« 偏向NHKがひた隠す天下り根絶なる増税前提条件 | トップページ | いまだ近代国家になれないこの国の二重構造 »

2011年9月30日 (金)

民ではなく米官業を主とする野田民主党の寿命は1年

民主党税制調査会が9.2兆円の復興大増税案を決めた。民主党というのは名ばかりで、実態は「非民主党」になっている。反対意見多数を無視して、多数決原理も無視して、大増税案を決めた。
 
 民主党税制調査会長の藤井裕久氏は、かつての志を棄て去ったようだ。「日本一新」の大目標を棄て去り、大蔵省OBとして、官の利権を守り、庶民から最後の一滴まで血税を絞り出すことに全力をあげている。
 
「民主党」はもはや主権者国民のための政党ではなくなっている。

人気ブログランキングへ

民主党が追求しているのは、米国と官僚と大資本の利益だ。
 
 この三者と主権者国民の利益は相反している。政治の姿勢としては、
 
「米官業の利益を削り、国民の利益増大を図る」
 
のか、
 
「国民の利益を削り、米官業の利益増大を図る」
 
のかが、最重要の政治基本姿勢の相違ということになる。

人気ブログランキングへ

3月11日に大震災が発生した。同時に、東京電力福島第一原子力発電所が、人類史上最悪レベルの核暴走事故を引き起こした。
 
 被災地にとってはもちろんのこと、日本全体の危機が発生した。
 
 政府が主権者国民のための存在であるなら、政府の行動の目標は明確だ。
 
 人民の生命と健康を守り、人民の生活を守る。
 
 これだけのはずだ。
 
 ところが、菅直人民主党政権の対応は異なった。
 
 福島原発周辺の住民を全面的に避難させなかった。3キロ、10キロ、20キロ、20キロ圏外と、避難エリアが五月雨式に拡大されたが、すべてが事後対応だった。
 
 生命と健康を重視する場合の避難指示は、まず絶対安全策を採用して避難エリアを広域に設定し、絶対安全を確認してから避難エリアを縮小するというものだ。避難エリア設定は、必ず「広域から狭域へ」変化する。
 
 ところが、菅政権の避難エリア設定は「狭域から広域へ」変化した。避難エリアを広く設定することは財政負担が大きくなることを意味する。菅直人政権は「命より金」、「国民の命より自分の金」を優先したのだ。

人気ブログランキングへ

大震災が被災地を襲い、放射能が原発周辺地域を襲ったのだから、総合的な災害対策事業が必要になる。震災発生から半年以上もたつのに、まだ総合的な政策が示されていない。
 
 政府が創設した復興構想会議が最初に提示し、いまも、中心に据えている政策は何か。
 
「復興大増税」ではないか。
 
 国民の生命と健康を守らず、国民からカネをむしり取ることだけを考える政府。主権者国民にこんな政府を樹立した覚えはない。

人気ブログランキングへ

さらに、すべてを歪めていることがある。東京電力の救済だ。原発事故を生んだのは、政官業そして学の癒着である。御用学者と天下りしか考えていない堕落官僚、これらと癒着する利権政治屋が原発事故を引き起こした。
 
 この構造を刷新するなら、まず、東電、原子力村諸団体への天下りと補助金を一掃すべきだ。ところが、いまも東電は、51人もの天下りに巣食われたまま存続している。51人のうち、32人が警察庁および警察OBである現実が注目される。官僚天下りの大御所は、実は警察天下りなのだ。
 
 菅政権は原子力災害の損害賠償を規定する唯一の法律である原子力損害賠償法を無視して、東京電力を救済することを決めた。東電が負うべき負担を国民が電気料金で負担するスキームが打ち出されている。

人気ブログランキングへ

さらに、小沢一郎氏に対する人権無視暴政の嵐が吹き荒れている。いまから200年以上も前に確立されたフランス人権宣言は、「法の下の平等」、「罪刑法定主義」、「適正手続き」、「無罪推定原則」、「疑わしきは罰せず」などの基本的人権を守るための根本原則を提示した。小沢一郎氏の元秘書に対する有罪判決はこれらの大原則をすべて無視する史上空前の破廉恥判決だ。
 
 すべてが、「米官業利権複合体」の利益を追求する方策である。
 
「主権者国民」に敵対する政策が進められている。

    
 ・・・・・  
 
   
 さらに詳しい解説は、「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」創刊準備第8
にてご購読下さい。
 
 有料メールマガジン「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」ご購読のご登録をいただいた皆様には、9月中、「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」創刊準備号全号を無料でご高読いただきます。
 
(有料メールマガジンサイト「フーミー」より「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」を10月1日より配信開始いたします。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。
 なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、
info@foomii.comまでお願い申し上げます。)

人気ブログランキングへ

週刊 ダイヤモンド 2011年 9/10号 [雑誌] Book 週刊 ダイヤモンド 2011年 9/10号 [雑誌]

販売元:ダイヤモンド社
発売日:2011/09/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書) Book FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)

著者:広瀬 隆
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 偏向NHKがひた隠す天下り根絶なる増税前提条件 | トップページ | いまだ近代国家になれないこの国の二重構造 »

野田佳彦新代表」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民ではなく米官業を主とする野田民主党の寿命は1年:

» 増税路線の親、勝栄二郎・財務省事務次官が勝海舟の子孫という間違った情報 [違うことこそ素晴らしい]
Security.jp Home raquo; WEB raquo; ソーシャルメディア raquo; Twitter raquo; 勝栄二郎・財務省事務次官が勝海舟の子孫という間違った情報が広まっている Posted 1月 10th 2011 (YoichiTakahashi/Twitter) テレビ朝日の番組で「財務省...... [続きを読む]

» 「日本を語ろうー フツーの市民vs小沢一郎vol.2」10月2日(日)午後4時15分 Ust放送開始 [杉並からの情報発信です]
(写真は4月16日放送の第一回座談会の模様) いつもお世話様です。 とても大事なお知らせですのでできるだけ多くの人に届くように情報拡散をお願いいたします。 ■ 番組タイトル名 「日本を語ろうー フツーの市民vs小沢一郎60分vol.2」 9月26日、まがりなり...... [続きを読む]

» 10月2日午後4時15分「日本を語ろうー フツーの市民vs小沢一郎vol.2」番組配信のお知らせ [ふじふじのフィルター]
10月2日午後4時15分から「ネットメディアと主権在民を考える会」主催による、「 [続きを読む]

» 第二回小沢一郎vsぢゃがいもの師匠 [ぢゃがいもの冒険~人生は経験と感動~]
    タイトル:「日本を語ろうー フツーの市民vs小沢一郎 vol.2」 日時:10月2日(日)午後4時15分より 配信先:Ustream  APF LIVE http://www.ustream.tv/channel/apfnews-live       ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/watch/lv65668274?... [続きを読む]

» 国債整理基金と復興増税 [政治の本質]
身をもって範を示す/ 松下幸之助 [一日一話]より http://www.webbyrock.com/2009/08/1day1story-0801.html 指導者というものは、いろいろなかたちでみずから信じるところ、思うところを人びとにたえず...... [続きを読む]

» 【話題/トラベル】「日本の不快な思い出、2万円以上払ったホテルが最悪」、台湾人男性がブログにつづる。 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
  今年の夏に家族4人で関西旅行に出かけた、という台湾人男性の關李闢氏(ハンドルネーム)さん。宿泊ホテルでさんざんな思いをしたということで、その内容をブログにつづった。   「日本で起こった悲劇を書きます。一泊21000円もするホテルで、こんなことが起こると…... [続きを読む]

« 偏向NHKがひた隠す天下り根絶なる増税前提条件 | トップページ | いまだ近代国家になれないこの国の二重構造 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ