« 今崖っぷちにいるのは国民ではない、野田佳彦だ | トップページ | 「年金加入は損失」のタブー侵した野田内閣の地獄 »

2012年1月25日 (水)

福島再生言いつつ原発推進宣言野田施政方針演説

野田佳彦氏は2009年8月15日、大阪街頭でこう述べた。

「天下り根絶なき消費増税糾弾」を訴える民主党議員街頭演説
 
 これに先立つ7月14日、野田佳彦氏は衆議院本会議でも同じ趣旨の演説を行っている。
 
「天下り根絶なき消費増税糾弾」を訴える民主党議員国会演説
 
 本ブログ発で拡散していただいた上記重要動画をまだ、ご覧になっていない国民に、ぜひ、さらなる情報拡散をお願いしたい。
 
 この貴重な映像を公開下さったjiji6254様に深く感謝申し上げたい。

人気ブログランキングへ

jiji6254様は、この映像以外にも貴重な映像を公開下さっているので、ぜひご参照いただきたい。すでに、1月19日付メルマガ第111
 
「金で命買うことに疑問を持たぬ原発推進者の品格」
 
に記述したが、原子力安全委員会委員長の斑目春樹氏は原発の核廃棄物しょりについて次のように述べている。
 
「小出裕章と斑目春樹」
 
Photo 「最後の処分地の話は、最後は結局お金でしょ。
 
 あのー、どうしても、そのー、えー、みんなが受け入れてくれないって言うんだったら、じゃあ、おたくには、これ、その、じゃあ、えー、いままでこれこれと言ってたけど、その2倍払いましょう。それでも手上げないんだったら、じゃー5倍払いましょう、10倍払いましょう。どっかで、国民が納得する答えが出てきます。」
 
 斑目春樹氏がこの言葉を言い放った後の顔をよく見ていただきたい。これが、原発推進者の素顔である。

人気ブログランキングへ

1月19日付のメルマガにも書いたが、原発と戦争にはとても似たところがある。
 
 いずれも、裏で糸を引く黒幕は、巨大な利益を得る巨大資本である。犠牲になるのは、最前線の下層の人々だ。
 
 戦争で犠牲になるのは、戦争が遂行される場所に住む住民と最前線に送り込まれる下等兵だ。犠牲になる者に敵も味方もない。
 
 戦争で巨大な富をつかむ者は、わが身を決して危険な場所には置かない。
 
 原発事故で犠牲になるのは、原発が置かれる地域に住む住民と危険な作業場所に送り込まれる労働者だ。原発で利益を得る者は、わが身を決して危険な現場には置かない。
 
 危険な場所に送り込む労働者と危険な場所に住む住民は、金で買えばよいのだと思っているのだ。

人気ブログランキングへ

さて、昨日野田佳彦氏が国会で施政方針演説を行った。
 
「巧言令色鮮し仁」
 
が、すでにすべての国会議員に行き渡っているため、白々しい空気だけが議場に広がった。
 
「エネルギー政策の再構築が欠かせない」
 
としながら、
 
「国民の安心・安全を確保することを大前提にしつつ、経済への影響、環境保護、安全保障などを複眼的に眺める視点が必要です。
 
 化石燃料が高騰する中で、足元の電力需給のひっ迫を回避しながら、温室効果ガスの排出を削減し、中長期的に原子力への依存度を最大限に低減させる、という極めて複雑な方程式を解いていかなければなりません。
 
 幅広く国民各層の御意見を伺いながら、国民が安心できる中長期的なエネルギー構成を目指して、ゼロベースでの見直し作業を進め、夏を目途に、新しい戦略と計画を取りまとめます。」
 
 と述べた。

人気ブログランキングへ

何を言っているのか、私たちのような普通の国民には理解できないので、現代語に訳す。 
 
「原発は危険なものだが、電力料金の上昇を防ぎ、CO2の発生を抑制し、また、石油にだけ依存する発電という状況を回避するには、原発が必要なので、国民の意見は十分に尊重せずに、今後も原発利用を推進してゆく」
 
 となる。

 Dsc_0012_682x1024_5

Book 日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

福島であれだけの重大事故を引き起こし、
 
「福島の再生なくして日本の再生はあり得ません」
 
と述べながら、原発利用は継続してゆくことを、政府は勝手に決めているのである。すべては、金、カネ、かねのためである。
 
 
 政府は原発事故に直面して、東日本を放棄するとの「最悪シナリオ」を用意した。その後、事態が改善したために、このシナリオを「なかったことに」したというが、日本の東半分を失いかけたのだ。
 
 その事実が存在しながら、脱原発の方針を定めぬなど、狂気の沙汰である。これひとつで野田内閣は不信任に値する。

人気ブログランキングへ

お知らせです
 
1月28日に天木直人さんと、現下の山積する内外諸問題について緊急対談することになりました。
この緊急対談の模様を、有料メールマガジン読者限定で、生中継動画配信いたします。
アーカイブ配信は有料メールマガジン読者限定で1月末まで実施します。
誠に申し訳ありませんが、2月入り後は、アーカイブ配信でも動画を見ることはできません。
-----

サタデーナイトライブ JAN.,2012 
天木×植草のリアルタイム時事対談
 
●日時:
2012
128日 土曜日 1900分 放送開始予定
 
●出演者:
天木直人(元外交官・作家)
 
植草一秀(政治経済学者)
 
※対談動画のご視聴方法詳細については、当日、有料メールマガジンにてお伝えいたします。
-----

欧州金融危機、原発事故、TPP、消費税、小沢一郎裁判の行方をはじめ、今後発生する諸問題を含めたニュース素材について、在来メディアが決して放映することのない、ニュースの真相と深層を、論客である二人が縦横無尽に一刀両断します。対談視聴をご希望の方は、ぜひこの機会に有料メールマガジンにご登録ください。
 
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

人気ブログランキングへ

続きはメルマガ版

「植草一秀の『知られざる真実』」
 
第117号「原発・消費税・TPP・普天間への対応誤る野田佳彦氏」  
でご購読下さい。


 2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年1月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

 Dsc_0012_682x1024_5

Book 日本の再生

著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 今崖っぷちにいるのは国民ではない、野田佳彦だ | トップページ | 「年金加入は損失」のタブー侵した野田内閣の地獄 »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島再生言いつつ原発推進宣言野田施政方針演説:

» 知らず知らず歩いたら・・いつか来た道・・(美空ひばり?) [ゆきひろ社会科日記]
野田政権下で共謀罪が着々と進んでいる、片や消費税の大合唱の影で 美空ひばりの歌詞ではないけれど 気がついた時には遅かった・・・ [続きを読む]

» 野田首相が施政方針演説で野党に「決断」迫る、間違った政策を実行しても日本の国益にならないのでは [shimarnyのブログ]
おそらく野田総理は今国会を消費税の増税と議員定数の削減で推し進めようとする腹積もりなのだろう。それにしても現状に対する処方箋の羅列だけで将来どういう国にするのか示せていない。 [24日 日本経済新聞]首相、消費増税協議迫る 施政方針演説 第180通常国会が2... [続きを読む]

» 赤字転落マイナス成長 [格闘する21世紀アポリア]
 サミュエル・スマイルズ「自助論」の有名なひとくさり、「政治とは、国民の考えや行動の反映にすぎない。どんなに高い理想を掲げても国民がそれについていけなければ、政治は国民のレベルにまで引き下げられる。逆に、国民が優秀であれば、いくらひどい政治でもいつしか...... [続きを読む]

» 【政治】岡田副総理「2005年の選挙はひどかった。自民党は郵政民営化をすればバラ色というマニフェストで選挙をした」 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 岡田克也副総理兼一体改革・行政改革担当相は25日、首相官邸で毎日新聞などのインタビューに応じた。税と社会保障の一体改革をめぐる与野党協議については「世論が変われば野党もかたくなな姿勢を維持するのは難しくなる」と消費増税への国民の理解を得る重要性を指摘…... [続きを読む]

» 資料 原発事故 130 日本の根本がまちがっている [木霊の宿る町]
「日本の根本がまちがっている」nbsp; なにやら天木直人ばりの大仰なタイトルだが斧魔がいうのだからまちがいない(笑)★資料 原発事故 1  早く避難命令を出せ 今は三月十一日(金)の朝。いずれこの件は過去に遡って検証しないといけない。佐藤栄佐久の問題提起を問答無用と切った政府、検察、経産省、東電の関係者を公開の場に呼び、住民の安全をどう考えるかを一から問い直す必要がある。新たに原発を作りたいのなら東京につくったら良い。★佐藤栄佐久前福島県知事に対する収賄事件でっちあげをフォローし... [続きを読む]

» ひどい、福一2号機の東電発表で、Cs−134とCs137が英語と日本語で違ってる。&福一2号機の温度が下がらない件。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 あきれました。東電は英語版と日本語版で違ったデータを出してます。※◎ ※◎英語版:http://www.tepco.co.jp/en/nu/fukushima-np/images/handouts_120207_02-e.pdf←東電は姑息にも、その後お詫びの言葉もなく、改訂版の表示もなく、同じURLのまま英語版の方を差し替え 、日本語版に合わせた内容にしました。(※1)(2012/02/08 14:07確認)。しかし東電の姑息はTwitterで多くの方が目撃しました。シッカリ記録されました。(※... [続きを読む]

» 浜岡原発、◎迫る巨大地震(8) 取水塔に潜在的リスク 2012.2.6掲載(2/ 7 09:00)@Sアットエス静岡新聞 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 津波でやられるもなにも、その前に、浜岡原発は地震の一撃で冷却系の配管自体がやられてしまうような気がしています。浜岡はそのくらい危険な震源域の近くに位置している原発です。もし地震の一撃で冷却系配管が破壊されないとしても、浜岡は元々冷却用の取水に問題があると言うお話しです。参考・関連記事として採録しておきます。 ◎迫る巨大地震(8) 取水塔に潜在的リスク 2012.2.6掲載(2/ 7 09:00)@Sアットエス静岡新聞 http://www.at-s.com/news/detail/10009751... [続きを読む]

« 今崖っぷちにいるのは国民ではない、野田佳彦だ | トップページ | 「年金加入は損失」のタブー侵した野田内閣の地獄 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ