« 野田佳彦氏はLeaderではなく財務省原稿のReader | トップページ | 野田佳彦氏と小泉元首相・与謝野馨氏は同じ穴の貉 »

2011年9月 5日 (月)

自民党と第二自民党の二大政党制は日本の終わり

2006年4月に小沢一郎氏が民主党代表に就任して以来、日本の支配者は小沢一郎氏を警戒し続けた。その理由は極めて単純である。小沢一郎氏が日本の既存秩序、すなわち、利権複合体による日本支配の構造を破壊する可能性を認識していたからである。
 
 日本を支配する利権複合体を構成する勢力とは、米国、官僚、大資本を軸とし、その手先として活動する利権政治屋と電波産業である。この米・官・業・政・電の利権複合体を私は悪徳ペンタゴンと称しているが、戦後日本の政治はこの悪徳ペンタゴンによって支配され続けてきた。
 
 この構造を打破し、新たに主権者国民が支配権を持つ政治構造を確立することが、日本における政治革命である。小沢一郎氏が掲げた「国民の生活が第一」のスローガンに、この意識が示されていた。
 
 財務省と米国と結託した竹下登氏が「三宝会」なる秘密組織を立ち上げて、メディアによる小沢一郎氏攻撃を組織的に展開して現在に至っていることも、米官業の利権複合体が小沢一郎氏を最大級に危険視してきたことの表れである。
 
 小沢一郎氏が民主党代表に就任して、初めて日本の政治革命実現の可能性が広がった。岡田克也氏、前原誠司氏が指揮した民主党が壊滅寸前の状況に追い込まれたときに、小沢一郎氏が民主党代表に就任した。これを契機に民主党は大躍進を遂げ、2007年の参院選に勝利し、政権交代実現に迫った。
 
 しかし、この間も、2007年秋には大連立騒動、2008年春には日銀幹部人事、2008年秋には民主党代表選での複数候補擁立要請などのできごとのなかで、小沢一郎氏を失脚させようとする活動が活発に展開された。

人気ブログランキングへ

これらの工作活動がすべて失敗に終わり、遂に悪徳ペンタゴンは禁断の領域に手を染めた。検察権力を不正に利用して、小沢一郎氏の政治生命を脅かす行動に踏み出したのである。この第一弾が2009年3月3日の大久保隆規氏の不当逮捕である。この逮捕を原因として小沢一郎氏は同年5月11日に民主党代表職を辞任する意向を表明した。
 
 しかし、のちになって、この3月3日の大久保氏逮捕が世紀の大誤認逮捕だったことが判明する。マスメディアがこの重大事実を報道していないから、いまだにその事実すら国民には知らされていない。
 
 つまり、本来は2009年8月総選挙を通じて小沢一郎政権が誕生していたのである。しかし、この小沢一郎政権は、悪徳ペンタゴンによる西松建設事件ねつ造冤罪大久保氏不当逮捕によって阻止されたのである。
 
 2009年9月に発足した鳩山政権は、米官業による日本支配を主権者国民支配の構造に変革しようとした政権であった。この鳩山政権が実績をあげて2010年7月参院選を勝利したら、日本の政治革命はとりあえず完成の域に達するところであった。
 
 悪徳ペンタゴンは2010年7月参院選で民主党を敗北させることに全力を注いだ。マスメディアに民主党小沢・鳩山攻撃に全力を注がせた。さらに、検察は2010年1月に民主党石川知裕衆議院議員の逮捕にまで進んだ。しかし、検挙の事由は文字通り重箱の隅を突くほどのものでしかなかった。
 
 鳩山政権は普天間問題の処理で失敗し、内閣総辞職に追い込まれた。この機に乗じて悪徳ペンタゴンは民主党内の悪徳ペンタゴン勢力を動員して、民主党内でのクーデターを挙行し、権力を主権者国民勢力から強奪させた。
 
 2010年9月の民主党代表選では、小沢一郎氏が立候補し、権力の奪還を試みたが、メスメディアによる激しい小沢氏攻撃と限りなく黒に近い不透明な選挙により、権力奪還が実現しなかった。

人気ブログランキングへ

菅直人氏の失政は覆いようがなく、今回の代表交代になったが、今回の代表選では海江田陣営が中間勢力を陣営に引き入れることができずに、権力奪還にまたしても失敗してしまった。
 
 悪徳ペンタゴンが狙うのは、日本の二大政党制を、米官業の支配構造を支持する二つの勢力に担わせることである。米官業の支配体制を構築してきたのは自民党であるが、この自民党とほぼ変わらない、別の勢力を打ち立てて、この勢力と自民党との二大政党体制を構築すれば、今後、何度政権交代が実現しても、米官業による日本政治支配の構造は変わらない。
 
 利権複合体は、民主党内の主権者国民勢力の殲滅(せんめつ)を狙っている。このまま、民主党の実権を利権複合体派が握り続け、民主党内の主権者国民勢力が自然消滅すれば、まさに利権複合体勢力の思うつぼになる。

人気ブログランキングへ

この状態を打破するための方策は二つしかないと思われる。
 
 ひとつは、2012年秋の民主党代表選で、主権者国民勢力が民主党代表ポストを奪還し、民主党をもう一度、主権者国民政党に変質させることである。小沢一郎氏が代表選に立候補して、この道を実現するのが最も分かりやすい道である。
 
 もうひとつは、民主党内の主権者国民勢力が民主党から離脱して、新たに主権者国民勢力を糾合して、新政党を樹立することだ。現在の民主党執行部は自民党、公明党と連携して政権を維持するだろう。
 
 主権者国民勢力新政党は次の総選挙での政権奪取を目指すことになる。
 
 いずれの道を進むのが良いのか。今後の状況を見極めつつ進まざるをえない。震災復興対策をこれ以上、先送りすることも許されない。政局の混乱が長期化すれば、政治が本来の役割をまったく果たせない状況が持続してしまう。
 
 米官業による日本政治支配の構造を打破しなければならないことは明確である。悪徳ペンタゴンの巻き返しにより、日本政治刷新の大目標はとりあえず、やや遠のいたことは否めない。しかし、ここでさじを投げてしまえば、すべては終わってしまう。主権者国民勢力による権力奪還を主権者国民があくまでも追求してゆかねばならない。

人気ブログランキングへ

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書) Book FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)

著者:広瀬 隆
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<>

<>

<>

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 野田佳彦氏はLeaderではなく財務省原稿のReader | トップページ | 野田佳彦氏と小泉元首相・与謝野馨氏は同じ穴の貉 »

野田佳彦新代表」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党と第二自民党の二大政党制は日本の終わり:

» 「削れるところ」は、本当にないのか? [ぢゃがいもの冒険~人生は経験と感動~]
今日のとくダネは「安住財務大臣」をよいしょしてた。 安住淳第15代財務大臣 「高校生のとき応援団の副団長で、泥臭く質実剛健に生きることをこのとき学んだ」とかなんとか。 野田内閣の支持率はV字回復して70なんとか%まであがったとかどうとか。 で、この安住大臣は被... [続きを読む]

» 【対談】国民のレベル、政治家のレベル [格闘する21世紀アポリア]
Introduction:9月1日のエントリー「官僚と塩漬けにされた金」について、Facebookの友人、藤田正夫氏との対談である。 ■藤田正夫氏  今、日本での社会の構造が変わりつつあります。  外国の首脳は40代から50代ですが、日本もようやく50代になってきました。ここで...... [続きを読む]

» 【台風12号】 また想定外? 野田新政権、対策本部立ち上げは上陸から1日半経過後。対するアメリカオバマは強制避難命令!! [政治経済ニュース・今私の気になる事]
またしても「想定外」? 水害対応、野田政権も緩慢さ露呈  8月30日から広い範囲で大雨をもたらしている台風12号による甚大な被害で、政府は5日も救助活動や情報収集など災害対応に追われた。だが、野田佳彦内閣が非常災害対策本部を立ち上げたのは4日夜になって…... [続きを読む]

» 野田政権は自公との「大連立」めざし日本を破壊する! [杉並からの情報発信です]
経済学者植草一秀氏は昨日のブログ記事「自民党と第二自民党の二大政党制は日本の終わり」で、小沢一郎氏をターゲットにした一連の政治弾圧は 誰が仕掛けどのような目的でなされてきたのかを的確に総括されています。 そして野田政権が第二の自民党となって自民党と公明...... [続きを読む]

« 野田佳彦氏はLeaderではなく財務省原稿のReader | トップページ | 野田佳彦氏と小泉元首相・与謝野馨氏は同じ穴の貉 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ