« NHKを偽計業務妨害罪で刑事告発するべきだ | トップページ | 野田佳彦政権は直ちに財務天下りを全面禁止せよ »

2011年9月 1日 (木)

野ダメ菅クタービレタ政権の経済政策方針の誤り

民主党代表選で焦点が当てられた経済政策の争点とは以下の五点である。
 
①景気回復と財政再建のいずれを最優先改題とするか。
 
②震災復興政策の財源調達の方法に復興増税を実施するか。
 
③消費税増税の法律整備を今年度中に実施するか。
 
④日銀の追加的な政策対応を求めるか。
 
⑤TPPを推進するか。
 
 野田氏の基本方針は以下の通り。
 
①財政再建を優先する。
 
②復興増税を実施する。
 
③消費税増税の具体的法整備を今年度中に成し遂げる。
 
④不明
 
⑤不明
 
 野田氏の経済政策の基本は、緊縮財政である。増税を次から次に実施しようとする姿勢が鮮明である。

人気ブログランキングへ

しかし、主権者国民と民主党との間で増税は禁じられている。2009年8月総選挙で、鳩山前首相は2013年秋の衆議院任期満了までは消費税増税を行わないことを明言。当初は論議もしないと明言した。
 
 この鳩山民主党が主権者国民の信を得た。増税をしない、決めないというのが民主党と主権者国民の契約内容である。
 
 それにもかかわらず、野田氏は消費税大増税を具体的に決定する法改正を2011年度中に実現する方針を示している。消費税は早晩、10%にまで引き上げられる。
 
 震災復興政策の財源として、財務省は復興債を発行し、この復興債を復興増税によって償還する方針を示している。
 
 しかし、復興対策による支出で作られるインフラ資産は長期にわたって効用を発揮するものである。このようなインフラ資産を整備するための財源調達手段である建設国債について、日本では60年で償還するルールを設けてきた。
 
 震災復興政策によって作られるインフラ資産も当然のことながら、60年間効用を発揮し続けるものだ。そうであれば、短期間に増税で穴埋めすることは合理的でない。将来世代が負うべき負担を現代世代が負うことは、受益と負担の適正な関係を歪めてしまう。

人気ブログランキングへ

消費税について、マスメディアは野田氏が、「日本は法治国家だから、2011年度中に法案を成立させることが当然である」との見解を示したことを支援してきたが、野田氏が取り上げている増税強行決定の根拠である所得税法附則104条とは以下のものである。
 
附則
 
(税制の抜本的な改革に係る措置)
 

104条 政府は、基礎年金の国庫負担割合の2分の1への引上げのための財源措置並びに年金、医療及び介護の社会保障給付並びに少子化に対処するための施策に要する費用の見通しを踏まえつつ、平成20年度を含む3年以内の景気回復に向けた集中的な取組により経済状況を好転させることを前提として、遅滞なく、かつ、段階的に消費税を含む税制の抜本的な改革を行うため、平成23年度までに必要な法制上の措置を講ずるものとする。
 
 この条文をよく読めば、条文が示している内容を理解できる。2008年度から2011年度まで景気対策を集中して実施し、そのうえで、2011年度までに増税を実現する税制改正を正式に決定し、2012年度から増税を実行することを目指したものだ。
 
 この条文は、消費税増税を封印した鳩山前首相への対抗策として、当時の麻生政権が準備したもので、自民党の増税公約の根拠になったものだ。
 
 しかし、2009年8月総選挙、2010年7月参院選で、この増税提案は完全に主権者国民によって否定された。2008年度から2010年度の景気対策で景気が回復し、2012年度から増税を実施するなどという話がすでに完全消滅していることは、誰にでも分かる。
 
 鳩山政権の時代に、この条文を廃棄しておく必要があった。
 
 野田佳彦氏は、国政選挙によって主権者国民によって実質的な廃棄が決まった条文が、廃棄されずに残っていることをよいことに、条文が生きていると主張し、法治国家だからこの法律の定めに沿って対応するべきことは当然だなどとほざいている。
 
 このような詭弁を弄する者が日本の内閣総理大臣に就任してしまった。最悪である。

人気ブログランキングへ

野田氏は調子に乗って浮かれているが、財務省が用意した詭弁を弄して超緊縮財政に突き進んで行くだろう。過去の経済政策と経済変動についての勉強も足りない。私は以前に、野田佳彦氏の後援会が主催する講演会で講演したことがあり、この点を詳しく説明したときには野田氏もうなずいていた。しかし、まったく理解はしていなかったのだと思われる。
 
 正しい情報と間違った情報を見分けられないのだと思う。菅直人氏と同じように、財務省に洗脳され、財務省の指令に従って、大増税路線を突き進もうとしているのだ。
 
 これで、岡田克也氏が財務相に就任したら完璧である。完璧に、日本経済破壊が本格稼働し始めるだろう。ミスター大増税の野田氏とミスター陰気の岡田氏がタッグを組んで超緊縮大増税路線を突き進むのだから結果は自明である。

人気ブログランキングへ

正しい経済政策の方針は以下の通りだ。
 
①景気回復を最優先する。
 
②復興政策の財源は建設国債を発行して調達する。
 
③増税を論じる前に、財務省の天下りを禁止する。具体的には、日本政策投資銀行、国際協力銀行、日本政策金融公庫、日銀、東証、JT、横浜銀行、西日本シティ銀行への天下りを、まず、根絶する。財務省が天下り根絶を制度的に決定したら、これを他省庁にまで広げる。
 
④金融政策の追加策発動余地は限定的だが、現在の不況、円高、デフレの現状を踏まえて、震災復興対策の財源となる建設国債を日銀が引き受けるべきだ。
 
⑤TPPへの参加は、日本の賃金引下げ圧力を強めることを通じて、デフレ加速要因になる。したがって、TPPには参加しないのが正しい選択である。
 
 経済を浮上させるには財政政策を活用することが不可欠である。この基本を離れて、緊縮財政に突き進む野田政権が破局に向けて動き始めた。2012年に向けて、再び危機対応が必要になることだろう。
 
 誠に残念ながら日本の内閣総理大臣は7年連続で2012年も交代することになるのではないか。

人気ブログランキングへ

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書) Book FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)

著者:広瀬 隆
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<>
知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« NHKを偽計業務妨害罪で刑事告発するべきだ | トップページ | 野田佳彦政権は直ちに財務天下りを全面禁止せよ »

野田佳彦新代表」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野ダメ菅クタービレタ政権の経済政策方針の誤り:

» 前原・野田、連帯責任!任命責任!野田総理辞任せよ! [大辛カレーのブログ]
前原氏にあらたに10年以上の外国人献金が判明したという。党首選中の説明に漏れてい [続きを読む]

» 小沢一郎は国家再建への一歩へと手を打ちました。我々ももう少し耐え我慢し、戦いましょう。 [父さんの日記]
せっかく復帰したのに、また体調を崩しそうになってしまいました。(苦笑)もともと4月に体調を崩しここまで長引いたのは、昨年から続く菅政権による1年以上に及ぶ政治空白と、被災者と原発被害者を見殺しにする国および福島県など自治体、これらに対する憤りがストレスとなったことが根本にあります。 昨年の小沢・鳩山ダブル辞任以来の1年5ヶ月にもおよぶ政治空白から、やっと抜け出すことができるかもしれない。今度こそ「国民の生活が第一」の原点に戻り、日本再建へのスタートが切れるかも知れない。やっと被災者支援と復興に手をつ... [続きを読む]

» 9月21日(水)に第8回若者討論会。お題は「増税に賛成?反対?」 [ぢゃがいもの冒険~人生は経験と感動~]
どぜう内閣、財務大臣は岡田氏。政調会長前原氏。増税一色か!?                「野田新内閣」が誕生いたしました。 「復興税」「消費税増税」をするつもりでしょう。  このタイミングでの増税に、賛成ですか?反対ですか?  増税で負担を強いられるの... [続きを読む]

» 官僚と塩漬けにされた金 [格闘する21世紀アポリア]
 官僚が実質的政治を支配しているのは、とりもなおさず政治の劣化の現れである。政治家はもはや官僚なしでは一日たりとも過ごせない。海外の首脳との短い会談でさえ、政治家は官僚作文なしでは会話そのものが成り立たないのである。  官僚には自己保身のための時間...... [続きを読む]

« NHKを偽計業務妨害罪で刑事告発するべきだ | トップページ | 野田佳彦政権は直ちに財務天下りを全面禁止せよ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ