« 孤立感深める非民主党の野田岡田天下り決死隊 | トップページ | 「落選運動」に立ち向かう増税賛成民主議員は超少数 »

2012年4月 2日 (月)

日本政治を背後から動かす米・財務・法務の三角形

新年度を迎えたところで、政治課題を整理し、今後の政局を考えてみよう。
 
 問題は山積している。震災、原発事故からの復旧、復興すら十分に進展していない。本来、政府はまず全力をあげて復旧と復興に取り組むべきだが、野田佳彦氏は言葉ばかりで、心も力も伴っていない。
 
 言うだけ番長はここにもいた野田。
 
 政治課題の三大テーマは、
 
消費増税、TPP、原発再稼働
 
である。
 
 さらに重要テーマを挙げれば、普天間、東電処理になるだろう。

人気ブログランキングへ

消費増税に関連して何が問題になっているのかといえば、
 
1.「シロアリ退治なき消費増税阻止」の公約違反が明白なこと
 
2.社会保障・税一体改革と言いながら、「単なる増税」になっていること
 
3.財政赤字拡大の大半が循環要因によっており、このような局面での緊縮財政は事態を一段と悪化させる可能性が高いこと
 
である。
 
 世論調査で国民は、野田政権の消費増税案に全面的に反対している。
 
「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしいんです」
 
と街頭で声を張り上げた映像を見た人も増えていると思われる。
 
 さらに、この映像を情報拡散する必要がある。

人気ブログランキングへ

2010年4月に読売新聞が報じた民事法情報センターに絡む金銭スキャンダル。香川保一氏という理事長が、この法人から無利子無担保で1500万円を借り受けていたことが判明した。
 
 香川保一氏は法務省官房長を経て最高裁判事を歴任した法務高級官僚OBで、上記法人に天下りをしていた。
 
 さらに、この天下り法人はある法人に事務所を又貸ししていたことが判明した。又貸しした先は、香川保一法律事務所。つまり、この法人の理事長である香川氏が経営する法律事務所に又貸ししていたのだ。
 
 この不動産を賃借するには、高額の保証金と敷金が必要だが、この保証金と敷金は天下り法人が支払い、香川保一法律事務所は、保証金および敷金を1円も負担していなかった。
 
 また、この天下り法人は、住宅地図に住居表示番号を入れるデータの提供で巨額の収入を得ていた。公的なデータを、一民間企業に提供するだけで、巨額の収入になる構造に、不透明な点はないのか。
 
 そのようなデータであるなら、広く民間に公開すればよいだけの話ではないのか。
 
 特定の事業者と何らかの癒着関係になかったか、調査が求められる。
 
 いずれにせよ、無数に存在する天下り法人のひとつの、こうした不祥事が報道で取り上げられた。

人気ブログランキングへ

別の次元の話ではあるが、問題が二つある。
 
 ひとつは、これが、天下り利権の氷山の一角であるということ。2万5000人の公務員OBが4500の天下り機関に天下りし、そこに12兆円の国費が流れ込んでいることが、民主党の調査で分かった。
 
 その本当に氷山の一角がこの民事法情報センターであり、このような、いかがわしい天下り法人が無数に存在するのだ。
 
 こうした利権を排除できるのは、増税の前しかない。これらを除去しない限り増税を認めないとの方針が明確に示されない限り、こうした天下り法人を除去することは、ほとんど不可能だ。
 
 これが、「シロアリ退治なき消費増税阻止」の理由なのだ。

Dsc_0012_682x1024_5

日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

もうひとつは、この民事法情報センターのケースでは、2010年5月8日に、突然、この機関が解散された。これとともに、このスキャンダル追及の動きが消滅した。
 
 同時に進行したのが、東京地検特捜部と東京第五検察審査会との共謀による、小沢一郎民主党元代表に対する強制起訴強制誘導の動きだ。
 
 検察審査会の事務局は最高裁事務総局が担っており、地検特捜部、法務省、検察審査会は、それぞれ密着した関係にある。
 
 政権内の法曹に強い国会議員が裏工作をして、法務省・最高裁の巨大スキャンダルをもみ消すことと、小沢氏を検察審会制度を利用して起訴に持ち込むこととが、取引されたのではないかとの見方が浮上している。
 
 これは、平野貞夫元参院議員による見立てである。
 
 2010年6月には、民主党政権内部で、実質的なクーデターが発生した。小沢-鳩山ラインが崩され、民主党内の対米隷属グループが権力を強奪してしまったのだ。
 
 このとき、菅直人氏が異様な発言をした。「小沢氏はしばらく静かにしていた方がいい」
 
 これは、政権交代を牽引してきた最大の功労者に投げかける言葉でない。
 
 他方、アメリカはどのような態度を取ったのかというと、すでに、2月3日、カート・キャンベル国務次官補はソウルでキム・ソンファン外交安保首席秘書官と会談し、その後、秘密文書をワシントンに打電した。

人気ブログランキングへ

続きは
 
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第185号「日本政治を取り巻く基本問題への正しい対応」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年3月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

『植草一秀の『知られざる真実』』をご愛読のみなさまにfoomiiよりお知らせです。

3
24()に【天木×植草リアルタイム時事対談】第3弾生動画配信を行いました。

 
●出演:天木直人(元外交官)、植草一秀(政治経済学者)
●配信日時:2012324日(土曜日) 1900分放送開始予定

 
3月は『消費増税のゆくえと今後の政局』と題して、消費増税問題と政局のゆくえについて徹底討論しました。

 
・野田内閣と財務省が消費税増税を急ぐ真の理由とは?
・法案可決の見込みは?日本経済と私たちの生活はどうなる?
・今後の政局と衆議院解散の可能性は?

 
また、東日本大震災から1年の時が流れ、今なお住民に不安を与え続ける福島第一原発事故の問題とこれからのエネルギー政策や、大詰めを迎える小沢一郎氏裁判の行方、「インターネット政党」など市民の政治参画などの問題について90分間ノンストップで議論しました。

 
アーカイブ動画配信を、動画配信記事として有料で販売しております。
 
販売代金は、全額を動画配信費用と番組へのゲスト招聘などの今後の動画配信放送内容の充実のために活用させていただきますので、ご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。


早速、3月24日の対談ダイジェスト版をYoutubeに公開いたしました。
 
◎サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談 2012/02/25
http://www.youtube.com/watch?v=byxJ3QPETeo

 
また、2
25日の対談のダイジェスト版はこちらです。

◎サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談 2012/02/25
http://youtu.be/NFo-WKDB3r4


 
ぜひ、ご高覧下さい。


また、3
24日の
 
◎サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談 2012/02/25
 

の完全版動画配信記事はこちらでご購入いただけます。
 
http://foomii.com/00057/201203242200009024


「消費増税の行方と今後の政局」を議題に、小沢裁判の行方を含めて90分間を超えるノンストップ論争を行いました。 
 
ぜひ、ご高覧ください。

●サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談
 
消費増税のゆくえと今後の政局

【価格:315円(税込)】

 
視聴をご希望の方は、[この記事のみ購入する 315円(税)]より、手続きをお願いします。登録いただきましたメールアドレス宛に、動画の視聴方法をご案内します。

人気ブログランキングへ

Dsc_0012_682x1024_5

日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 孤立感深める非民主党の野田岡田天下り決死隊 | トップページ | 「落選運動」に立ち向かう増税賛成民主議員は超少数 »

悪徳ペンタゴン」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本政治を背後から動かす米・財務・法務の三角形:

» 終わりの始まりだった!? 消費税関連法案閣議決定 [政治の本質]
民主党に激震が続いています。 離党や集団辞任の動きが止まりません。 民主・木内氏が離党届=小沢系、消費増税に抗議 時事通信 4月2日(月)10時8分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402...... [続きを読む]

» ペットロス [格闘する21世紀アポリア]
 「ペットロス」とは、かわいがっていた犬や猫の死に接し精神的に落ち込む状態のことを指すようです。一種の鬱状態なのでしょうが、本当に鬱病になってしまう人も少なくないと聞きます。最近のペットブームにより、動物たちは「家族同然」に格上げになったからでしょう。...... [続きを読む]

« 孤立感深める非民主党の野田岡田天下り決死隊 | トップページ | 「落選運動」に立ち向かう増税賛成民主議員は超少数 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ