« 日本と野田佳彦氏の命運を分かつ日 | トップページ | 日本を破壊する売国どじょうの駆除が急務 »

2011年11月11日 (金)

野田佳彦氏結論表明先送りに狼狽する古舘伊知郎

野田佳彦氏が11月10日の記者会見を見送った。

考えられる理由は三つある。
 
(1)
本当に迷っている
 
(2)
「慎重に判断する」とのアリバイ作り
 
(3)
交渉参加見送りのためのワンクッション。
 
 (2)であるなら、野田佳彦氏は本当のワルである。
 
 民主党のプロジェクトチームの提言には、
 
「党PTの議論では『時期尚早・表明すべきではない』『表明すべき』との賛否両論があったが、前者の立場に立つ発言が多かった。政府には、以上のことを十分に踏まえた上で、慎重に判断することを提言する」
 
とある。
 

【送料無料】日本の再生 【送料無料】日本の再生

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 文字を文字として杓子定規に解釈すると、「慎重に判断する」ことが提言されており、交渉参加に反対することを提言してはいない。
 
 山田正彦氏が農業関係団体の運動員に、「なぜ慎重ではなく反対の文字を盛り込まなかったのか」と詰め寄られていたが、もっともな批判ではある。
 
 
 しかし、野田佳彦氏が参加表明をする場合には、初めから、結論は米国の指令によって決定されていたものと考えられ、プロジェクトチームの提言とは無関係であり、その意味では農業関係者の批判は的外れである。
 
 
 三つの仮説のうち、もっとも可能性が高いのは(2)だ。
 
 この場合には、野田氏は首相としてのリーダーシップを発揮して結論を示すが、その際に、民主党のプロジェクトチームの提言に記述された、「慎重に判断する」の提言を踏まえたとの説明を付け加えるのだ。
 
 子供だましの三文芝居どころか、カネを取れるような芝居でない。
 
 
(1)
の、「本当に迷っている」が真実であれば、野田氏に人間としての感覚が残されているということにはなるが、首相の大任を負う器量がないということになる。
 
 国民の幸福の視点に立って、熟慮に熟慮を重ねて、この期に及んで首相としての結論を示せぬなら、国を運営することなど不可能だからだ。

人気ブログランキングへ

唯一、評価できるのは、(3)の場合だ。
 
 この場合のみ、野田佳彦氏に対する評価を修正することにする。同時に野田佳彦政権打倒運動に突入するのを、いったん見送ることとする。
 
 しかし、消費税問題での憲法違反は重大であり、野田佳彦氏をプラスに評価することはできない。
 
 ただ、「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」
 
である。野田氏が過ちに気付き、軌道修正できる器量を持つなら、すべての問題を見直す可能性はゼロではなくなる。
 
 消費税問題も改めれば良いだけのことだ。

人気ブログランキングへ

現実には(2)の、参加表明の大義名分作りの可能性が高いのではないか。
 
 記者会見を1日ずらす行動を、「慎重に判断する」を反映させたと主張するのだろう。
 
 この場合には、野田佳彦氏を許すことはできない。
 
 また、この期に及んで、判断がつかないということはあり得ないから、(1)の可能性を排除する。
 
 つまり、現実の可能性は(2)(3)だ。結論が重要であり、結論表明を1日ずらしたなどという「糞芝居」に幻惑されるべきでない。
 
 結論提示を先送りして、国内で避難の集中砲火を浴びないうちにハワイに飛び立ってしまおうというのも狙いのひとつなのだろう。

人気ブログランキングへ

だが、野田佳彦氏が記者会見を1日ずらしたために、新たに重要な事実がクローズアップされることになった。
 
 それは、マスメディアが記者会見の1日延期に対して、驚くべき狼狽ぶりを示したことだ。
 
 これらのメディアは、狼狽しながら、「結論は変わらない」との見解を根拠なく絶叫し続けた。
 
 この国のマスメディアとは一体何者なのか。
   
 
 テレビ朝日の古館伊知朗氏の狼狽ぶりが際立っていた。他局も、TPP交渉への参加を既定事実として報道しようと懸命だった。

  
 ・・・・・
 
 続きはメルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」第42号でご購読下さい。
 
 2011101日より
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。
 
 創刊月201110月は、
このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。
 
 メールマガジンの購読お申し込みは、
こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

【送料無料】日本の再生 【送料無料】日本の再生

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

<>

<>

</table

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 日本と野田佳彦氏の命運を分かつ日 | トップページ | 日本を破壊する売国どじょうの駆除が急務 »

TPP」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野田佳彦氏結論表明先送りに狼狽する古舘伊知郎:

» 「TPP」は流行語にノミネートするでしょうか?などとほざく、マスコミの愚 [ぢゃがいもの冒険~人生は経験と感動~]
TPP反対!交渉の場に立つ、意味がわかんない。反対!  一昨日の夜、高井戸から小金井に帰ってくると近くの商店街に多くの「客引きの人」を見た。いっつも立ってる居酒屋さんだけでなく、「お店の存在は知ってるけど、客引きさんを見るのは初めて」ってお店まで、一生懸命「... [続きを読む]

» 【コラム】日本は20年間で家計所得が100万円減 英米仏は2-2.5倍増--大前研一氏 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
景気低迷が続いている。大前研一氏は、景気反転のカギとして「三大出費」を軽減することを指摘。中間層に所得100万円増の政策を打ち出せば、景気回復に効果があると述べている。 * * * 子ども手当制度が10月から一部変更になり、対象世帯には各自治体から再申請の手…... [続きを読む]

« 日本と野田佳彦氏の命運を分かつ日 | トップページ | 日本を破壊する売国どじょうの駆除が急務 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ