« 小沢-鳩山ライン総攻撃をもたらした二つの事由 | トップページ | 原発再稼働容認利権複合体野田政権を直ちに倒閣 »

2012年4月 9日 (月)

野田佳彦氏が密室党首会談にもちこむはかりごと

野田佳彦内閣がいま、2014年、2015年の消費増税を決定する必要は皆無である。
 
 また、これまでの民主党と主権者国民との契約関係を踏まえると、現段階で野田佳彦氏が消費増税法案を国会に提出し、これを成立させようとすることは、主権者国民に対する背信行為であり、主権者国民は野田氏の行動を糾弾する必要がある。
 
 日本国憲法は、日本を民主主義国家であると規定している。
 
 民主主義国家であるとされる日本において、消費増税問題は以下のプロセスを経て現在に至っている。
 
 政党は選挙の際に政権公約を明示し、主権者国民は政権公約を比較検討して政権政党を選択する。
 
 主権者から政権を委ねられた政党は、主権者との契約、マニフェストに責任を持つことを要請される。
 
 主権者である国民と政権を委ねられた政党。この両者をつなぐ、確かな存在がマニフェスト、政権公約である。
 
 民主党は2009年8月総選挙に際して、シロアリを退治しないまま消費増税には突き進まないことを政権公約に掲げた。
 
 この契約関係が生きている以上、野田氏が消費増税を提案することは間違いであり、正される必要がある。
 
 民主党内で消費増税提案は主権者国民との契約を踏まえて正しくないと見解が示された。
 
 連立与党内部でも、主権者国民との約束を踏まえたときに消費増税の提案には賛成できないとの主張が示された。
 
 この二つの主張こそ正論である。
 
 これに反する野田佳彦氏の提案は、いかなる理由を付したとしても、適正な提案として通用するものではない。
 
 この間違った提案を通させてはならない。
 
 日本の民主主義を守るには、民主主義のルールから逸脱したものを認めるわけにはいかないのだ。

人気ブログランキングへ

現状では、民主党内が二分されている。
 
 野田執行部は党内論議を経て消費増税提案が決定されたと主張するが、この決定は民主主義の正当なプロセスを経て決定されたものではない。
 
 賛成少数であったにもかかわらず、議事進行を担当した前原誠司氏が一方的に、議論を打ち切り、少数意見を党の決定にすることを宣言しただけで、正当なプロセスを経て決定されたものでない。
 
 したがって、民主党所属国会議員が、党執行部の決定に拘束される必要はない。党議拘束をかけたとしても、その効力は認められないと考えるべきである。
 
 民主党議員で消費増税に賛成するということは、主権者国民に対する詐欺行為を実行することである。次期国政選挙では、このような背徳議員の大多数が落選させられることになると考えられる。
 
 この点を考慮すると、民主党議員で消費増税法案に賛成する者は大幅に減少すると見込まれる。

人気ブログランキングへ

自民党は本来、消費増税に賛成であり、国民に不人気の政策であるから、自民党の手を汚さずに、民主党政権の間に法律を成立させてしまえと考えてもおかしくはない。
 
 ただ、単に消費増税法案に賛成するだけでは、自民党が得るものが少ないから、解散総選挙の確約と引き換えに消費増税に賛成する、あるいは、野田佳彦氏が首相ポストを自民党に提供することと引き換えに消費増税に賛成する、のいずれかのケースでしか、自民党が消費増税法案の成立に協力するケースは考えにくい。
 
 公明党は、かつて自公政権時代に消費増税法案に賛成しており、自民党と基本的立場は変わらない。
 
 ただし、公明党は自民党よりもより強く与党に位置することに重点を置いているから、極端な言い方をすれば、自民党と離反してでも政権与党に参画したいとの意向を保持していると思われる
 
 したがって、公明党も消費増税法案への賛成を完全否定する立場にはない。
 
 公明党が望む条件とは、与党に参画することと、もうひとつ、選挙制度改正である。
 
 公明党は中選挙区制への回帰を求めている。

人気ブログランキングへ

野田佳彦氏が背徳の消費増税法案の成立に政治生命をかけるとする場合、確実に法律成立を実現する手法は、民自公連立=民自公談合ということになる。
 
 いま、この方向に向けて野田佳彦内閣はひた走っているのではないか。
 
 自民党、公明党としては、条件闘争であるから、満額回答が得られるまでは消費増税賛成を口にしないと思われる。
 
 また、これらを密室でのやり取りで決めれば、「密室談合政治」のそしりを免れない。
 
 野田佳彦氏は消費増税の法律を成立できるのであれば、首相の座を明け渡しても良いと考えているのではないか。増税実現で歴史に名を残せると考えているのだろう。
 
 これらを総合すると、野田首相の退陣、中選挙区制への復帰、を条件に民自公談合が成立する可能性はあり得ると思われる。
 
 首相は野田佳彦氏から谷垣禎一氏に交代する。政権は民自公連立政権になる。一票の格差是正の過程で、選挙制度を小選挙区比例代表併用制から、中選挙区制への回帰を決める。
 
 野田佳彦首相は退陣するが、そのまま谷垣禎一政権にバトンをつなぐ。
 
 これが民自公大連立大政翼賛体制である。

Dsc_0012_682x1024_5

日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

総選挙は消費税問題への関心が静まったあと、2013年夏に衆参ダブルで実施する。
 
 この選挙で、民自公三党は、衆参両院で過半数を確保すればよいということになる。
 
 主権者国民無視の完全談合=民自公馴れ合い政権が成立することになる。
 
 民自公大政翼賛政治の成立。
 
 大々連立政権の誕生ということになる。
 
 こうなれば、もはや、どのような対抗策を採ろうとも、太刀打ちできないと、一見、思われるかも知れない。
 
 しかし、この図式をよく見ると、まったく異なる姿が浮かび上がる。
 
 それは、この図式が、一昔も二昔も前の、単なる自民党一党支配の構図そのものだからである。

人気ブログランキングへ

ここでお知らせです。 

『消費増税亡国論-三つの政治ペテンを糺す-』
 
を4月20日に飛鳥新社より出版いたします。
 
 出版記念行事として、
 
4月21日(土)午後6時30分より、
 
豊島公会堂(池袋駅より徒歩5分)にて、
 
出版記念講演会を開催いたします。
 
 野田政権の「シロアリ退治なき消費増税」を粉砕するため、一人でも多くの市民の皆様のご参加をお願い申し上げます。
 
 Photo 書籍付参加チケット代金は1500円になります。
 
リブロ池袋本店におけるチケット店頭販売に先行して、
 
4月10日(火)午後6時まで、Web先行受付を行っております。
 
先行予約でお申し込みいただきますと、4月21日の講演会当日まで、一度もリブロ池袋本店までお越しいただく必要がございません。
 
 Web先行予約をご希望のお客様は、
 
お名前、ふりがな、電話番号を記入して、
 

eventinfo@libro.co.jp

に送信ください。
 
 1メールにつき、お1人様1枚のご応募とさせていただきます。
 
 多人数様でご参加ご希望の場合には、人数分のお申し込みをお願いいたします。
 
 ご応募締め切り後、当選者様に"当選メール"が4月12日(木)までに送信されます。
 
 メールはご応募いただきましたメールアドレス宛へ送信されます。
 
 当日会場にて、"当選メール"をプリントアウトしたもの、あるいは携帯端末の当選メール表示画面をご提示ください。
 
 Web予約分として代金お支払いと引き換えに書籍付参加チケットをお渡しいたします。書籍は講演会当日、会場でのお渡しとなります。
 
※なお、応募者多数の場合は抽選となります。あらかじめご了承ください。
 
 なお、4月13日(金)以降、書籍付参加チケットはリブロ池袋本店書籍館地下1階リファレンスカウンターにて販売されます。
 
 詳しくは、リブロ池袋本店サイト

 
ならびに、
 
飛鳥新社サイト

 
をご覧ください。
 
 
『消費増税亡国論-三つの政治ペテンを糺す-』(飛鳥新社)
 
新書版 368ページ 価格:消費税込み1000円
 
目 次
 
第一章 シロアリ退治なき消費増税
 
第二章 一体改革という名の単なる増税
 
第三章 民主主義の命はデュー・プロセスにあり
 
第四章 特権官僚が蝕(むしば)むこの国の骨組み
 
第五章 増税の前にやるべきことがある
 
第六章 日本財政が危機にあるというデマゴギー
 
第七章 日本再生の方策と国民の政治選択 

概要
 
「シロアリ退治なき消費増税」こそギリシャ化への道だ
 
なぜマスメディアは野田総理の白昼堂々の公約違反を追及しないのか?

民主主義を踏みにじる野田政権、許されざる三つの過ち

1.マニフェスト違反の官僚利権(天下り)擁護
 
2.日本財政は真正危機にあるとの風説の流布
 
3.社会保障制度改革なき「単なる増税」の推進
 
亡国の増税シナリオの裏を知り抜く最も危険なインサイダーが命懸けの徹底告発。
 
衆議院を解散し消費増税選挙を実施せよ!
 
主権者国民勢力が政権を奪還できるか、
 
それとも対米隷属政権が持続してしまうのか?

人気ブログランキングへ

続きは
 
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第192号「 民自公密室談合大政翼賛政治の基本シナリオ
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年3月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

『植草一秀の『知られざる真実』』をご愛読のみなさまにfoomiiよりお知らせです。

3
24()に【天木×植草リアルタイム時事対談】第3弾生動画配信を行いました。

 
●出演:天木直人(元外交官)、植草一秀(政治経済学者)
●配信日時:2012324日(土曜日) 1900分放送開始予定

 
3月は『消費増税のゆくえと今後の政局』と題して、消費増税問題と政局のゆくえについて徹底討論しました。

 
・野田内閣と財務省が消費税増税を急ぐ真の理由とは?
・法案可決の見込みは?日本経済と私たちの生活はどうなる?
・今後の政局と衆議院解散の可能性は?

 
また、東日本大震災から1年の時が流れ、今なお住民に不安を与え続ける福島第一原発事故の問題とこれからのエネルギー政策や、大詰めを迎える小沢一郎氏裁判の行方、「インターネット政党」など市民の政治参画などの問題について90分間ノンストップで議論しました。

 
アーカイブ動画配信を、動画配信記事として有料で販売しております。
 
販売代金は、全額を動画配信費用と番組へのゲスト招聘などの今後の動画配信放送内容の充実のために活用させていただきますので、ご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。


早速、3月24日の対談ダイジェスト版をYoutubeに公開いたしました。
 
◎サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談 2012/02/25
http://www.youtube.com/watch?v=byxJ3QPETeo

 
また、2
25日の対談のダイジェスト版はこちらです。

◎サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談 2012/02/25
http://youtu.be/NFo-WKDB3r4


 
ぜひ、ご高覧下さい。


また、3
24日の
 
◎サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談 2012/02/25
 

の完全版動画配信記事はこちらでご購入いただけます。
 
http://foomii.com/00057/201203242200009024


「消費増税の行方と今後の政局」を議題に、小沢裁判の行方を含めて90分間を超えるノンストップ論争を行いました。 
 
ぜひ、ご高覧ください。

●サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談
 
消費増税のゆくえと今後の政局

【価格:315円(税込)】

 
視聴をご希望の方は、[この記事のみ購入する 315円(税)]より、手続きをお願いします。登録いただきましたメールアドレス宛に、動画の視聴方法をご案内します。

人気ブログランキングへ

Dsc_0012_682x1024_5

日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 小沢-鳩山ライン総攻撃をもたらした二つの事由 | トップページ | 原発再稼働容認利権複合体野田政権を直ちに倒閣 »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野田佳彦氏が密室党首会談にもちこむはかりごと:

» 鳩山由紀夫元総理がイラン訪問。イランは「核兵器開発の意図なし」を明言。 [Thot Diary]
鳩山由紀夫元総理が、イランを訪問しています。 まず第一弾は、サレハ外務大臣との会 [続きを読む]

» 田中康夫が説く!理にかなわぬニッポンの政事 12/03/31 [のんびりいこうよ!開店休業]
□同時生中継 USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】  http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou [続きを読む]

» 【企業】韓流押しで不買デモされた花王、社長交代へ…遅れる海外展開。軸足置く国内でも有力商品のシェア切り崩され [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 花王は9日、沢田道隆取締役(56)が6月28日付で社長に昇格する人事を発表した。尾崎元規社長(62)は代表権のない会長に就く。沢田氏は研究開発部門を副統括する最年少取締役で、10人抜きの昇進となる。日用品の国内市場の成熟が進むなか、花王は海外展開で出遅れてい…... [続きを読む]

» 消費税はとんでもないインチキ税制です。 [ふじふじのフィルター]
 今国会で、消費税を上げようと野田首相が躍起となっています。消費税を社会保障費に [続きを読む]

« 小沢-鳩山ライン総攻撃をもたらした二つの事由 | トップページ | 原発再稼働容認利権複合体野田政権を直ちに倒閣 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ