« 米倉経団連会長が高い倫理が基本と語る滑稽さ | トップページ | 野田佳彦政権の非正統性を証明する七つの大罪 »

2011年10月13日 (木)

TPPの罠はやはり日米会談で仕掛けられていた

9月23日付本ブログ記事

「野田佳彦首相お披露目日米首脳会談に隠された罠」
 
と同時に、
 
「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」
に9月23日、創刊準備第1号として、
 
「野田佳彦首相お披露目日米首脳会談に仕掛けられた罠」
 
と題する記事を掲載した。
 
 9月21日の日米首脳会談の焦点は何であったのかという問題だ。
 
 当時のメディア報道を見ると、普天間基地移設問題=日米合意の履行問題について、オバマ大統領が
 
「結論を求める時期が近づいている。」


と発言し、異例の強いトーンで日本側の対応を求めたことを強調して伝えていた。
 
 他方、TPP交渉参加問題については、野田首相が
 
「議論を積み重ね、できるだけ早い時期に結論を出したい。」
 
と述べたことだけが伝えられていた。

人気ブログランキングへ

この日米首脳会談について、私は、オバマ大統領の真意は、TPPへの交渉参加を日本に強く求めた点にあったのではないかと推察した。
 
 表向きは普天間問題でプレッシャーをかけるように見せかけるが、本音でプレッシャーをかけてくるのはTPP問題だと読んだのである。
 
 メルマガ版『知られざる真実』には次のように記述した。
 
「しかし、単純にそう読むのではない、別の見方が浮上するのだ。
 
 オバマ大統領の本当の狙いは、TPPにある。アジア諸国と米国にとってだけ、大きなうま味のある日本のTPP参加を何としても獲得したいのではないか。普天間問題よりもTPPにこそ、直接的には米国の強い関心があるのではないか。これを直接求めると、かえって反発を招きかねないから、逆に普天間にウェイトを掛ける姿勢を示したのだ。
 
 普天間問題でプレッシャーをかけて、これを「てこ」として、「てこ」の作用で、日本のTPP参加検討の回答を得ようとしているのではないかと私は思う。
 
 今年のAPEC総会は11月11-12日に、ハワイのホノルルで開催される。ハワイと言えば、オバマ大統領の故郷である。この故郷でのAPEC総会開催で、日本のTPP参加表明を勝ち取る。これが、オバマ大統領の最大の再選戦略になるのだ。
 
 日本は絶対にTPPに参加するべきでない。日本の関税率は国際比較で十分に低い。これ以上引き下げるメリットは乏しい。日本のGDPのわずか17.6%しか占めていない製造業の一部が強く求めているだけで、反対側に生じる極めて大きな弊害を見落としてはならない。
 
 10月はTPP論議の月になる。野田佳彦氏は「議論を積み重ね」と発言したようだが、政府が議論している姿を見たことがない。唐突にTPP参加が表明されぬよう、最大の監視が必要だ。」

人気ブログランキングへ

まさに、警戒した通りの現実が浮上し始めている。
 
 昨日付のメルマガ版『知られざる真実』はタイトルを、
 
「TPPは現代版マンハッタン計画のトロイアの木馬」
 
とした。物騒なタイトルである。
 
 マンハッタン計画とは、第二次大戦中、枢軸国の原子爆弾開発に対抗するため、米国がロバート・オッペンハイマーなどをリーダーとして、原爆開発のために策定した科学者・技術者を総動員した巨大プロジェクトである。米国はこの計画の一環として、広島にリトル・ボーイを、長崎にファットマンという名の原子爆弾を投下して、数十万人の日本の一般市民を殺戮した。この非人道的な蛮行を実行した米国に隷属して売国的な行動を示す日本人が急増しているのが昨今の情勢である。
 
 TPPは米国が日本経済に侵略し、日本の文化と伝統を破壊するために仕掛けた経済兵器である。トロイアの木馬なのである。
 
 このトロイアの木馬を日本に持ち込むことに加担する者が日本国民のなかにもいる。それが、政権内部というよりも、政権中枢に潜んでいるというのだから、ただごとではないのである。
 
 映画「ラスト・サムライ」は、日本の中枢が売国奴に占領されてゆくストーリーであるが、この実写版が現在、内閣総理大臣官邸で実演されているのである。

人気ブログランキングへ

毎日新聞が日米首脳会談について、次の報道を行った。
 
 タイトルは、
「米大統領:TPP参加を野田首相に迫る 首脳会談で」
である。
 
 一部を転載して解説する。
「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を巡り、オバマ米大統領が9月21日にニューヨークで行われた日米首脳会談で、野田佳彦首相に対し早期の交渉参加を要請していたことが12日、分かった。」
 
(中略)
 
「首相は首脳会談後、TPP参加について、11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)までの決着を視野に、政府・民主党に議論を始めるよう指示している。結論を急ぐ背景に、米大統領の強い意向があったことが明らかになった。」
 
 やはり、日米首脳会談におけるオバマ大統領の最重要事項は普天間ではなく、TPPだったのだ。
 
 そして、野田佳彦氏が米国のポチ3号であることも明白になった。ポチ1号は小泉純一郎氏、ポチ2号は菅直人氏、そして、野田佳彦氏が晴れてポチ3号を襲名披露することになった。
 
 
 ・・・・・
 
 続きは、
「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第13でご購読下さい。
  
(有料メールマガジンサイト「フーミー」より
「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」を10月1日より配信開始いたしました。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。
 なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、
info@foomii.comまでお願い申し上げます。)

人気ブログランキングへ

TPP亡国論 (集英社新書) Book TPP亡国論 (集英社新書)

著者:中野 剛志
販売元:集英社
発売日:2011/03/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書) Book FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)

著者:広瀬 隆
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 米倉経団連会長が高い倫理が基本と語る滑稽さ | トップページ | 野田佳彦政権の非正統性を証明する七つの大罪 »

TPP」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TPPの罠はやはり日米会談で仕掛けられていた:

» 創立663年目?? [ぢゃがいもの冒険~人生は経験と感動~]
 プラハ大学…創立1348年  日本では「南北朝時代」にできた大学なんだって。小林さんが「医学」を勉強されてる大学です。すげー。よくわっかんねー  自分の常識で捉えられる範囲の外のことって、よくわかんないですよね。。  昨日の若者討論会は、それはそれは刺激... [続きを読む]

» 日本は環太平洋戦略的経済連携協定交渉に参加できる状態どころではないとNZ学者 [マスコミに載らない海外記事]
2011年7月19日火曜日 日本におけるTPPに関する講演旅行から帰国したばかりのジェーン・ケルシー教授によれば、‘日本は、政治的、経済的、心理的に、環太平洋戦略的経済連携協定交渉に参加する状況にない’。 ケルシー教授は、TPPを考える国民会議によって、日本に招待された。国民会議のメンバーには交渉への日本参加を巡る公的... [続きを読む]

» 資料 原発事故123 園田内閣府政務官の職務怠慢 [木霊の宿る町]
一ヶ月ぶりの原発事故シリーズです。シリーズを更新しなかったあいだも原発事故の情報は毎日追いかけています。さて、七月におのまの弟が逝った直後には警察が調査にきたそうです。マンションでの孤独死ですから事故死、事件の可能性などを調べるわけで特段めずらしいことではありません。というかそうするのが当然なのです。親族の我々はシロート、弟の死因を特定することができるはずもありません。ところが・・・今を遡ること半年前、フクイチで三人の原発作業員が死んだという報道がありました。多くの人が被曝死だと疑ったのは当然ですが... [続きを読む]

» [国内政治]秘密保全法の真相とは? [ニュースの真相]
政府が秘密保全法という法案を、来年早々の国会に提出するそうです。要は、防衛・外交・治安維持に関する重要な情報を「特別秘密」として、それを公務員が漏らした場合は罰を与えるという事。 秘密保全法、通常国会提出へ=漏えいに最高懲役10年検討時事通信 10月7日(金)2時... [続きを読む]

» 【検証】女性はなぜ出世しないのか――悪いのは男? 女? [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 男女雇用機会均等法の施行から25年。新卒採用では、男女が区別なく競い合うようになった。だが、女性が昇進し、男性と対等な地位を確立したわけではない。日本の女性管理職比率は約10%。これは韓国と並び世界最低レベルだ。  なぜ日本では、女性の管理職がこうも少な…... [続きを読む]

» 世田谷の放射線、床下のラジウムから 原発は無関係 - 民家所有者「初めて見た」 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 東京都世田谷区弦巻の区道で最大で毎時3.35マイクロシーベルトと周辺より高い放射線量が検出された問題で、区は13日、隣接する民家の床下にあるビンから極めて高い放射線量を検出したと発表した。毎時30マイクロシーベルトまで計測できるメーターが振り切れたという。文…... [続きを読む]

« 米倉経団連会長が高い倫理が基本と語る滑稽さ | トップページ | 野田佳彦政権の非正統性を証明する七つの大罪 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ