« 「主権者を裏切る消費増税は許されない」平野貞夫 | トップページ | 民主主義の基本を理解できない石破茂氏 »

2012年6月11日 (月)

停電・金融波乱による恫喝でゴリ押しするごろつき

日経BPnetに、


「社会保障改革を棚上げし消費増税法案を決着か、失敗したら市場の制裁を覚悟すべき」


と題する論考が掲載された。


最近、この手の論調が目白押しだ。


表現は厳しいが、いわゆる「ごろつきの手口」だ。


民主主義の世にあって大事なことは、民主主義のプロセスを正当に踏むことだ。


野田佳彦氏が民主主義の正当なプロセスを踏んで消費増税提案を示しているなら、その提案に耳を傾け、真摯な姿勢で是非を判断すべきということになる。


しかし、野田氏は民主主義の正当なプロセスを踏んで消費増税の提案を行っていない。


国民の多数が野田氏の提案する消費増税案にNOの意思を明示しているのは、その内容以前に、野田氏のプロセス違反を容認できないからである。


朝日新聞6月4・5日世論調査結果

消費増税法案

「今国会で成立させるべきだ」 17%

「成立にこだわるべきではない」72%

法案に

賛成 32%

反対 56%

内閣支持率 27%

不支持率  51%


の数値に、主権者国民の健全な判断が明瞭に示されている。

人気ブログランキングへ


不当に高額の火災保険の押し売りがやってきて、保険に加入しないことを伝えると色をなして、いまこの保険に入らなければ、すぐに家が火災に巻き込まれて、悲惨な目に遭うぞと脅しているのに近い。


恐らく、この悪徳業者は、夜になって、家の裏から火を放つのだろう。


自分で火を放って、脅しの有効性を成立させるような危うさを併せ持つ。


消費増税を呑まなければ、金融市場の波乱が生じると主張するものが、格付業者などと結託して金融市場の波乱を人為的に引き起こすのだ。市場がどちらに振れても、その方向に相場を張れば、金融業者の手元には法外な利得が転がり込む。最近の金融市場変動の重要な裏側である。

人気ブログランキングへ




6月9日に石川県の加賀市民会館で開かれた市民との対話集会に出席した岡田克也氏は、加賀市の女性から、


「(消費税増税はしないと)国民と約束して政権を取った。そのマニフェストが破られている。撤退するのも政治家の勇気だ」


との意見が提示されると、


「われわれの任期中は上げないが、議論をしないとは言っていない。任期中に引き上げも決めないと期待した人たちには申し訳ない思い。ただ、東日本大震災や欧州経済危機もあり、逃げるわけにいかない。増税前にやれる行革もみな努力していろいろやっている」と述べた。


岡田氏は、2009年8月総選挙に際しての毎日新聞アンケートに対して、


「衆議院任期中は、任期後の消費増税について決定することにも反対」


と回答している。「任期中に引き上げも決めないと期待した人たちには申し訳ない思い」と述べたが、そうではなく、岡田氏は、「任期中に引き上げも決めない」ことを、新聞社のアンケートに回答しているのだ。

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論


政治家の言葉は重い。政治家にとって何よりも大事なことは、自分の言葉に責任を持つことだ。軽々しく言葉を並べるべきでない。


やると言ったことは実行する。やらないといったことは、やらない。これが基本だ。


岡田克也氏と野田佳彦氏が発言した動画記録が残っているので、何度でも確認しておく必要がある。


岡田克也氏2009年8月11日演説

http://nicoviewer.net/sm13731857

野田佳彦氏2009年7月14日演説

http://www.youtube.com/watch?v=-3wVwe8a_8c&feature=player_embedded


野田佳彦氏2009年8月15日演説

http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo


シロアリ退治なき消費増税を実行すると約束したのは自民党である。


シロアリ退治なき消費増税は断固阻止すると約束したのは民主党である。

その先頭に立ったのが野田佳彦氏である。


天下りとわたりの根絶。これをやらずに消費税を上げても、税金にまたシロアリがたかることを野田氏は強調したのだ。


2009年7月14日の演説では次のようにも述べた。


「シロアリを退治して、働きアリの政治を実現しなければならないのです。残念ながら、自民党・公明党政権には、この意欲が全くないと言わざるを得ないわけであります。


天下りをなくし、わたりをなくしていくという国民の声に全くこた

えない麻生政権は、不信任に値します。」


この言葉はいまも消えずに残っている。

人気ブログランキングへ




政府債務危機を招かず、財政健全化の方策を前に進めようと考えるなら、なぜ、天下りとわたりの根絶に切り込まないのか。


退職直前20年間に関与した企業、団体、業界には、退職後10年間は就職できないことを法律で定めるべきだ。その代り、公務員には定年までの就業を保証する。


財務省では、まず、日銀、東証、政投銀、国際協力銀、日本政策金融公庫、日本たばこ、横浜銀、西日本シティ銀への天下りを直ちに禁止する。


経産省から全国9電力への天下りを直ちに禁止する。


この方針を明示するのに、1日もかからない。


こうした根本の約束を守ろうとせずに消費税を上げようとしても、主権者である国民が受け入れるわけにはいかない。


そのために生じる問題は、政府の責任において処理するべきである。

人気ブログランキングへ

foomiiからのお知らせです。



5
26日に有料メールマガジン読者限定で生配信した「天木×植草の時事対談」アーカイブ動画の販売を開始しました。

●サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談

http://foomii.com/00057/2012052815000010123

【販売価格:315円(税込)】

ダイジェストはこちら ⇒ http://bit.ly/LuxRKE

なお、次回の時事対談のライブ配信は、630日を予定しています。詳細が決まり次第ご案内しますので、どうぞ次回もご期待ください

人気ブログランキングへ

4月21日に東京で開催された「シロアリ退治なき消費増税粉砕講演会」動画映像が飛鳥新社サイトから無料配信されておりますのでご高覧ください。

続きは
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

第253号「沖縄県議選に見る沖縄県民の冷徹な眼」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年5月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 「主権者を裏切る消費増税は許されない」平野貞夫 | トップページ | 民主主義の基本を理解できない石破茂氏 »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 停電・金融波乱による恫喝でゴリ押しするごろつき:

» 再稼働よりも急ぐのは、原発防災 [Cozy Life]
 原発の再稼働が話題になっていますが、安全性の議論ばかりが聞こえてきます。もっと大事なことがあります。事故が起こったときに私たちはどうするのか、その準備が不足しているのです。再稼働する前に、その...... [続きを読む]

» 【社会貢献】「育ててもらった地元に恩返し」--住宅メーカー『一条工務店』、遠州灘沿岸(静岡)の防波堤整備に300億円を寄付 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 静岡県は11日、浜松市で創業した住宅メーカー「一条工務店」(本社・東京都江東区、宮地剛社長)グループから計300億円の寄付を受け、同市沿岸部約17.5キロに津波対策の防潮堤を整備する方針を明らかにした。県と浜松市、同社は同日、寄付金を防潮堤整備に充て…... [続きを読む]

« 「主権者を裏切る消費増税は許されない」平野貞夫 | トップページ | 民主主義の基本を理解できない石破茂氏 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ