« 野田内閣が年金保険料不払い正当化する試算公表 | トップページ | 「社会保障と税の一体改革」という名の単なる巨大増税 »

2012年2月 7日 (火)

辺野古移設認めねば普天間固定化という選挙妨害

宜野湾市長選を目前にして、米国や米国の手先である防衛省が露骨な選挙妨害まがいの行為を繰り返している。
 
 防衛省が自らの考えを表明し、職員の親類縁者まで集めて、必ず選挙に行くように「講話」を行った。直接、誰に投票してほしいと言わなくてもだれに投票しろと言っているのかは分かる。
 
「李下に冠を正さず」の言葉を踏まえるなら、政府は迅速に沖縄防衛局長を更迭すべきである。
 
 宜野湾市長選挙の告示もあり、宜野湾市長選が目前に迫っている。
 
 政府が率先して選挙妨害を行う。このようなことが許されて良いはずがない。
 
 このタイミングで、米国が新たな行動を示した。普天間移設と海兵隊のグアム移転をセットで実現するとしてきた方針を改め、この二つを切り離し、海兵隊のグアム移転を先行させる方針が新たに示された。
 
 この新方針について、両者が切り離される場合、普天間基地の移設が先送りされると、普天間基地利用が固定化される可能性が高まるとの説明が付されている。

人気ブログランキングへ

この新方針および新方針に伴う説明と宜野湾市長選との間にどのような関係があるか。
 
 米国の行動とメディアの報道をつなぎ合わせると、
 
「普天間の辺野古への移設を認めなければ、普天間を固定化する」
 
ということになる。
 
 普天間基地は宜野湾市に位置する。
 
 つまり、辺野古への移設を容認する傾向を示す新市長を選出しなければ、宜野湾市に位置する普天間基地の使用が固定化されることになる、との圧迫が宜野湾市民に与えられていることになる。

こんな露骨な恫喝まがいの選挙妨害を日本は許すのか。沖縄県民、宜野湾市民が許すとでも思っているのか。
 
 そもそも、普天間基地の返還は、普天間基地が市街地に位置する、極めて危険な軍事基地であることを背景にしたものである。
 
 自民党政府の時代に、利権による利益誘導によって辺野古への移設方針が定められたが、この辺野古への移設方針は、その後の国政選挙および地方選挙によって、根本的に変化している。
 
 日本は国民主権の国家である。議会制民主主義を採用する国家である。
 
 国政の方針は選挙によって示される民意の変化に従い変化する。
 
 終戦直後、総選挙によって社会党政権が樹立されたが、その後の選挙結果により自民党政権に回帰した。
 
 自民党は、選挙結果により社会党政権が自民党政権に回帰したことを、「悪い決定」とは言わない。
 
 過去に決定したことがいつまでも意味を持つなら、社会党政権に戻して固定化すればよいということになる。

人気ブログランキングへ

自民党時代に、自民党が利益誘導の手法で普天間の辺野古移設方針を決めたが、その後の国政選挙および地方選挙で、普天間の辺野古移設方針については、これを認めないとする民意が明確に示されている。
 
 そのなかで、鳩山内閣が米国と辺野古移設で合意を結んだことは、明らかな政策の誤りである。この責任を追及されて鳩山内閣は総辞職した。
 
 したがって、後継政権である菅内閣は、普天間基地の辺野古移設合意を見直すところからスタートしなければならなかったが、菅内閣はこの当然の対応を示さず、辺野古移設の日米合意を維持する方針を示し、それがそのまま野田政権に引き継がれている。
 
 しかし、国民、沖縄県民、名護市民は、辺野古海岸を破壊して巨大滑走路を新設することに明確に反対の意向を表明している。
 
 国民、住民が反対の意思を明示している以上、政府は辺野古に軍事基地を建設することを強行するべきでない。当然のことだ。
 
 米国は外国である。日本は独立国である。独立国日本の国民、市民が辺野古に米軍基地を建設することを拒絶しているのだ。どうして、外国である米国が辺野古に軍事基地を建設することを強制できるのか。
 
 しかも、米国は、日本政府の資金負担で辺野古に巨大滑走路を建設することを求めている。

人気ブログランキングへ

この米国が、宜野湾市長選で、辺野古移設案に強く反対している伊波洋一元宜野湾市長を落選させるために、辺野古移設を認めなければ、宜野湾市に位置する普天間基地を使用し続けると脅しをかけている。こう考えるのが自然な受け止め方だ。
 
 このような傍若無人の米国を許容するべきでない。
 
 米国は戦後の日本の国政選挙において、巨額の資金を選挙介入資金として投入してきた過去を持つ。内政干渉を繰り返してきた国である。
 
 外国政府である米国から資金提供を受けて政治活動を展開してきたのが自民党と民社党である。

人気ブログランキングへ

Photo日本国憲法第36条に以下の条文がある。
 
36 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
 
日本には「死刑」という刑罰があるが、これが、「残虐な刑罰」に該当するのではないかとの見方がある。
 
2月4日から東京渋谷のユーロスペースで死刑映画週間が始まった。
死刑映画の上映とトークショーが開催される。
「「死刑映画」は「命の映画」だ」のコピーの下、問題作が連日上映され、作家などによるトークショーが行われている。
 
ユーロスペース1 死刑映画週間
 
死刑制度に賛否両論があるが、この機会にイベントに参加して、各自の思考を深めてください。

人気ブログランキングへ

続きはメルマガ版

「植草一秀の『知られざる真実』」
 
第130号「対米隷属を脱し「日本の独立」を目指すべきとき 
でご購読下さい。


 2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年1月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

 Dsc_0012_682x1024_5

Book 日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 野田内閣が年金保険料不払い正当化する試算公表 | トップページ | 「社会保障と税の一体改革」という名の単なる巨大増税 »

辺野古米軍基地建設」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古移設認めねば普天間固定化という選挙妨害:

» 『小沢一郎』が闘っている相手って? [ぢゃがいもの冒険~人生は経験と感動~]
増税反対を「造反」と言われてしまうヒト、小沢一郎。 造反とは…[名](スル)体制に逆らうこと。謀反(むほん)を起こすこと。「若手の党員が―する」…コトバンク先生より なぜか常に逆らって、のさばって、悪あがきして、中国ばかり見て、でも離党はしないとか、内閣不信任... [続きを読む]

» 【話題】 東日本大震災の弔慰金  公務員は2660万円、民間は800万円に遺族が絶句 「同じ被災者なのに、何で・・・」 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
死者・行方不明者合わせて約2万人を数えた東日本大震災。失われた命の価値に差があるはずがない。しかし、現実はどうか。肩書きの有無で、「命の値段」が何倍も違うのだ。そこには日本社会の歪な構造が垣間見える。 大震災から間もなく1年。東北の被災住民は、悲しみを乗…... [続きを読む]

« 野田内閣が年金保険料不払い正当化する試算公表 | トップページ | 「社会保障と税の一体改革」という名の単なる巨大増税 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ