« 田代政弘検事聴取反訳と捜査報告書の決定的違い | トップページ | 筋違いの増税主張を礼賛する日経新聞の劣化 »

2012年5月21日 (月)

野田内閣消費増税案を白紙撤回させねばならぬ訳

5月19日午後7時20分より、京都駅前のキャンパスプラザ5階第二講義室において、「シロアリ退治なき消費増税粉砕講演会」が開催された。

280名定員の会場を多くの市民の皆様に埋め尽くしていただいた。

多くの皆様の温かなご支援に心より感謝を申し上げたい。
誠にありがとうございました。

衆議院の田中美絵子議員から祝電をいただいた。この場を借りて深く感謝の意を表したい。

講演会では、元外交官で作家の天木直人氏が特別ゲストとしてご出席くださった。天木氏は現在、栃木県に在住されており、遠方より、この会のためにお運びくださった。深く感謝の意を表したい。

天木氏はフーミー社の有料メルマガ第1号執筆者で、私も遅ればせながら、同社より有料メルマガの執筆を開始させていただいた。

本年1月からは、毎月月末の土曜日夜に、天木氏と私による時事放談を生中継でネット配信させていただいている。そのご縁もあり、講演を天木氏にお願い申し上げたところ、快くゲスト出演を引き受けて下さった。

人気ブログランキングへ

東京では元参議院議員の平野貞夫氏がゲスト出演くださり、消費税導入の立役者としてのご経験を踏まえて、消費税論議の鉄則を極めて分かり易くご高話下さった。

鳩山由紀夫元内閣総理大臣がご出席くださり、身に余るスピーチをして下さった。

小沢一郎民主党元代表からも誠にありがたいメッセージをいただいた。

また、日本チェーンストア協会理事長で消費税を考える国民会議会長のライフコーポレーションの清水信次会長からもご挨拶を賜った。

詳しくはネット配信されている動画をご高覧賜りたい。

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 

私は、野田内閣が提示している消費増税提案は、白紙に撤回するべきだと主張している。

その理由は以下の三つである。

1.野田内閣の消費増税提案は、民主主義の基本プロセスを踏んだものでなく、正統性のかけらをも持たない不正で不当なものである。必ず白紙に戻させねばならぬものである。

2.野田内閣は「社会保障・税一体改革」とネーミングし、100年安心の社会保障制度を構築するための消費増税だと主張するが、現実にはプランのなかに社会保障制度改革の具体案が示されていない。

実体に即して言えば、「単なる巨大な消費増税」である。

とりわけ、天下りなどの政府支出の無駄を排除せずに進むなら、社会保障の内容がより貧相になる一方で、負担だけは高水準になってしまうことが予想できる。

負担は北欧並み、給付はアメリカ並みの最悪の状況が生まれてしまう。

3.過去の緊縮財政の日本経済に与えた影響を踏まえて考察するなら、増税政策を実施する際には、慎重に経済への影響を見極め、景気が失速しない景気支持策の併用が不可欠である。

野田内閣の提案には、この点への十分な配慮が見られない。このまま進めば、再び経済の大波乱を引き起こすことは間違いない。

人気ブログランキングへ

2009年8月総選挙、2010年7月参院選の最重要争点が消費増税問題であった。いずれの国政選挙でも、主権者である国民は、シロアリ退治=天下り・わたり根絶なくして消費増税は認めないとの明確な結論を示している。
 
政権を獲得した民主党自身が、主権者国民に対して、シロアリ退治なき消費増税はやらないことを公約に掲げた。

この点について野田佳彦氏は、2009年8月15日の大阪街頭演説や、2009年7月14日衆議院本会議などで、明確に方針を示した実績を持つ。下記「天下り決死隊」変節動画三点盛をご高覧下さい

2009年8月15日の大阪街頭演説

2009年7月14日衆議院本会議演説

平成の無責任変節王=岡田克也氏のビフォーアフター

野田氏は天下りやわたりの根絶にまったく取り組まない麻生政権は不信任に値すると明言したのだ。
 
その公約が正式に撤回されぬまま、「シロアリ退治なき消費増税」がいま、強力に推進されている。このような筋違いを容認してはならない。

野田氏は代表選でも消費増税の必要性を説いたと弁明するが、何よりも大切にしなくてはならないことは、政治家や政党が主権者国民との契約を守り抜くことである。

2009年に主権者国民に対して直接明言したことと正反対の行動を示すことは、政治家としての「信」を破壊するものである。代表選で何を話そうが、主権者国民の前で約束したことが消えるわけではない。

民主主義の基本をおろそかにする考え方しか持っていないのである。

人気ブログランキングへ

中国の四経の基本である『大学』にある次の言葉を噛みしめておくべきだ。

「其の本乱れて末治まるものはあらず」

「その根本(のわが身をよく修めること)がでたらめでありながら、
末端(の国や天下)がよく治まっているというのは、めったにない」

ということだ。

人気ブログランキングへ

財務省は欧州の政府債務危機が対岸の火事ではないと言い、財政健全化に向けての取り組みに一刻の猶予も許されないと主張する。

これも正しくない。

日本は国全体で資産超過であり、しかも、財政赤字がすべて国内資金で賄われ、それでもなお資金が余り、海外に流出させている。経常収支黒字国で政府債務危機が生じることはない。

財政再建が進まぬ最大の理由は、増税を主張する財務省が、財務省の天下り廃止に対しては、拒絶の姿勢を崩さない点にある。

2009年に「天下りとわたりの根絶にまったく取り組まない麻生政権は不信任に値する」と声を張り上げていた野田佳彦氏の口から、「天下り」と「わたり」の言葉が消えた。

代わりに出てきた言葉は、「議員定数」と「公務員総人件費」である。
 
この「差し替え」を実行したのが財務省である。

人気ブログランキングへ


続きは
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第233号「G8サミットがようやく財政再建原理主義を反省」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年5月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

『植草一秀の『知られざる真実』』をご愛読のみなさまにfoomiiよりお知らせです。

5月26日(土)に【天木×植草リアルタイム時事対談】第5弾動画生配信を行うことが決まりました。

■天木×植草リアルタイム時事対談
http://foomii.com/files/interview/nightlive2012/

●出演:天木直人(元外交官)、植草一秀(政治経済学者)

●配信日時:2012年5月26日(土曜日)
      19時00分~20時30分放送予定

今回のテーマはズバリ、小沢一郎氏の復権はあるか。

一審で無罪判決を勝ち取り、停滞する政局が急転回するかと思われた矢先に流れた控訴のニュース。対談では、高裁に舞台を移して争われる裁判のゆくえとともに、小沢氏の復権のシナリオはあるかを考察します。

また、消費増税、解散、総選挙など多くの難題を抱える政局の予測とおふたりが提唱するインターネットを活用した政治活動についても討論します。

有料メールマガジン読者様は、リアルタイム時事対談の生放送配信動画を無料で視聴いただけます。アーカイブ動画配信につきましては、後日、動画配信記事として有料で販売する予定です。

ぜひこの機会に有料メールマガジンにご登録の上、生放送配信動画をご視聴ください。

 
◎メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」
http://foomii.com/00050

メルマガ読者様の生放送配信動画の視聴方法につきましては、26日当日、有料メールマガジンでご案内します。

人気ブログランキングへ

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

すでに4月21日に開催された東京での講演会の模様については、飛鳥新社サイトで、現在動画配信中であるので、ぜひご高覧賜りたい。

« 田代政弘検事聴取反訳と捜査報告書の決定的違い | トップページ | 筋違いの増税主張を礼賛する日経新聞の劣化 »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野田内閣消費増税案を白紙撤回させねばならぬ訳:

» 【欧州危機】ギリシャに迫る悪夢のシナリオ、「ドラクマゲドン」襲来か [政治経済ニュース・今私の気になる事]
[アテネ/ロンドン 18日 ロイター] ギリシャの首都アテネでは、ホームレスの数が1年前と比べ2倍になった。何か売れるものがないかと、ごみ箱をあさる人の姿も見られる。 ギリシャは限界が近い。緊縮財政策をめぐって四苦八苦している状態だが、これは悪夢の前触…... [続きを読む]

» 既に終わった野田内閣と消費税増税法案 [政治の本質]
テレビ東京の朝の経済番組「モーニングサテライト」は、資本系列の 日本経済新聞の意向通りに、財政再建至上主義、消費税増税賛成、 日銀のデフレ政策支持、TPP交渉参加賛成の経団連の新自由主義 チ...... [続きを読む]

» 太陽の光 [格闘する21世紀アポリア]
 土曜日は娘が通う小学校で運動会があり、初夏の炎天下の中、写真撮影やビデオ撮影で駆けずり回っていた。そして、運動会終了後は自宅にて大いに酒を飲み、床についたのは日曜日の朝方5時頃である。  結果的に自堕落な週末を過ごしたようなものだったとはいえ、今日、...... [続きを読む]

» 【第170号】真っ当な社会設計に必須の「経済成長」を改めて「目指す」と恥かしげもなく宣言する思考停止したG8先進国の無様な行き詰まり状態を横目に躍進するIT企業の猛進振りよ。 [情熱高校教師 高橋央の『日本教育白書』]
2012年5月22日(火曜日) -----------------------------------------------【第170号】真っ当な社会設計に必須の「経済成長」を改めて「目指す」と恥かしげもなく宣言する思考停止し ... [続きを読む]

« 田代政弘検事聴取反訳と捜査報告書の決定的違い | トップページ | 筋違いの増税主張を礼賛する日経新聞の劣化 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ