« 検察の巨大犯罪を握りつぶそうとする野田内閣 | トップページ | 脱原発・反消費税を静かに訴える紫陽花革命 »

2012年6月29日 (金)

小沢元代表と輿石幹事長の会談が長引く理由

消費増税の筋書きを書き、政治家を誘導してきたのは財務省である。


野田佳彦氏は2009年8月の総選挙の時点では、「シロアリ退治なき消費増税阻止」の看板を掲げていた。


しかし、岡田克也氏はもとより、「シロアリ退治なき消費増税阻止」の考えは有していなかった。


財務省は2009年5月の小沢一郎民主党代表が代表職を辞する際に、岡田克也氏を民主党代表に就任させたかった。


総力を挙げて岡田氏を支援したが、鳩山由紀夫氏が勝利した。


小沢元代表が、メディア総攻撃のなかでも、「引責辞任」としなかったことが鳩山氏の勝利をもたらした。


米官業利権複合体にとって、小沢-鳩山ラインが最大の攻撃対象であり続けている。


これはいまもまったく変わっていない。


小沢-鳩山ラインが攻撃対象である理由は単純明快である。


米官業による日本支配を覆そうとしているからだ。

人気ブログランキングへ

野田氏は「シロアリ退治なき消費増税阻止」の看板を掲げたが、財務省が目指しているのは、「シロアリ退治なき消費増税」そのものであった。


この路線に沿って、終始一貫動いているのは、岡田克也氏である。


岡田克也氏は、2009年8月総選挙に際しての民主党マニフェストに、「天下り根絶」と書き込むことを体を張って阻止した。


岡田氏が書き込んだのは「天下りあっせんの根絶」だ。


これなら、自民党政権でもやっていた。


「あっせん」の根絶は、すべての天下りを、「あっせんはなかった」とすれば、正当化できる措置である。つまり、「天下りあっせんの根絶」とは、「天下りの全面容認」とされる可能性が極めて高い措置なのだ。


「シロアリ退治なき消費増税阻止」の旗を掲げたのに、シロアリ退治をしていないではないかとの批判が生じると、岡田氏は、必ず「マニフェストには天下りあっせんの根絶としか書いていない」と答弁して逃げる。


これでは、「シロアリ退治」の公約は破棄されたも同然だ。

人気ブログランキングへ

社会保障改革などを伴わずに消費増税だけが決められようとしているが、それは、財務省の戦略からすれば当然のことである。


財務省が消費増税を急ぐ理由は、天下りなどの官僚利権の財源枯渇を恐れるからなのだ。


この点を正確に見抜いていたのは野田佳彦氏である。


野田氏は2009年8月15日の街頭演説で、


「消費税を上げれば、またシロアリがたかるかも知れません」


と述べた。


だから、「シロアリを退治しないで消費税を上げるのは認められないのだ」


と力説した。


その通りである。


財務省は、官僚利権の財源枯渇を回避するために、何としても消費増税を実現することを優先するのである。


岡田氏は初めからこの路線に乗っている。野田氏は総理になるために魂を売って財務省路線に乗るために、「シロアリ退治なき消費増税阻止」の路線から「シロアリ退治なき消費増税」の路線に乗り換えたのである。

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 

しかし、国民の大多数は、拙速な増税決定に反対である。朝日世論調査でも、今国会での法律成立に72%が反対で、賛成はわずかに17%だった。


したがって、財務省は本音では消費増税選挙をやりたくない。ずるずると1年引っ張って、2013年夏に衆参ダブル選挙を実施して、消費増税選挙を消滅させようと考えている。


しかし、国民の目線から見てこれは許されない。


増税をやらないと約束した政権が野党と手を組んで増税を決定する。しかも、何よりも大事な政策だと主張した「シロアリ退治」には、まったく手を付けていないのだ。


小沢一郎元代表が輿石東民主党幹事長と何度も会談を繰り返しているが、その真意は、ここにある。


早期の消費税選挙を実現するための方策なのだ。

人気ブログランキングへ

自民党のなかは二分されている。財務一派は、総選挙を先送りしたいと考えている。解散総選挙については曖昧なまま進み、来年夏まで引っ張ってしまおうとの考えだ。


しかし、谷垣禎一氏は異なる。秋を迎えれば、総裁任期が切れ、総裁でなくなってしまう。早期の解散総選挙を求めている。


国民の視点から言えば、消費増税強行決定の方向に進む限り、早期の衆院解散が不可欠である。


これほどの重要事項を、国民だまし討ちの形で決定されたのでは、もはや日本は民主主義国家ではなくなる。


囲碁の名手でもある小沢一郎氏が、状況を読んで、早期の解散総選挙のシナリオを引きだそうとしている。

人気ブログランキングへ

4月21日に東京で開催された「シロアリ退治なき消費増税粉砕講演会」動画映像が飛鳥新社サイトから無料配信されておりますのでご高覧ください。

続きは
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

第272号「迫りくる総選挙に際しての三大戦術」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

『植草一秀の『知られざる真実』』をご愛読のみなさまにfoomiiよりお知らせです。

630()に【天木×植草リアルタイム時事対談】第6弾を動画生配信することが決まりました。

天木×植草リアルタイム時事対談

●出演:天木直人(元外交官)、植草一秀(政治経済学者)

●配信日時:2012630日(土曜日)

      2000分~2100分放送予定

 

30日の時事対談は特別企画として、ライブ配信を一般公開。メールマガジン読者以外の方も20時からの配信を無料で視聴いただけます。(※アーカイブ動画は後日、有料で配信予定)

対談では、強引に消費税増税につきすすむ政府・民主党と、それに反対する小沢グループの攻防を中心に、今後の政局をズバリ、大胆予測します。

さらに「再稼働に舵をきった大飯原発と原子力・電力行政の問題点」、「欧州債務危機と世界の経済金融情勢の今後」、「中東(シリア、エジプト)情勢」について時間の許すかぎり徹底討論を行います。

《今対談のテーマ》

・消費税増税、解散、総選挙へのシナリオ

・再稼働に舵をきった大飯原発と原子力・電力行政の問題点

・欧州債務危機と世界の経済金融情勢の今後

・中東(シリア・エジプト)情勢

ぜひこの機会に有料メールマガジンにご登録の上、生放送配信動画をご視聴ください。

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

人気ブログランキングへ

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 検察の巨大犯罪を握りつぶそうとする野田内閣 | トップページ | 脱原発・反消費税を静かに訴える紫陽花革命 »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢元代表と輿石幹事長の会談が長引く理由:

» 奇妙な社説 [棒に怒る日本人]
いったいいつ小沢氏は増税反対と言ったのだろうか、増税の前にやるべきことがあるから [続きを読む]

» 「紫陽花革命」から「向日葵革命」へ! [格闘する21世紀アポリア]
 日本のような民主国家において「革命」は存在しないと、これまで考えられてきた。  なぜならば、革命とは民主国家への道程であって、既に民主主義を成し遂げた国家において、革命を志向するのは大いなる矛盾であるからだ。  しかし、野田佳彦のような憲政史上最も愚劣...... [続きを読む]

» 【原発問題】 東京に住めなくなるかも 福島原発、1号機で致死量相当10シーベルト放射線。4号機もピンチ?…東電「大丈夫」 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
福島第1原発の1号機から、致死量に当たる10シーベルト強の放射線が検出され、廃炉に向けた作業が難航することが確実な情勢になった。一方で、早く手を打たないと、4号機の方が怖い、との指摘も出ている。 10シーベルトというと、人が1時間浴び続ければ、確実に死ぬレベル…... [続きを読む]

» 【第209号】「あじさい革命」を主導する市民の力を以て、20万人の主権者国民の怒れる声をガン無視する野田佳彦ドジョウ一派をたたき潰し、この国に「日本の春」をもたらそう。 [高橋央の『日本教育白書』]
!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:"MS 明朝"; panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-536870145 1791491579 18 0 131231 0;} @font-f ... [続きを読む]

« 検察の巨大犯罪を握りつぶそうとする野田内閣 | トップページ | 脱原発・反消費税を静かに訴える紫陽花革命 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ