« 野田佳彦政権の非正統性を証明する七つの大罪 | トップページ | 小沢一郎氏への不正な権力濫用を許してならない »

2011年10月15日 (土)

不正工作・隠ぺい・責任逃れ最悪九州電力最高幹部

九州電力の「やらせメール」シンポジウム問題について、九州電力は弁護士の郷原信郎氏を委員長とする第三者委員会に調査を依頼した。第三者委員会は9月30日に報告書を提出した。
 
 第三者委員会は事実関係を綿密に調査し、極めて客観的にかつ公平に問題の所在を明らかにしたうえで、九州電力経営者の責任を厳しく問う報告書をまとめた。
 
 これに対して九州電力は、「やらせメール」問題は古川康佐賀県知事が九州電力との密会の際に要請したことを受けて九州電力が組織ぐるみで行ったものであるとの第三者委員会の指摘に対して、これとは異なる独自の見解をまとめて発表していた。
 
 九州電力の独自の見解は、佐賀県知事は「やらせメール」要請をしてはおらず、この知事発言の真意を汲み取りそこなって作成された発言メモが発端となって問題が発生したとするものである。

人気ブログランキングへ

九州電力は最終的に第三者委員会の認定を無視する独自の見解に基づいて問題の経緯や再発防止策をまとめた最終報告書を、9月14日、経済産業省資源エネルギー庁に提出した。眞部利應社長と松尾新吾会長については役員報酬を3カ月間、全額カットとする処分を決めたが、留任する。
 
 9月14日夕刻に記者会見を行った真部利應社長は、
 
「辞任届を提出していたが、臨時取締役会は受理しなかった。多難な道のりだが課題解決に全力で取り組みたい」と述べて、社長続投の意向を表明した。
 
 眞部社長は7月の衆院予算委員会で辞任の意向を表明していたが、この意向を撤回する行動を示した。

人気ブログランキングへ

他方、同じような問題が北海道電力でも広がっている。
 
 北海道電力でも泊原発(北海道泊村)を巡る「やらせ」問題が浮上しており、北海道電力も九州電力と同じように第三者委員会を設置して調査にあたらせた。
 
 市川茂樹弁護士を委員長とする第三者委員会は9月14日、調査報告書を発表した。
 
 報告書では、泊原発3号機のプルサーマル計画を巡る国や道のシンポジウムで北電の組織的関与があったとしたほか、道民からの意見募集の際に道職員が北電に地元から賛成意見を出させるよう要請していたと指摘した。

人気ブログランキングへ

これに対して北海道の高橋はるみ知事は、
「報告書が道の確認した内容と異なっているのは大変残念。道の関与は全くない。」
と調査委員会の報告書の内容を否定する発言を示している。
 
 高橋知事は経済産業省の官僚OBであり、父親と弟が日本海ガスの社長を世襲で務めている。もとより、経産省資源エネルギー庁人脈に位置付けられる人物である。

人気ブログランキングへ

3.11の震災、原発事故がどれだけの災厄をこの国の民にもたらしたのかをまったく正面から受け止めていない。
 
 この国に巣食う政治の支配者=米官業トライアングルの暴走と無責任体質、そして、これを市民目線で追求しようとしない腐敗した御用メディアが、この国の凋落を加速させている。
       
 ・・・・・
 
 続きは、
「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第15でご購読下さい。
  
(有料メールマガジンサイト「フーミー」より
「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」を10月1日より配信開始いたしました。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。
 なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、
info@foomii.comまでお願い申し上げます。)

人気ブログランキングへ

TPP亡国論 (集英社新書) Book TPP亡国論 (集英社新書)

著者:中野 剛志
販売元:集英社
発売日:2011/03/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書) Book FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)

著者:広瀬 隆
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 野田佳彦政権の非正統性を証明する七つの大罪 | トップページ | 小沢一郎氏への不正な権力濫用を許してならない »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不正工作・隠ぺい・責任逃れ最悪九州電力最高幹部:

» 林雨 第六十七回 日本の活断層  [木霊の宿る町]
nbsp; 林雨 第六十七回 日本の活断層 小野冬生 nbsp; 筆者は七月に、そして九月から十月にかけてそれぞれ十日ほど日本を訪れました。 nbsp; 七月のときは飛行機が遅れインチョン空港から羽田空港に着いたのは夜中ちかく、リムジンで宿のある箱崎へ向かっているあいだはこの瞬間、刻々と放射能に汚染されつつあるのだという思いに囚われてなにか自分がSF映画に入り込んだような気がしたものです。 nbsp; 十月には郡山市に行ったのでさらなる放射能に... [続きを読む]

» 【韓国】サムスンがアップルとの訴訟合戦で4連敗! 韓国内からは「これ以上の負けは致命的」との声 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
韓国サムスンと米アップルが世界各地で繰り広げている特許合戦で、サムスンが次々と敗北している。オランダのハーグ地方裁判所は14日(現地時間)、サムスンが自社の特許を侵害したとして、アップル製品の販売差し止めを求めた仮処分申請を棄却した。 サムスンの敗北は…... [続きを読む]

« 野田佳彦政権の非正統性を証明する七つの大罪 | トップページ | 小沢一郎氏への不正な権力濫用を許してならない »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ