« 国民主権の大本乱れて政治の安定得られぬは当然 | トップページ | 景気の回復なくして財政健全化なし »

2012年1月 1日 (日)

朝生田原氏の恫喝による論議誘導の終焉

2012年が幕を開けた。

 謹んで新年の寿を申し上げます。
 
 新しい年が幸せな年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。
 
 旧年中はひとかたならぬご厚誼を賜りまして本当にありがとうございました。
 
 本年もなにとぞ宜しくご指導とご鞭撻を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
 
 昨年は未曽有の災害に見舞われ、深刻な被害が発生しました。
 
 その塗炭の苦しみが続くなかで新しい年を迎えたわけですが、この新しい年が深く大きな傷を癒し、新たな希望の光を生み出すことを皆様とともに祈りたいと思います。

人気ブログランキングへ

昨年は、国政においても重要な問題がいくつも噴出した。しかし、そのいずれの問題についても明確な回答は得られていない。
 
 その延長上に2012年がある。政府は強引に回答を特定の方向に誘導しているが、致命的な欠陥がある。
 
 それは、日本政府が誘導しようとしている特定の方向が、日本の主権者である日本国民の厳粛な信託に裏付けられたものでないことである。
 
 日本が独裁国家であるなら、それで構わないだろう。政府が勝手に決めて、国民には有無を言わせずに従わせればそれでよい。
 
 しかし、日本はれっきとした主権在民の民主主義国家である。少なくとも日本国憲法にはそう書いてある。
 
 さまざまなことがらにおいて、この国の現実は日本国憲法が定める現実とは違う。日本国憲法と離れたところに日本の現実が存在し、日本国憲法は幻想に過ぎないというのが真実なのであろうか。

人気ブログランキングへ

本年の最重要課題とは何か。
 
 第一は消費税である。野田佳彦氏は民主主義のDUE PROCESSを完全に無視して消費税増税に突き進んでいる。財務省の手先と化している。
 
 第二は、原発である。福島の現実を正面から見定める限り、脱原発以外の正答はないはずだ。元旦の未明に「朝生」が原発問題を取り上げていたが、不毛な論争を繰り返す者が多数存在する。
 
 原発廃止を論議すると必ず出てくる反論は、地球温暖化仮説である。原子力を活用しなければCO2で地球が温暖化してしまうとの主張だ。
 
 ものごとの本質が何も見えていない。そもそも地球温暖化仮説そのものが、原子力マフィアによる創作なのだ。化石燃料から原子力に振り子を大きく振るために、CO2による温暖化仮説が創作されたのである。
 
 田原総一朗の言葉による恫喝も、もはや、まったく威力がなくなった。激しい言葉による攻撃で、過去は他の発言者が黙ってしまったが、田原氏の言葉の激しさを取り除いて冷静に反論すれば、田原氏はしどろもどろだ。田原氏の化けの皮が完全に剥がされた。
 
 第三は、TPPだ。野田首相がTPP交渉への参加意思表明をしたのかしなかったのかさえ、国民は知らされていない。
 
 実際に野田氏が表明したことは、TPP交渉への参加意思である。これは明白だ。
 
 野田氏はどのように説明したか。
 
「TPP交渉への参加に向けて関係国と協議に入ることを決めた」
 
と言った。しかし、TPP交渉への参加意思表明とは言わなかった。
 
言わなかっただけで、
 
「TPP交渉への参加意思表明ではない」
 
とも言わなかった。
 
「自分が述べた通りで、それ以上でもそれ以下でもない」
 
と述べた。野田氏はうそをついてはいない。しかし、姑息なのだ。どじょうはどじょうにとどまるべきで、宰相になられては国民が巨大な被害を蒙る。

 Dsc_0012_682x1024_5

Book 日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

第四は、普天間だ。沖縄県民の総意、日本国民の総意は明らかである。
 
 なぜ、米国に媚びへつらう必要があるのか。韓国、中国に媚びへつらうなと絶叫する者が、率先して米国に媚びへつらう。これらの人々は、米国が非人道的な核兵器で日本国民を大量虐殺したことに対する謝罪を米国に求めたことがあるのか。
 
 第五は、日本経済の再建だ。財政危機だけを煽って巨大増税を押し付けることが政府の役割ではない。亡国のシナリオだ。政府は国民の幸福を実現するために存在する。現状は、国民の生活を破壊するのが政府の役割になっている。
 
 これらの重要問題に対して、正しい解を見出してゆかねばならない。2012年の課題は計り知れず重く、大きい。

人気ブログランキングへ

続きはメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」
 
第93号「 2012年の日本が解決すべき五つの重要問題
 
でご購読下さい。


 2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-11月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。
 

 Dsc_0012_682x1024_5

Book 日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 国民主権の大本乱れて政治の安定得られぬは当然 | トップページ | 景気の回復なくして財政健全化なし »

野田佳彦新代表」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝生田原氏の恫喝による論議誘導の終焉:

» 【統計】出生数戦後最少105万人 人口減少過去最多の20万人 厚労省人口動態統計 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 厚生労働省は31日、平成23年の人口動態統計の年間推計を発表した。出生数は出産適齢期の女性の減少などで105万7千人となり、昭和22年の統計開始以来最少となる見通し。死亡数も東日本大震災の影響もあって126万1千人と過去最多に拡大し、日本在住の日本人…... [続きを読む]

« 国民主権の大本乱れて政治の安定得られぬは当然 | トップページ | 景気の回復なくして財政健全化なし »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ