« 民主主義を嘲りドジョウを操る財務省の悪行三昧 | トップページ | 建設的財政再建論議には緻密な過去の検証不可欠 »

2012年3月 8日 (木)

シロアリ根絶謳う超高額架空請求詐欺にご注意を

この国の自警団が緊急警告を発している。

 その内容は、「シロアリ詐欺に警戒せよ」と云うものらしい。
 
 内容を紹介する。
 
 手口はかなり大胆である。
 
 まず、この詐欺軍団の棟梁が、国全体を調べて分かったことがあると宣言するのだそうだ。
 
 4500の法人に2万5000匹のシロアリが棲みついて、12兆円もの被害をもたらしているのだと。
 
 この現状に立ち向かうことをこの棟梁が宣言する。
 
 その宣言というものがかなり頼もしいらしい。
 
「命懸けで実行する」
 
 と声高らかに宣言するのだという。
 
 ついては、ぜひとも選挙で清き一票を入れてくれと来る。
 
 この国に棲みつくシロアリの調査を綿密に行い、その全貌を明らかにしたから、その駆除をやらせて欲しいと言うんだ。
 
 どうすれば良いのかと聞くと、とにかく選挙で一票入れて欲しいと言う。
 
 そこで、町の人々は、こぞって、この棟梁に清き一票を投げ込んだ。
 
 見事に棟梁は代表者に選ばれて、「言ったことは命懸けで実行する」と来た。
 
 本当に多くの人が期待した。

人気ブログランキングへ

いままで、何人もの人が「シロアリ退治」と叫んでは見たものの、「言うだけ番長」ばっかりだった。
 
 涙を流して、さも頑張ったかのような演技をした人もいたが、とてもとてもシロアリ駆除とは言えない代物だった。
 
 屋根裏を調べると、シロアリがびっしり。
 
 驚いて苦情を言うと、「あっせん」という線の入ったシロアリだけは駆除したが、「あっせん」という線の入っていないのは、駆除の対象外なんだという。
 
 そこで、調べてみると、シロアリに「あっせん」なんていう線の入ったのは、ほとんど一匹もいない。どうやらもともとは「あっせん」という線が入っていたらしいんだが、どいつもこいつも、その線が修正液で消されているんだ。
 
 ということで、涙を流してシロアリ駆除を宣言した人も、完全に見かけ倒しだった。

人気ブログランキングへ

ところが、今度の棟梁は、「シロアリ退治をする」と、街中でも堂々と叫んでいた。
 
「やると言ったらやる。やると言ったのにやらないなんて、そんなの、ものを語る資格もない」なんて啖呵切るくらいだから、これはぜったいにやるよ、と、皆が本当に期待して盛り上がった。
 
 街ぐるみで、この棟梁に一票を入れたものだ。

Dsc_0012_682x1024_5

日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

ところが、それから2年ほど時間がたって、様子がおかしくなった。
 
 この棟梁が突然、まったく別人のように態度を変えた。なんかこう、ぶくぶくした外観はまったく変わらないのに、言うことがまったく別人なんだ。
 
 突然、年に10兆円の金を出せと言い始めた。年に10兆円といったら、本当にとんでもない額だ。それを真顔で、カネを出せと言って引き下がらない。
 
 2年前まで、4年間はお金の請求のことは一切口にしないと約束していたにもかかわらずだ。
 
 この棟梁が凄みをかけたのだろう。宣伝ラッパを吹く奴まで現れた。
 
 街宣車を何台も連ねて、朝から晩まで、カネよこせの大合唱だ。
 
 肝心要のシロアリ退治はどうなったのかというと、なんと、一匹も退治なんかしていない。
 
 それどころか、屋根裏に行って、ご丁寧にシロアリに大量のエサをやり始めたのだから驚きだ。

人気ブログランキングへ

顔色の悪いフランケンみたいな用心棒を連れてきたんだが、この用心棒が、誰の用心棒かと言うと、シロアリ族の用心棒なのだと言う。
 
 何でもこの用心棒の父親がシロアリ王国の幹部らしく、この用心棒は、シロアリにエサをやり、われわれから、強引にカネをむしり取ろうとしているらしい。
 
 われわれがおとなしくて、黙っているものだから、やつらは完全に調子に乗ってしまっている。
 
「シロアリ駆除」など、まったく手を付けずに、超高額不正請求するのに、街宣車を何台も引き連れてくるって言うんだから、たまったものじゃない。
 
 しかも、やつらは、警察とか、検察とかもグルで、われわれが警察や検察に、「シロアリ詐欺だ」と訴えても、まったく取り合ってくれないらしい。
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する


 本当にひどい国になってしまったものだ。
 
 われわれが、このまま黙って引き下がっていれば、必ず、この国は、国ごとシロアリに食い尽くされてしまう。
 

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する


 たった一つだけ、このシロアリ詐欺を逃れる方法があるという。
 
 それは、次の選挙の際、われわれ全員が一致団結して、この不当な高額請求に「NO」を突きつければいいのだそうだ。
 
 そうすれば、この不正で不当な「シロアリ詐欺」の高額請求に応じなくてよいらしい。

人気ブログランキングへ

よしわかった。それで行こう。次の選挙で、われわれが結束して、絶対に、シロアリ詐欺、不正請求には応じないことを態度で示すのだ。
 
 シロアリ詐欺、不正請求、架空請求詐欺に対して、ネットを通じて、全国民に呼び掛けなければならない。
 
 

ドジョウを食べるサギ撲滅運動を皆で展開しよう。
 
 

お知らせです
 
3月12日(月)に岩上安身氏が主宰するIWJ主催のトークカフェに出演します。席数に限りがありますが、ぜひ、ご参加くださいますようご案内申し上げます。
 
詳しくは、IWJ Informationをご高覧下さい。

人気ブログランキングへ

続きは
 
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

 
第160号「モノをいう大多数の市民が出現すべき時が来た」  
でご購読下さい。

 2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年3月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。
 

お知らせです!

2
25日に有料メールマガジン読者向けに生配信した「サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談」のアーカイブ動画配信を動画記事として販売しております。
 
今回は、「日本はどこまで米国に支配されているのか」を議題に、小沢裁判とこの国の警察・検察・司法の闇、対米隷属を続けるこの国の政治・政策運営などの諸問題について、約90分間ノンストップの白熱した議論を行いました。
 
有料配信で誠に恐縮ですが、ご高覧賜りますよう謹んでご案内申し上げます。なお、動画配信開始時点でのメルマガ読者様は、今回のアーカイブ動画を無料でご覧いただけます。
 
 
●サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談
 
日本はどこまで米国に支配されているのか
 
【価格:315円(税込)】
 
 
なお、今回配信分につきましては、収録時に雑音が入ったために、一部お聞き苦しい箇所がありますことをご了承下さい。
 
視聴をご希望の方は、[この記事のみ購入する 315円(税込)]より、手続きをお願いします。登録いただきましたメールアドレス宛に、動画の視聴方法をご案内します。

人気ブログランキングへ

Dsc_0012_682x1024_5

日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 民主主義を嘲りドジョウを操る財務省の悪行三昧 | トップページ | 建設的財政再建論議には緻密な過去の検証不可欠 »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シロアリ根絶謳う超高額架空請求詐欺にご注意を:

» 岡田副総理はイオンのおぼっちゃまだということ。 [ぢゃがいもの冒険~人生は経験と感動~]
巨大消費増税に突っ走る民主党。「社会保障との一体改革」はいったいどこへ行った? そしてその巨大消費増税を牽引するのが「フランケン岡田」こと岡田克也氏。 民主党を解党の危機まで追い込み、高速道路無料化を撤回し、天下りを認めざるを得ないおヒト。 イオンのぼん... [続きを読む]

» オバマ大統領再選不可能 [格闘する21世紀アポリア]
 《ニュースと真実とは同一物ではなく、はっきりと区別されなければならない。これが私にとってもっとも実り多いと思われる仮設である。ニュースのはたらきは一つの事件の存在を合図することである。真実のはたらきはそこに隠されている諸事実にに光をあて、相互に関連づ...... [続きを読む]

» 【裁判】 「ママー…」 幼児2人、暗闇のなか飢餓の苦しみで尿を飲み便を食べつつ死亡か→鬼畜母、遺体発見した日にデートし性交渉 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 2010年6月に大阪市のマンションで幼児2人が置き去りにされ死亡した事件の裁判員裁判は7日、大阪地裁(西田真基裁判長)で被告人質問があり、殺人罪に問われた母親・下村早苗被告(24)が、遺体を発見した後に連絡を取った知人男性と会い、性交渉していたことが…... [続きを読む]

« 民主主義を嘲りドジョウを操る財務省の悪行三昧 | トップページ | 建設的財政再建論議には緻密な過去の検証不可欠 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ