« 予算委員会視聴時必携の教本『日本の再生』 | トップページ | 野田内閣が年金保険料不払い正当化する試算公表 »

2012年2月 5日 (日)

まんが版「実現可能性高くない消費増税法の成立」

昨日付けのメルマガ記事

CIAと財務省の手先読売が主権者無視の増税推進」
 
に、野田佳彦氏が強硬に推進する
 
「シロアリ退治なき消費増税」
 
に小沢一郎民主党元代表と鳩山由紀夫元首相が結束して反対することになるだろうことを記述した。
 
 早速、各報道機関が小沢氏と鳩山氏の消費増税反対の方針を報じている。
 
 最終的に、野田氏の提案と小沢氏および鳩山氏の主張のどちらが実現するか。
 
 政策が実現するには、正義と大義が必要である。野田氏提案には正義も大義もない。したがって、最終的に、野田氏提案は退けられる。というより、退けられなければならない。

人気ブログランキングへ

漫画家・イラストレーターのぼうごなつこさんが、
1月31日付本ブログ記事
 
「意外と実現可能性が低い消費増税法の可決成立」
 
の内容を漫画にしてくださった。
 
 文字情報よりもまんが情報は圧倒的に訴求力が高いから、ぜひ、こちらのまんが情報発信を広く拡散くださいますようお願い申し上げたい。
 
【まんが】意外と実現可能性低い消費増税法の可決成立
 
 Syouhizei1mini  

人気ブログランキングへ

国会では、消費税問題が取り上げられながら、審議に入るめどはまったく立っていない。野田政権はまだ、消費増税の法案をまとめて国会に提出することすらできていないのだ。
 
 与野党協議もまだ始まってもいない。
 
 消費増税実現にはいくつものハードルを越える必要があるのだ。
 
 消費増税、財政再建、TPP、エネルギー政策、東電処理、などの諸問題についての考え方を整理した『日本の再生』(青志社)をご高覧賜りたい。昨日に引き続き、アマゾンレビューを紹介させていただく。

 Dsc_0012_682x1024_5

Book 日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

ひろX3様
「日本に求められる本当の復興政策」
 
現代の日本は大量出血した急病人に例えられる。復興政策という輸血によって、社会の末端までカネを行き渡らせる必要がある。しかるに野田総理は、財務省の操り人形のごとく、大増税政策を掲げている。植草氏は、逆噴射政策と述べている。
 
植草氏は本書で、過去の緊縮財政によって、日本経済が何度も危機に陥ったことをつまびらかにしている。一部の人間の利益のために、また同じ愚を犯そうというのか。
 
サブプライムローン危機は未だ収束していない、3.11による農林水産業の危機と放射能汚染、火事場泥棒のように登場したTPP、どれも喫緊の対応が求められる問題ばかりだ。それなのに、省益しか考えない官僚や、自国の利益しか考えない米国の言うなりになってよいのか。わずか17.6%の大企業製造業のために、82.4%の富が収奪されてよいのか。
 
財務省にひれ伏したマスメディアによって、財政危機キャンペーンが行われている。しかし氏によると政府債務はGDP比で82.5%に過ぎず、対外債務でもないので、他の先進国と比べても危機と言える状況ではない。氏は、飽くなき利権追求にひた走る、官庁の天下り根絶を訴えている。
 
氏によると、完全雇用こそ究極の経済目標だという。しかるに最近は、海外に工場をたてるばかりか、外国人を積極的に採用すると明言している企業も多い。何たる強欲、売国ぶりだろうか。
 
外貨準備は米国への上納金であり、為替損益によって、2007年から2011年の4年間で、およそ50兆円が消えたという。そしてそのカネは、戦車や戦闘機に化けたり、外資が日本資産を買いあさるために使われているのだという。血税を搾り取った金で、さらなる流血を生み出すとは何と罪深いことだろうか。
 
TPP
については他の本でも詳しいが、本書で氏は、日本のライフスタイルが破壊されると訴えている。日本独自の文化が消えるだけでなく、公用語が英語になるかもしれない。何か公共や民間に申請をしようとしても、英語で申請しなければならない時代がやってくる。
 
利権団体によるニセの復興ではなく、本当の復興が求められている。本書では、ハブ空港やハブ港といったインフラ整備や、高齢化社会対策、教育機関の均等など、具体的な策が書かれている。
 
社会の木鐸としての役目を捨てた新聞や、TVに踊らされてはいけない。良書を読み、ネットの力で、本当の愛国者を国政に送り込みたい。日本は法治国家でないことを世界に宣言した。だが言論の自由はまだ少し残されているようだ。各々自らが得意とする分野で、この国を変えていきたい。
 
 
 
百合普及委員会様
「冷静な分析力」
 
「知られざる真実」、「日本の独立」に続いて、「日本の再生」も拝読しました。既に秀逸なコメントが書かれているので、多くは書きませんが、円高・国債・原発など、いかに隷米な政・官・財・記者クラブを中心としたメディアによって真実が捻じ曲げられているかという事実を、植草さんが丁寧かつ冷静な分析力で執筆しています。

2012
年度も植草さんの新書に期待しています。
 
 
 
偽老子様
「日本の独立」
 
日本の独立に続いて読んだ。
内容をすべて鵜呑みにはできないが、日本の政治、経済の内実を知る著者の作品なので説得力がある。
かなりためになる。正直すばらしい作品である。
ただ、惜しまれるのは「賢明な国民は」などの読者におもねるフレーズが多いことだ。
日本の地盤沈下を述べるのに政、財、官、米などのみについてだけてなく、はっきり日本民族の民度の低下についても述べるべき。
政治は民度をあらわすものだから。。。。
 
 
 過分なお言葉を賜り、心からお礼申し上げます。
 
 国会論議に主権者国民が積極的に参画してゆくための参考資料として拙著を参照いただければありがたく思う。

人気ブログランキングへ

Photo日本国憲法第36条に以下の条文がある。
 
36 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
 
日本には「死刑」という刑罰があるが、これが、「残虐な刑罰」に該当するのではないかとの見方がある。
 
昨日、2月4日から東京渋谷のユーロスペースで死刑映画週間が始まった。
死刑映画の上映とトークショーが開催される。
「「死刑映画」は「命の映画」だ」のコピーの下、問題作が連日上映され、作家などによるトークショーが行われる。
 
ユーロスペース1 死刑映画週間
 
死刑制度に賛否両論があるが、この機会にイベントに参加して、各自の思考を深めてください。

人気ブログランキングへ

続きはメルマガ版

「植草一秀の『知られざる真実』」
 
第128号「根絶しなければならない天下り「三つの類型」  
でご購読下さい。


 2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年1月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

 Dsc_0012_682x1024_5

Book 日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 予算委員会視聴時必携の教本『日本の再生』 | トップページ | 野田内閣が年金保険料不払い正当化する試算公表 »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まんが版「実現可能性高くない消費増税法の成立」:

» 新古典派経済学について [Thot Diary]
「セイの法則」というのは古典派経済学の概念ですが、これは「供給はそれ自身の需要を [続きを読む]

» 【拉致問題】 橋下市長「不法国家である北朝鮮と付き合いは一切しないという意思示せ。大阪では許さない」…政府に注文 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 大阪市の橋下徹市長は5日、市内で開かれた北朝鮮による拉致問題を考える集会であいさつし「政府はもっとはっきり意思を示してほしい。何がしたいのかさっぱり分からない」と政府の対応を批判した。  市長は「大阪府、大阪市では拉致問題は許さない。不法国家である北…... [続きを読む]

» 天木直人 [格闘する21世紀アポリア]
 敬愛する人物の一人に天木直人氏がいる。京都大学在学中に外交官試験に合格し、即大学を中退し外務省に入省した。駐レバノン大使時代に小泉政権のイラク政策に反対の態度を表明し、それが為に外務省を追われる立場となった。現在は評論家として言論活動に従事し、メディ...... [続きを読む]

» 宗像直子・経済産業省通商機構部長(グローバル経済室室長)が日本の国家主権を従米慰安婦にする。 [政治の本質]
ロベルト及び富国日本党は、TPPに反対です。 ラディカルな自由貿易体制TPPは、デフレを深刻化させる。 米国相手のISD(「投資家対国家間の紛争解決条項」(Investor State Dispute Settlement))条項が ...... [続きを読む]

« 予算委員会視聴時必携の教本『日本の再生』 | トップページ | 野田内閣が年金保険料不払い正当化する試算公表 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ