« 小沢元代表発言を極めて正しいと評価した谷垣氏 | トップページ | この国を支配するとてつもなく巨大な力 »

2012年3月 5日 (月)

東電の法的整理なくして電気料金引上げ認可なし

東京電力が家庭用電気料金を本年7月から10%引き上げる方針を示していることが判明した。
 
 また、東京電力は家庭用とは別に事業者向け電気料金を本年4月から17%引き上げる方針を示している。
 
 まったく筋の通らない政策を容認しているのは野田佳彦内閣である。
 
 実質債務超過の東京電力を法的整理しない日本の政府は、世界の笑いもの、世界の七不思議のひとつに数えられている。
 
 日本は表向き、法治国家であることになっている。
 
 法治国家であるなら、ものごとの処理は法律に基づいて行う必要がある。
 
 ものごととは、東電が昨年、原子力事故を引き起こし、原子力事故の損害賠償が課題になっていることだ。

人気ブログランキングへ

日本には原子力事故が発生した場合、損害賠償をどのように進めるのかについては、「原子力損害賠償法」という法律が存在する。この法律が唯一の法律である。
 
 そして、この法律に、原子力事故が発生した場合の損害賠償の方法が明確に定められている。したがって、政府はこの法律に沿って問題処理を進める責務を負っている。
 
 それが法治国家における政府の当然の行動だ。
 
 原子力損害賠償法第三条に以下の条文がある。

第2章 原子力損害賠償責任
 
(無過失責任、責任の集中等)
 
第3条 原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて生じたものであるときは、この限りでない。
 
 法文解釈に曖昧な部分はない。原子力事故の損害賠償責任は、当該事業者が負うことが明確に定められている。
 
 当初、一部で疑義が存在したのは、この条文のただし書きについてだ。
 
「その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて生じたものであるときは、この限りでない。」
 
という部分だ。
 
「異常に巨大な」の解釈については、国会でも過去に論議されてきた。
 
 人類史上経験したことのないような規模の天災地変であるとの理解が政府から示されてきた。

人気ブログランキングへ

今回の原発事故の原因はまだ完全には究明されていないが、福島原発で観測された地震の揺れと津波が事故発生の契機になったことは間違いない。
 
 しかし、その地震の揺れも、津波の規模も、「人類史上経験したことのない規模」のものではなかった。
 
 それどころか、独立行政法人産業技術総合研究所などの専門機関が、再三にわたり、政府と東電に、福島原発の津波対策が不十分であることを警告していた事実が明らかにされている。
 
 最近では、1896年の明治三陸地震津波が、今回の津波と同規模であった。研究機関は、明治三陸地震と同規模の地震が、この地震よりも南側にずれた地点で発生した場合の津波発生状況をシミュレーション計算したうえで、福島原発の津波対策が不十分であるとの警告を発していた。
 
 また、古くは西暦869年に発生した貞観地震津波が今回と同規模のものであったことが確認されており、産総研および東北大学、東京大学などによる共同研究により、この規模の地震および津波が東北地方太平洋岸に定期的に襲来している事実を明らかにしたうえで、東電福島原発の津波対策の不備を強く警告していたのである。
 
 東京電力はこうした警告を、津波対策強化に費用がかかることを理由に無視してきた。その延長上に今回の重大事故が発生したのであり、東電が責任を免れないことは当然である。
 
 これまでの経緯を踏まえるなら、刑事責任が問われる必要があるが、警察当局はまったく動いていない。東電が警察関係OBの天下りを30人以上受け入れているために、刑事捜査が行われていないのなら、残念ながら、これが日本の現実である。
 
「地獄の沙汰もカネ次第」と言うが、まさに、「警察の沙汰もカネ次第」ということになる。

Dsc_0012_682x1024_5

日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

原賠法の規定により、東電が損害賠償責任を負うが、損害賠償金額が東電の純資産を超える。つまり、東電が債務超過に陥る。債務超過に陥ることを破綻と呼ぶ。
 
 したがって、東電を破綻処理、法的整理しなければならない。
 
 ところが、一部の人々が、法的整理はできないと主張して、法的整理をしないまま、今日に至っている。法的整理できない理由としてあげられているのは、
 
1.安定的な電力供給が損なわれる
2.金融市場が混乱する
3.損害賠償原資が枯渇して損害賠償に支障が生じる
 
というものだが、すべて正しくない。
 
 会社更生法を用いて法的整理をすれば、安定的な電力供給は可能である。
 
 金融市場参加者はリスクを認識して参加しているため、混乱は生じない。
 
 検討の必要があるのは、3つ目の点だ。
 
 法的整理する場合、東電に対する債権者に対しては、法的な弁済順位に従って弁済が行われる。その際、例えば、東電社債の保有者が持つ債権は、一般担保権付社債であり、損害賠償債権よりも高い弁済順位を与えられる。
 
 このような手続きで法的整理が行われると、東電資産が枯渇して、原子力事故の損害賠償に支障が生じるというのだ。

人気ブログランキングへ

しかし、この点については、原賠法16条の規定を用いれば、問題を解決できる。
 
第4章 国の措置
(国の措置)
16条 政府は、原子力損害が生じた場合において、原子力事業者(外国原子力船に係る原子力事業者を除く。)が第3条の規定により損害を賠償する責めに任ずべき額が賠償措置額をこえ、かつ、この法律の目的を達成するため必要があると認めるときは、原子力事業者に対し、原子力事業者が損害を賠償するために必要な援助を行なうものとする。
 
2 前項の援助は、国会の議決により政府に属させられた権限の範囲内において行なうものとする。
 
 つまり、東電の損害賠償原資が不足する部分について、原賠法第16条の規定によって、政府が援助を行えば、問題は生じない。これを実行するには国会の議決が必要だが、国会は議決するはずだ。
 
 つまり、東電を法的整理しない理屈は成り立たない。
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する


 東電を法的整理しないとき、誰が得をするのか。それは、株主と金融機関だ。法的整理する場合、株主は出資した資金の範囲内で責任を問われる。金融機関は貸金の一部を貸倒れとして損失処理しなければならない。
 
 貸し手の第一位は、2010年3月末時点で日本政策投資銀行だった。財務省の最重要天下り機関だ。財務省は事故発生後に、民間銀行に巨額の短期資金を東電に融資させ、東電のメインバンクが日本政策投資銀行ではない偽装をしたのだと思われる。
 
Photo
  
 政府が東電救済策を強硬に推進しているのは、財務省所管の日本政策投資銀行を救済するためだ。そもそも、このスキームを書いたのが財務省なのだ。
 
 金融機関が負うべき責任が免除されて、その負担がそのまま、電力利用者に転嫁される。高い電気料金で、電力利用者が原発事故の損害賠償資金を払わされることになる。

人気ブログランキングへ

お知らせです!

2
25日に有料メールマガジン読者向けに生配信した「サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談」のアーカイブ動画配信を動画記事として販売しております。
 
今回は、「日本はどこまで米国に支配されているのか」を議題に、小沢裁判とこの国の警察・検察・司法の闇、対米隷属を続けるこの国の政治・政策運営などの諸問題について、約90分間ノンストップの白熱した議論を行いました。
 
有料配信で誠に恐縮ですが、ご高覧賜りますよう謹んでご案内申し上げます。なお、動画配信開始時点でのメルマガ読者様は、今回のアーカイブ動画を無料でご覧いただけます。
 
 
●サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談
 
日本はどこまで米国に支配されているのか
 
【価格:315円(税込)】
 
 
なお、今回配信分につきましては、収録時に雑音が入ったために、一部お聞き苦しい箇所がありますことをご了承下さい。
 
視聴をご希望の方は、[この記事のみ購入する 315円(税込)]より、手続きをお願いします。登録いただきましたメールアドレス宛に、動画の視聴方法をご案内します。

人気ブログランキングへ

続きは
 
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

 
第157号「電気料金引上げ前の東電法的整理が不可欠」  
でご購読下さい。

 2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年2月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

Dsc_0012_682x1024_5

日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 小沢元代表発言を極めて正しいと評価した谷垣氏 | トップページ | この国を支配するとてつもなく巨大な力 »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東電の法的整理なくして電気料金引上げ認可なし:

» 牛丼の価格は下がっても、家賃は下がらない。 [ぢゃがいもの冒険~人生は経験と感動~]
デフレ。 牛丼1杯250円 KY(カカクヤスク) カカクヤスク成分がなが~く効く。らしい。 鳥貴族280円 がってん酒場280円 金の蔵Jr280円 あたすも「安い居酒屋」にまず行ってしまう。 価格競争。 でも、家賃って下がんないよね。 東京だったら最低7~8万... [続きを読む]

» NHKスペシャル『映像全記録3.11』 [格闘する21世紀アポリア]
 NHKスペシャル『映像全記録3.11』を観た人々人は皆例外なく言葉を失ったに違いない。津波は私たちの想像をはるかに超えた巨大さと、破壊力と、スピードで東北地方の人々を襲った。漆黒の塊と化したこの魔物は、完全なる破壊とは一体何かということを、私たちに見せつ...... [続きを読む]

» 【社会】街では「ふざけるな」など怒りと困惑の声--東京電力がもくろむ10%の値上げ [政治経済ニュース・今私の気になる事]
家庭用の電気料金にまた値上げの波が迫っている。東京電力がもくろむおよそ10%の値上げ。その一方で、人気キャラクターのリストラも明らかになった。 「ふざけんじゃないよって」、「本当に困りますよね」などと、街の人からあがる怒りと困惑の声。 東京電力が7月にも実施…... [続きを読む]

« 小沢元代表発言を極めて正しいと評価した谷垣氏 | トップページ | この国を支配するとてつもなく巨大な力 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ