« 米国民衆デモ指摘「分配問題」が21世紀最重要課題 | トップページ | 暴走する反国民野田政権を速やかに退場させる法 »

2011年10月10日 (月)

究極の売国政策TPP推進の旗を振る読売新聞

日本を主権者国民のために存在する国ではなく、米国・官僚・大資本の利益のために存在する国のまま、現状を固定しようとする利権複合体。これが米・官・業・政・電の五者=悪徳ペンタゴンである。
 
 2009年8月総選挙で、主権者である国民は、この日本政治構造を刷新するために政権交代を成就させた。
 
 米国・官僚・大資本のための日本


 
 主権者国民のための日本
 
に転換させるためだった。

人気ブログランキングへ

小沢-鳩山ラインが民主党内の実権を維持して、政権を存続させていたなら、米官業による日本支配の構造は、確実に破壊され始めたに違いない。
 
 これが、小沢-鳩山ラインが激しい攻撃を受け続けてきた主因である。マスメディアの狂気の小沢-鳩山攻撃は完全に常軌を逸している。
 
 主権者国民が創出した鳩山新政権は2010年6月に破壊され、その後、菅直人政権が樹立された。菅直人政権は自滅して、本年9月に野田佳彦政権が樹立された。
 
 しかし、菅直人政権と野田佳彦政権は、国民の意思を反映した政権ではない。また、2009年8月総選挙に際して、鳩山民主党が主権者国民と約束した政権公約=マニフェストは、菅直人政権、野田佳彦政権により、一方的に破棄されている。
 
 主権者国民は菅直人政権と野田佳彦政権を、マニフェスト選挙詐欺で刑事告発するべきだと思う。
 
 民主主義政治における時の政権の唯一の正統性の根拠は、主権者の信託を受けているということだ。時の政権が政党内の党首選挙などの手続きを経て政権を樹立したとしても、主権者国民による負託がなければ政権としての正統性を保持し得ない。
 
 この意味で、菅直人政権は国民から明確に不信任の審判を受けた政権だったから論外だったが、野田佳彦政権も国民による負託を受けていない点で、正統性を有していない政権である。

人気ブログランキングへ

これまで繰り返し指摘してきたように、11月までの1ヵ月間の最重要事項はTPP問題である。9月21日にニューヨークで行われた日米首脳会談で野田佳彦氏はTPP問題について、
 
「議論を積み重ね、できるだけ早い時期に結論を出したい。」
 
と述べたと報道されている。
 
 結論を出すには当然、議論を積み重ねる必要がある。極めて強い、しかも正当性のある主張がTPP交渉参加反対の側から提示されているから、よほど本格的な議論を積み重ねない限り、TPP交渉参加の結論には至らないはずだ。
 

TPP亡国論 (集英社新書) Book TPP亡国論 (集英社新書)

著者:中野 剛志
販売元:集英社
発売日:2011/03/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気ブログランキングへ

ところが、読売新聞が以下の記事を掲載した。
 
「野田首相は、11月にハワイで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、環太平洋経済連携協定(TPP)への交渉参加を表明する意向を固め、関係省庁に参加表明に向けた準備に着手するよう指示した。
 
 複数の政府関係者が8日、明らかにした。APECの加盟国のうち、米国など9か国がTPPの大枠合意を目指して交渉を進めており、首相は、ルール策定段階から日本が関与することが必要だと判断したとみられる。
 
 TPP参加を巡っては、関税が下がることで国内市場が外国産品に席巻されることを懸念し農業団体などが反発している。与党内では農業関係議員らが議員連盟を結成し参加反対を求める署名活動を行っている。政府内でも、鹿野農相らが交渉参加に慎重な構えを崩していない。首相が今後、政府・与党や関係団体をどう調整するかが焦点になる。」
 
20111090633  読売新聞)
 

人気ブログランキングへ


「米・官・業・政・電」の悪徳ペンタゴンのなかでも極悪の存在がある。
 
 日本を支配する勢力の中心に米国がおり、この米国の手先となって、情報空間をコントロールし、実際に行政の意思決定に反映させ、また、政敵を抹殺するための実働部隊である。
 
 これが、
検察  :  Prosecutor
米国  :  USA
財務省 :  ministry of inance
NHK :  NHK
読売  :  Yomiuri
の五者で、私は新悪徳ペンタゴンと呼んでいる。略称は頭文字をとって、
PUFNY(パフニ)だ。
 
 この読売が10月9日6時33分に上記記事を配信した。

人気ブログランキングへ

日本のTPPへの参加は、間違いなく将来に大きな禍根をもたらす。主権者国民は、主権者の信託を受けていない野田佳彦政権の暴挙=究極の売国政策を絶対に許してはならない。
 
 
 ・・・・・
 
 続きは、
「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第10でご購読下さい。
  
(有料メールマガジンサイト「フーミー」より
「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」を10月1日より配信開始いたしました。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。
 なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、
info@foomii.comまでお願い申し上げます。)

人気ブログランキングへ

週刊 ダイヤモンド 2011年 9/10号 [雑誌] Book 週刊 ダイヤモンド 2011年 9/10号 [雑誌]

販売元:ダイヤモンド社
発売日:2011/09/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書) Book FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)

著者:広瀬 隆
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 米国民衆デモ指摘「分配問題」が21世紀最重要課題 | トップページ | 暴走する反国民野田政権を速やかに退場させる法 »

TPP」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 究極の売国政策TPP推進の旗を振る読売新聞:

» 小沢潰しと闇組織 [DelightChannel 政治と人権ブログ]
明宮旦佳 10月10日のヘッドライン ********************* [続きを読む]

» 誤導社説を載せる読(者)売新聞、TPP参加問題 [政治の本質]
2010年7月まで財務次官(財務省のトップ)を務めていた丹呉泰健氏が、社外監査役として天下りしている読売新聞。 あまりに、頻繁に財務省の省益を代弁する記事と社説を載せるので、「日刊財務省新聞」...... [続きを読む]

» 小沢氏裁判マスゴミ極限腐敗。アメリカ支配(=左翼支配)。 [大辛カレーのブログ]
小沢氏が「今までのケースだったら訂正指示で済んだのに私は裁判に掛けられている」な [続きを読む]

» [国内政治]政府がTPPを推進する本当の理由とは? [ニュースの真相]
野田佳彦首相がTPP参加の議論開始を指示したそうです。議論開始の指示というと、婉曲的で分かりにくいですが、要は、反対派を懐柔したり、国民を納得させる方法を考えろ!という指示になります。つまり、TPP参加に、やる気まんまん!という事になります。 TPPで議論開始を指... [続きを読む]

» 【エネルギー】地熱発電 再び脚光--日本の地熱資源量は世界3位、原発20基分 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
地下に十分な熱水のたまり場があるかを探る技術者ら=先月14日、北海道赤井川村の阿女鱒岳で(東条仁史撮影)  ぬかるむ道を車に揺られて山奥へ進んだ。地元通からは「ヒグマに気をつけて」と言われた。九月中旬、北海道小樽市から南へ十数キロ離れた阿女鱒(あめます…... [続きを読む]

« 米国民衆デモ指摘「分配問題」が21世紀最重要課題 | トップページ | 暴走する反国民野田政権を速やかに退場させる法 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ