057/2012052815000010123

【販売価格:315円(税込)】

ダイジェストはこちら ⇒ http://bit.ly/LuxRKE

なお、次回の時事対談のライブ配信は、630日を予定しています。詳細が決まり次第ご案内しますので、どうぞ次回もご期待ください

人気ブログランキングへ

4月21日に東京で開催された「シロアリ退治なき消費増税粉砕講演会」動画映像が飛鳥新社サイトから無料配信されておりますのでご高覧ください。

続きは
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

第258号「密室野合談合消費増税案を白紙撤回させる法」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年5月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 「私」を捨て「公」に殉じた日隅氏が放つ「希望」の光 | トップページ | 消費増税を強硬実施するための三つのハードル »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正確には三党合意はまだ成立していない:

» 【反増税】国民と民主主義の精神を穢した報いを談合三党の血肉で贖わせよう!【市民革命】 [ステイメンの雑記帖 ]
 巷間、日本は深刻な財政赤字とマスゴミを通じて言われ、罪務省や罪界、狂人ノダ豚一味や売国ジミンなどが頻りに宣伝している!  確かに、 日本の赤字国債の発行残高は過去の売国ジミン政権時代の放漫財政や経済失政のお陰もあって、今や1000兆円に達しようとしている のは事実である。  だが、現在ユーロ危機で問題とされているスペインなどは、国債の利率が財政再建困難とされる7%を一時的に超過したことで大騒ぎとなっているが我が国のそれはどれだけなのか?  驚く事なかれ、 罪務省自身のデータ によれば、実は 40年... [続きを読む]

» 英誌、野田首相を絶賛=「消費税増税で日本経済悪化バンザーイ!」 [Thot Diary]
欧米の金融ユダヤ人は、サブプライムローン破綻から始まった欧米経済危機で凋落中。こ [続きを読む]

« 「私」を捨て「公」に殉じた日隅氏が放つ「希望」の光 | トップページ | 消費増税を強硬実施するための三つのハードル »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ