« 石川氏調書不採用の小沢氏裁判に五つの論点 | トップページ | 国民新党がシロアリ退治なき消費増税反対を明言 »

2012年2月19日 (日)

信なくば立たず野田内閣支持率急落で増税黄信号

野田佳彦内閣の支持率が各種世論調査で30%を割っている。政権の危機ラインを下回ったわけだ。
 
 NHK世論調査では2月の支持率が1月の支持率から微増したが、極めていかがわしい数値だ。
 
 1月から2月にかけて、野田佳彦氏の過去の街頭演説動画が日本中に拡散した。本ブログおよびメルマガの情報拡散の訴えが功を奏したものだ。
 
 2009年8月15日野田佳彦氏街頭演説
 
「マニフェストにはルールがある。書いてあることは命懸けで実行する。書いてないことはやらない。」
 
「シロアリを退治し、天下り法人をなくし、天下りをなくす。ここから始めなければ消費税を上げるというのはおかしい。」
 
 いずれも、ブーメランで現在の野田佳彦氏の首をはねる勢いを持つ演説だ。
 
 消費増税を推進する野田佳彦氏にこのブーメランが直撃した。野田内閣の支持率が急落するのは当たり前だ。それが低下しないNHK世論調査。極めていかがわしい調査方法を用いているのだろう。

人気ブログランキングへ

 消費増税は正統性を保持していない。したがって、現在の状況のなかで、法律を成立させることは間違った選択だ。
 
 民主主義とは、国民を主権者とする政治の方式だが、民主主義を守るために必須のことがらが、デュープロセスの遵守だ。
 
 民主主義を守るとは、適正な手続き=デュープロセスを確実に守るということである。ここが損なわれれば、民主主義は崩壊する。形骸化するのではなく、民主主義そのものが壊れるのだ。

 Dsc_0012_682x1024_5

Book 日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

現在の国会での勢力分布を考えると、増税法案を強硬に成立させることはかなり難しい。
 
 民主党は党内の約半分が反対である。
 
 この場合、反対派が正統派である。なぜなら、現在の民主党国会議員は、2013年までは消費税増税に手を染めないことを有権者と約束して国会議員になっているからだ。
 
 これが民主主義の基本だ。
「マニフェスト。イギリスで始まりました。ルールがあるんです。」
というのは、このことを示している。
 
 選挙の際に主権者国民と交わした約束。政治家と政党は、良くも悪くも、この公約に縛られる。公約を守ってこそ、初めて国民との間の「信義」が成り立つ。

人気ブログランキングへ

「信なくば立たず」である。『論語』のことばだ。
 
子貢問政、
子曰、足食足兵、民信之矣、
子貢曰、
必不得巳而去、於斯三者、何先、
曰去兵、
曰必不得巳而去、於斯二者、何先、
曰去食、自古皆有死、民無信不立。
 
子貢、政を問う。
子、曰(のたま)わく、
食を足し兵を足し、民をしてこれを信ぜしむ。
子貢が曰わく、
必らず巳(や)むを得ずして去らば、斯(こ)の三者に於いて
何(いず)れをか先きにせん。
曰(のたま)わく、兵を去らん。
曰(い)わく、必らず巳(や)むを得ずして去らば、斯(こ)の二者に於いて何(いず)れをか先きにせん。
曰(のたま)わく、食を去らん。
古(いにし)えより皆な死あり、民は信なくんば立たず。
 
子貢が政治のことをお尋ねした。
先生はいわれた。
「食料を十分にし軍備を十分にして、人民には政治を信頼させることだ。」
子貢が「どうしても、やむをえずに捨てるならば、この三つの中で、どれを先にしますか。」というと、
先生は「軍備を捨てる。」といわれた。
さらに「どうしても、やむをえずに捨てるならば、この二つの中で、どれを先にしますか。」というと、
「食料を捨てる。」「食料がなければ人は死ぬが、昔から誰にでも死はある。人民に信がなければ安定しない。」といわれた。
 
「「信(しん)」とは何か?」様サイトより転載)

孔子の時代の政治体制は現代と異なる。現代は民主主義である。民主主義の時代においてこそ、主権者である民の意思に基づく政治を実現するには、民と政の間の「信」こそが重要である。
 
「民の意思」に背く政治運営を行うことは許されない。
 
 
 消費税増税が必要であるなら、総選挙の前に、政権公約に明示するべきである。先の総選挙で自民党は消費増税を明記した。民主党は消費増税を否定した。主権者である国民は消費増税を否定した民主党を政権与党に選択した。
 
 民主党が消費増税を否定した理由は、
「消費増税の前にやるべきことがある」
ことだった。
 
「シロアリを退治し、天下り法人をなくし、天下りをなくす。ここから始めなければ消費税を上げるというのはおかしい。」
 
 これが民主党の判断であり、主権者国民との約束だった。
 
 
 この「信」を守らずして、どこに「信頼ある政治」を打ち立てようというのか。
 
 まさに「信なくば立たず」である。

人気ブログランキングへ

続きはメルマガ版

「植草一秀の『知られざる真実』」
 
第142号「シロアリ退治なき消費増税推進の朝日媚び売り新聞」  
でご購読下さい。

 2011101日より
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年1月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

 Dsc_0012_682x1024_5

Book 日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 石川氏調書不採用の小沢氏裁判に五つの論点 | トップページ | 国民新党がシロアリ退治なき消費増税反対を明言 »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信なくば立たず野田内閣支持率急落で増税黄信号:

» 「苛政夫のノダ」を支持する読売新聞と経団連 [政治の本質]
低視聴率で打ち切り寸前のドラマ「苛政夫のノダ」スタッフが消費税増税だけを目的とした「社会保障と税の一体改革」を閣議決定しました。 これで、低視聴率に拍車がかかり、1年も持たずに打ち切られる事が...... [続きを読む]

» アインシュタインとニッポン [格闘する21世紀アポリア]
 大正ロマン華やかしき頃、日本に関心を抱き、そして日本を愛した一人の物理学者がいた。「特殊相対性理論」「一般相対性理論」と言えばすぐお分かりになると思う。その物理学者とはアルバート・アインシュタインである。  1922年(大正11年)彼は日本の出版社「...... [続きを読む]

» 【民主党】 党員不満続出 「どこへ行っても民主党の悪口を言われる」 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 民主党茨城県連は18日、水戸市内のホテルで定期大会を開き、東日本大震災からの復興に全力を尽くすことや、来たる衆院解散・総選挙に向けて支援団体と連携を強化することを確認した。  また、この日は党本部の輿石東幹事長が来県し、橋本昌知事やJA県中央会など県…... [続きを読む]

» 検察、警察、検察、警察、司法、裁判官、検察。闇。 [ぢゃがいもの冒険~人生は経験と感動~]
テレビをみていると「警察」のほかに「検察」という言葉をよく耳にする。 あたすの人生初のデモは「第5検察審査会の横暴阻止」であったような、なかったような。 検察の闇。闇に葬りさろうと、トカゲのしっぽ切りとされるか、痴漢冤罪で捕まえられるか、自殺と見せかけて殺され... [続きを読む]

« 石川氏調書不採用の小沢氏裁判に五つの論点 | トップページ | 国民新党がシロアリ退治なき消費増税反対を明言 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ