« テレ朝三浦俊章氏のもっともらしく聞こえる暴論 | トップページ | 「私」を捨て「公」に殉じた日隅氏が放つ「希望」の光 »

2012年6月14日 (木)

「野田シロアリ増税」を粉砕する超党派国民集会

NPJ(News for the People in Japan編集長で弁護士の日隅一雄氏が逝去された。


昨年、末期がんの宣告を受けたことをブログで公開されて以後も、精力的に文筆活動を展開されてきた。


ブログにはすさまじい闘病の現状経過も細かく記されてきた。


過酷な健康状態に鞭打ち、福島原子力発電所核事故発生以後は、真相究明と事態打開に向けて、文字通り全身全霊を注いで活動を継続されてきた。


多くの人々が奇跡の健康回復を願ってきたが、遂にご逝去の報に接することになった。


日隅氏のこれまでのご業績、ご尽力、ご貢献に対して心より厚く感謝を申し上げたい。


哀悼の意を表するとともに、日隅氏のご冥福を心よりお祈り申し上げる。


本日6月14日は、日隅一雄氏による連続対談第7回の会合が開かれる。


NPJサイトで告知しているように、対談は予定通り行われる。


日隅氏は出席できないが、冒頭に追悼を行い、対談を実施するとのことである。


天木直人氏、私に加えて、岩上安身氏が出席される。


岩上氏は日隅氏とともに、東電記者会見に連日の徹夜で奮闘された同志でもおられる。


日隅氏は日本の民主主義を深く考察されていた。


民主主義とは何か。現実の政治現象のなかに、民主主義は体現されているのか。


私が提唱している「主権者国民連合」の政治運動も、究極の目的は、日本の本当の意味の民主主義を生み出すための取り組みである。


民主主義の建前とは裏腹に、日本の政治は、米国、官僚、そして大資本という、特定少数に支配されてしまっている。


この問題を象徴的に表しているのが、原発問題であり、消費増税問題である。


本日の連続対談第7回イベントは下記要領で開催されるので、できるだけ多くの市民に参加していただきたく思う。


ただし、定員100名の会場であるので、満席になり次第、入場できないことになる点については、あらかじめご了承賜りたい。


弁護士・日隅一雄氏による連続対談企画第7回イベント


「敵は天下りシステムにあり」


http://www.news-pj.net/pdf/2012/0614.html


主催 NPJ(News for the People in Japan

http://www.news-pj.net/


日時 6月14日(木) 午後6時半から午後8時半
 
会場 東京都千代田区神田神保町

岩波書店アネックスビル3階セミナーホール

地下鉄神保町駅徒歩1分


出演 

天木直人

岩上安身

植草一秀

梓澤和幸(=コーディネーター、NPJ代表)


参加費 1000円


NPJサイトに、5月16日に収録していただいた消費増税・原発再稼働問題に関するインタビュー動画が公開されているので、併せてご高覧賜りたい。


http://www.news-pj.net/npj/mv/index.html

人気ブログランキングへ


まったく時間帯が重なるが、本日午後6時より、千代田区永田町の憲政記念館で、


「消費税を考える国民会議」


が主催する


「この時期の消費大増税に反対する超党派国民集会」


が開催される。


民主党、自由民主党、旧国民新党、新党日本、共産党、社会民主党、みんなの党、新党大地・真民主党、新党きづな、などから国会議員が参集し、超党派の消費増税粉砕の国民集会が開催される。


この会にも多くの市民の参加が求められる。


私は、『消費増税亡国論』(飛鳥新社)を上梓したが、その書評をアマゾンでのレビューから、ひとつだけ紹介させていただく。


つくしん坊さまによるブックレビューである。


「もっとも強力な反消費増税論である」


「大手マスコミ(新聞・テレビ)では、消費増税の中身を吟味することなく、政局的な話題ばかりが議論されている。本書は、消費増税の根本に戻り、現在の消費増税論がいかに財務省主導のペテンであるかを解き明かしている。評者が知る限り、最も体系だった、最も強力な反消費税論である。日本における消費税は経済的な背景だけでなく、深い政治的背景を持つ。本書は両方に目配りすることで、まさに現在の消費増税が亡国への道であることを説く。


著者は無原則に消費税に反対している訳ではない。増税の前にやるべきことをやり尽くし、国民の合意が得られれば、消費増税もやむなし、という立場である。国民の多くも同様の立場と考えられる。


著者が現在の消費増税に反対するには、三つのポイントがある。


第一は、20098月の政権交代選挙は、シロアリ退治なしでは消費増税しない国民に約束したマニフェストに明確に違反していることである。


第二は、財務省が喧伝している「日本の財政危機」は、増税のためのデマゴギーである。


第三は、「税と社会保障の一体改革」は真っ赤なウソで、実態は「単なる増税」である。


いずれもマスコミがほとんど報道しないことであり、もし国民がこの真相を知れば、消費増税に賛成する者はほとんどいなくなるだろう。財務省が最も恐れているのは、本書がベストセラーになることではないだろうか。」


主権者国民が否定し、野田佳彦氏自身が絶対にやらないと国民に約束した「シロアリ退治なき消費増税」を強引に決定することは、日本の民主主義を破壊するテロ行為である。


民主主義を冒涜する野田シロアリ増税を主権者国民は総力を結集して粉砕しなければならない。


「野田シロアリ増税」が正しいのか間違っているのか、考える原点が次の動画のなかにある。何度でも繰り返して見ていただきたい。


野田佳彦氏2009年7月14日演説

http://www.youtube.com/watch?v=-3wVwe8a_8c&feature=player_embedded


野田佳彦氏2009年8月15日演説

http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo


岡田克也氏2009年8月11日演説

http://nicoviewer.net/sm13731857

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 

人気ブログランキングへ

foomiiからのお知らせです。



5
26日に有料メールマガジン読者限定で生配信した「天木×植草の時事対談」アーカイブ動画の販売を開始しました。

●サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談

http://foomii.com/00057/2012052815000010123

【販売価格:315円(税込)】

ダイジェストはこちら ⇒ http://bit.ly/LuxRKE

なお、次回の時事対談のライブ配信は、630日を予定しています。詳細が決まり次第ご案内しますので、どうぞ次回もご期待ください

人気ブログランキングへ

4月21日に東京で開催された「シロアリ退治なき消費増税粉砕講演会」動画映像が飛鳥新社サイトから無料配信されておりますのでご高覧ください。

続きは
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

第256号「超巨大増税強行実施が正しくない経済学的論拠」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年5月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« テレ朝三浦俊章氏のもっともらしく聞こえる暴論 | トップページ | 「私」を捨て「公」に殉じた日隅氏が放つ「希望」の光 »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「野田シロアリ増税」を粉砕する超党派国民集会:

» 「焦点がぼけた国会事故調 情報途絶時のバックアップ予備システムはあった」烏賀陽レポートから [みなと横浜みなみ区3丁目]
JBPRESSに現在、数回にわたり、福島第一原発事故に関するフリーランス・ジャーナリスト・烏賀陽弘道(うがやひろみち)氏のレポート記事が連載されています。この中から、直近の2回分を以下に転載します。 ... [続きを読む]

» 小沢一郎に期待してはいけない [格闘する21世紀アポリア]
 小沢一郎に対する扱いは国策捜査であり、しかもあからさまな人権侵害だ。これは絶対的に間違いないと思う。  しかし、小沢一郎に過度に期待するのも明らかに間違いだと思う。  良いか悪いか非常に難しいところだが、小沢一郎のスタンスは過去から現在において全く変わ...... [続きを読む]

» 【投資/米国】ゴールドマンCEO「117歳までやる。机で死んでやる」 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 米証券大手ゴールドマン・サックスグループのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)が、117歳まで同職を務めるつもりがあると、14日記者団に伝えた。 ロイド・ブランクファイン最高経営責任者  ブランクファイン氏は今夏にCEOの任期が切れることにな…... [続きを読む]

» 財務省は、IMFという外圧を使ってデフレ下の消費税増税推進をするな! [政治の本質]
昨日、財務省は、IMFナンバーツーのリプトン筆頭副専務理事を使って 消費税増税が必要だと言わせました。 小沢・野田会談での社説でも情報操作で消費税増税主張の読売新聞 http://archive.mag2.com/...... [続きを読む]

« テレ朝三浦俊章氏のもっともらしく聞こえる暴論 | トップページ | 「私」を捨て「公」に殉じた日隅氏が放つ「希望」の光 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ