« 2年も先の単なる増税をいま決める理由は皆無 | トップページ | 反民主主義岡田克也氏暴走に党員資格停止処分か »

2012年3月18日 (日)

「シロアリ退治なき消費増税阻止」に妥協余地なし

野田佳彦内閣が消費増税法案成立に向けて暴走を続けているが、その根拠としているのが所得税法附則104条だ。
 
 附則104条は、麻生太郎政権が2009年8月の総選挙に向けて整備した自民党の消費増税公約を具体化したものである。
 
 自民党は2009年8月総選挙で消費増税を政権公約に掲げた。
 
 この法律には次の内容が示された。
 
 2008年から2010年までの3年間を景気回復実現に向けての集中対応期間とし、景気を回復させることを条件に2011年度中に消費税制を含む税制上の措置を講じること。
 
 自民党の提示した政策は2008年から2010年にかけて景気回復に集中的に取り組み、景気を回復させたうえで2011年度中に制度改正を具体化して、2012年度に消費増税を行うというものだった。

人気ブログランキングへ

この法律は2009年8月総選挙で自民党が大敗したことで効力を失った。2009年9月の鳩山内閣発足直後にこの法律条文を凍結する法対応を取るべきであったが、財務省はのちに政権転覆を図ることを念頭に、鳩山内閣に法律条文凍結の事務手続きをサボタージュした。
 
 鳩山内閣は2010年6月に政権転覆に直面し、菅直人氏がクーデター政権を樹立した。この菅政権が突如、消費増税提案を示し、参院選選挙公約に掲げた。
 
 菅直人政権は2010年6月17日に参院選マニフェスト発表会見を行い、突然、消費税率10%への引上げ案を提示した。同時にこの会見で最も早いケースでは2012年秋に消費増税を引き上げる方針が提示されたのだ。
 
 つまり、菅直人内閣は財務省の誘導によって、所得税法附則104条を実質的にこの世に蘇らせたのだ。政治は国民が主導していない。財務省が主導している。

人気ブログランキングへ

しかし、財務省の悪計は主権者国民の賢明な判断により阻止された。2010年7月参院選で菅直人民主党は大敗し、財務省が企んだ消費増税案の復活は否定されたのである。
 
 しかし、財務省はゾンビそのものである。何度打ち砕かれても、再び腐臭を漂わせて立ち上がってくる。菅直人内閣を使い捨てにした財務省は完全な操り人形に仕立て上げた野田佳彦氏を新首相に就任させ、消費増税案を復活させた。
 
 財務省のゾンビ体質が露わになっている。
 
 しかし、大きな矛盾が表出している。
 
 消費増税の前提であるシロアリ退治は進捗率ゼロである。
 
 社会保障と税一体改革の名が恥ずかしい単なる増税。
 
 そして、何よりも大きな矛盾は、2年も先に実施する単なる消費増税を今国会で決定する必然性が皆無であることだ。

人気ブログランキングへ

3月18日のNHK日曜討論では参議院の各党責任者が出席して討論が行われた。
 
 民主党を代表して出演した一川保夫議員は消費増税に積極賛成ではないのだと推察される。消費増税をごり押しするのではなく、まず党内で意見集約する方針を説明した。
 
 野田佳彦・岡田克也の「天下り必死隊」は、消費増税をごり押しするために懸命になっているが、消費増税案を正規の民主党提案とするためには、正しい民主主義のプロセスを踏む必要がある。
 
 いくら論議を積み重ねても良いことだが、最後は意見を集約する必要がある。そのためには、多数決採決が不可欠である。
 
 野田氏や岡田氏は、「最後は拍手で了承を得た」と強弁するが、実際に拍手で賛成を表明した議員は少数であった。このようなイカサマ、ペテンで重要問題の結論を得るべきでない。
 
 民主主義のプロセスを踏んで意思決定すると強弁するなら、最後は両院議員総会を開いて無記名投票で採決するべきだ。

Dsc_0012_682x1024_5

日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

メディアが、追加増税条項、景気条項などを強調し始めたのは、最終着地で増税の白紙撤回を迫られないようにするための小細工である。修正を受けても消費増税の本体を残し、景気条項の修正や追加増税条項の削除で決着をつけるための策略である。
 
 大事なことは、ここで消費増税提案をいったん白紙に戻すことだ。
 
 条件付きでも賛成すれば、財務省は必ず、統計数値を改ざんしてでも消費増税の実施を目論んでくる。

人気ブログランキングへ

消費増税反対派は、必ず「シロアリ退治なき消費増税阻止」という基本を守らねばならない。
 
「シロアリ退治なくして消費増税無し」の大原則を守らずして、消費増税論議はあり得ない。
 
 2014年に単なる消費増税をやるというなら、2013年末の税制改革大綱に盛り込めばよいのだ。その前には、必ず衆議院総選挙がある。
 
 この総選挙で国民の前に公約を明らかにして、総選挙で主権者国民の同意を取り付けて2013年年末に決定すればよい。
 
 選挙もやらず、マニフェストも変更せずに、単なる増税をいま決める理由は存在しない。存在しないというより、いま決めることは民主主義の原理に反している。

人気ブログランキングへ

詳しくは
 
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

 第170号「民主党代表者も増税慎重発言のNHK日曜討論」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年3月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

『植草一秀の『知られざる真実』』をご愛読のみなさまにfoomiiよりお知らせです。

3
24()に【天木×植草リアルタイム時事対談】第3弾生動画配信を行います。

 
●出演:天木直人(元外交官)、植草一秀(政治経済学者)
●配信日時:2012324日(土曜日) 1900分放送開始予定

 
3月は『消費増税のゆくえと今後の政局』と題して、消費増税問題と政局のゆくえについて徹底討論します。

 
・野田内閣と財務省が消費税増税を急ぐ真の理由とは?
・法案可決の見込みは?日本経済と私たちの生活はどうなる?
・今後の政局と衆議院解散の可能性は?

 
また、東日本大震災から1年の時が流れ、今なお住民に不安を与え続ける福島第一原発事故の問題とこれからのエネルギー政策や、大詰めを迎える小沢一郎氏裁判の行方、「インターネット政党」など市民の政治参画などの問題について90分間ノンストップで議論する予定です。

 
有料メールマガジン読者様は、リアルタイム時事対談の生放送配信動画を無料で視聴いただけます。アーカイブ動画配信につきましては、後日、動画配信記事として有料で販売する予定です。

 
ぜひこの機会に有料メールマガジンにご登録の上、生放送配信動画をご視聴ください。

 
◎メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」
http://foomii.com/00050

 
メルマガ読者様の生放送配信動画の視聴方法につきましては、24日当日、有料メールマガジンでご案内します。

さらにお知らせです

 
2
25日の対談のダイジェスト版がYoutubeに公開されました。

◎サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談 2012/02/25
http://youtu.be/NFo-WKDB3r4

 
ぜひ、ご高覧下さい。


また、2
25日に有料メールマガジン読者向けに生配信した「サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談」のアーカイブ動画配信を動画記事として販売しております。

2月は、「日本はどこまで米国に支配されているのか」を議題に、小沢裁判とこの国の警察・検察・司法の闇、対米隷属を続けるこの国の政治・政策運営などの諸問題について、約90分間ノンストップの白熱した議論を行いました。


有料メルマガ読者様は、このアーカイブ動画を無料でご覧いただけます。

  
●サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談
 
日本はどこまで米国に支配されているのか

 
【価格:315円(税込)】

 
今回配信分につきましては、収録時に雑音が入ったために、一部お聞き苦しい箇所がありますことをご了承下さい。

 
視聴をご希望の方は、[この記事のみ購入する 315円(税込)]より、手続きをお願いします。登録いただきましたメールアドレス宛に、動画の視聴方法をご案内します。

人気ブログランキングへ

Dsc_0012_682x1024_5

日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 2年も先の単なる増税をいま決める理由は皆無 | トップページ | 反民主主義岡田克也氏暴走に党員資格停止処分か »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シロアリ退治なき消費増税阻止」に妥協余地なし:

» 読売、朝日の二の舞か。消費増税を前にマスコミへの国税調査攻撃。 [みなと横浜みなみ区3丁目]
中日新聞グループへの露骨な税務調査 2009年の政権交代選挙では、消費税増税を4年間は封印すると言って勝利を呼び込んだはずの民主党政権が、野田佳彦首相のもと、いよいよ増税法案の国会提出を前に3月中の閣... [続きを読む]

» 南京事件と東京大空襲 [格闘する21世紀アポリア]
■南京事件■  笠原十九司(かさはら とくし)『南京事件論争史』を読めば、南京事件否定派とかなりの論戦が張れそうである。それほどまでに本書は大局的見地と詳細なる検証といった歴史的なパースペクティブに秀でている。    このエントリーで南京事件があったかどうかを...... [続きを読む]

» 【政治】自民・谷垣氏「軍部やヒトラーが出てきたのは既成政党では物事を処理できないと国民が思った時」橋下氏に期待高まる状況に [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 自民党の谷垣禎一総裁は18日、橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」の国政進出に期待が高まる政治状況について、戦前に日本軍部やヒトラー、ムソリーニが台頭した際を想起させるとの観点から警鐘を鳴らした。  京都府内で講演し「政党政治が駄目だということで昭和…... [続きを読む]

« 2年も先の単なる増税をいま決める理由は皆無 | トップページ | 反民主主義岡田克也氏暴走に党員資格停止処分か »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ