« 『金利為替株価特報』第146号発行日変更のお知らせ | トップページ | 日本破壊のTPPと国民生活破壊のTPR »

2011年12月 9日 (金)

財務省悪玉論を論破できない天下り擁護野田首相

野田佳彦氏が12月7日、出身校である早稲田大学で講演した内容が伝えられ波紋を広げている。
 
 野田氏の発言について、時事通信は次のように伝えている。
 
「環太平洋連携協定(TPP)の話をすると『米国の謀略説』。社会保障と税の一体改革の話をすると『財務省悪玉論』。入り口のところで変な議論が起こる」
 
 前原誠司氏の「TPPおばけ」に次ぐ、一方的な決めつけ論である。
 
 この発言について天木直人氏はブログにこう記述した。
 
「米国の意図がもっとも露骨に表れている訴訟条項(ISD条項)について国会質問で聞かれて答えられなかった不勉強な野田首相が、それを陰謀論という言葉で一蹴する粗雑な議論にあきれ果てるのだ。

 それを、国会や記者会見という公の場ではなく、何もわからない学(生)を相手に偉そうに語る野田首相の内弁慶ぶりを見るからあきれかえるのだ。

 早稲田大学におけるこの野田首相の発言は許しがたい暴言、失言である。」
 
 天木氏は増税についても野田氏が「陰謀」と表現したとしているが、報道は増税については「悪玉論」と表現したと伝えている。細部に若干の相違が見られるが、天木氏の主張は正論である。

人気ブログランキングへ

大辞林第三版(三省堂)で「陰謀」を引くと
 
(1)
ひそかに計画する,よくない企て。 「-をめぐらす」
 
(2)
[法]二人以上の者の間で,共同で犯罪を行おうという合意が成立すること。
 
とある。
 
 TPPは米国が密かに計画していることではない。TPPは米国が公然と日本に参加を要請しているもので、これに対して日本がどう対応するかが論争の対象になっている。
 
 消費税増税について、私は財務省悪玉論を展開しているが、「変な議論」でも何でもない。事実をありのままに指摘しているまでだ。
 
 野田氏の対応を見ると、小泉純一郎氏の対応と極めてよく似ている。
 
 小泉純一郎氏は2002年の年頭記者会見で、小泉超緊縮財政に対する批判に対して、むきになって反論した。当時、小泉超緊縮財政をもっとも激しく批判していたのは私だった。小泉氏の反論は、まさに私の主張に対する反論だった。
 
 つまり、草の根から発信する批判、情報が一定の効果、あるいは、大きな効果を発していることの表れであると私は判断した。
 
 結局、小泉政権は2001年度に5兆円の大型補正予算編成に追い込まれた。2002年度も同様である。それでも、この超緊縮財政政策運営が主因となって、日本経済は2003年に向けて、大不況に突入していったのである。つまり、超緊縮財政の批判は正鵠を射ていたのだ。
 

【送料無料】日本の再生 【送料無料】日本の再生

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する


 野田氏が国会という場ではなく、出身校の講演という、言わばさくらの身内しかいないような場所で、消費税およびTPPについて、反対論を「陰謀論」や「悪玉論」の言葉で表現しなければならないところまで、野田氏が追い詰められていると見ることが実情に近いのではないかと思う。
 
 メディアは懸命に、TPP反対論は農業関係者がエゴイズムで利権維持を主張しているだけだと報道しようとしているが、反対論を述べる人間はそのような低次元の主張を示していない。

人気ブログランキングへ

自由貿易の重要性を認識したうえで、TPPへの参加が日本の国益に適うのかどうかを慎重に見定めて、TPPに参加するべきでないと主張しているのである。
 
 その際、米国が米国の利益のために日本のTPP参加を要請していることは明らかである。それを野田氏が「米国の陰謀」と表現しているなら、「米国の陰謀」という見方は正しいし、野田氏がもし、米国が善意で、米国には不利益になるが日本の利益になるから日本にTPP参加を要請していると考えるなら、野田氏は完全な外交音痴ということになる。
 
 政府が主張するアジアの成長を取り込むとの視点に立つなら、TPPではなく、ASEAN+3やASEAN+6の枠組みでの自由貿易推進を軸に据えるべきである。
 
 TPPには中国もインドも韓国も入っていない。TPPはまさに、米国、オーストラリアを含むTPP参加国が日本に一次産品を売り込むための枠組みでしかないのである。

人気ブログランキングへ

また、米韓FTAの事例を見ても、排ガス規制や残留農薬、遺伝子組み換え食物に関するさまざまな国内規制が外圧によって破壊される傾向が存在していることは間違いがない。
 
 また、このTPP論議に乗る形で、財務省が混合診療の全面解禁に突き進むことが十分予想され、日本の公的医療保険制度が根底から変質させられる危険が極めて大きいのだ。
 
 農業の生産性上昇は重要な課題だが、これをコメの関税撤廃に直結させる論議は短絡的に過ぎる。日本の米作にはさまざまな重要性があり、生産性が低いから米作を消滅させて構わないとの主張はあまりにも浅はかである。
 
 
 要するに、野田氏はネットを中心に広がっている、反消費税、反TPPの論議に正面から太刀打ちできない状況に追い込まれているのだ。身内の講演においてでさえ、論理的な反論を提示できないことが、その現実を何よりも明白に物語っている。

人気ブログランキングへ

続きはメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」
 
第70号「 天下り根絶なき消費税増税の財務省悪玉論は正論
 
でご購読下さい。

 
 2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。
 
 創刊月201110-11月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。
 
 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。
 

【送料無料】日本の再生 【送料無料】日本の再生

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

<>

<>

<>

<>

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 『金利為替株価特報』第146号発行日変更のお知らせ | トップページ | 日本破壊のTPPと国民生活破壊のTPR »

野田佳彦新代表」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 財務省悪玉論を論破できない天下り擁護野田首相:

» 【社会】国家公務員のボーナス、4.1%アップの61万7100円 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 国家公務員の冬のボーナス(期末・勤勉手当)が9日、支給された。管理職を除く一般行政職(平均35.8歳)の平均支給額は61万7100円で、前年より2万4200円(4.1%)の増額となった。政府は東日本大震災の復興財源を生み出すため、ボーナスの一律1割カ…... [続きを読む]

» 原発から至近7.5kmなのに、大本営報道するカルト国家⇒警戒区域解除後、「町南部に生活拠点」 福島・大熊町長(朝日) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 この記事は、大熊町に居住していた人々の考えや意見を取材もしていなければ、行政の見解を検証する専門家に取材した記事部分もない。行政側の考えをただ垂れ流しているだけ。これって要するに大本営発表記事。  「ついにここまで来たか」、実に気味の悪い記事です。今の日本は、国・行政・マスゴミがカルトのオウム真理教状態(かと思うと、バランスをとるかのような記事も)。この国民洗脳記事を書いた関根慎一(SHINICHI SEKINE)の記事が英文朝日でないか探したら似たような記事を11月9日に書いてるのを見つけました... [続きを読む]

» The Last Corrupt Banker [Tokyonotes 東京義塾]
とある友人が書評を書いてきて送ってくれた。西川善文元住友銀行頭取の回想録、ザ・ラストバンカー、西川善文回顧録の書評である。 当方ブログも書評なりを掲載しようと考えていたが、外国証券との取り引きのことなどほおかむりを決め込んでいるから、読むに値しない回想録で、高杉良氏が、経済小説で新潮社から出版した「虚像」の下巻で、闇の部分を小説にしてベストセラーにもなっているので、当方ブログは書評を書くまでもない... [続きを読む]

« 『金利為替株価特報』第146号発行日変更のお知らせ | トップページ | 日本破壊のTPPと国民生活破壊のTPR »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ