« 対米隷属の新聞・テレビが日本を亡ぼす | トップページ | 庶民大増税・大企業には減税どじょうの腹はまっ黒 »

2011年9月14日 (水)

予算委拒絶説明責任放棄を「正心誠意」と言わない

野田佳彦氏が9月13日に所信表明演説を行った。
「正心誠意」の四文字が大切だとするなら、臨時国会を4日間で閉会せず、予算委員会質疑を行うべきである。
 
 メディアが鉢呂経産相の辞任問題に陳謝と報道したが、野田氏は陳謝していない。
「誠に残念でなりません」
と傍観者としての感想を示しただけである。
 
 陳謝というのは、
「任命権者として国民の皆様に深くお詫びを申し上げます」
と発言したときに用いる表現である。
 
 代表質問で政府の姿勢を正しても、意味不明な答弁で幕が引かれるだけである。2009年8月総選挙での主権者国民との契約、2010年7月参院選での主権者国民の意思を踏みにじる政策方針を示して政権を発足し、国民の信を問うことを行っていない以上、少なくとも予算委員会を開いて質疑を行うべきである。
 
 野党が予算委員会開催を求めるなかで、これを無視し、国民に対しても説明責任を果たさない、その姿勢のどこが「正心誠意」であるのか。激しいヤジが飛ぶのは自業自得である。

人気ブログランキングへ

「美辞麗句を官僚の短冊でつないだもの」
との批評があったが、正鵠を射るものである。
 
 いくら美辞麗句を並べても、基本姿勢が伴わないなら
「巧言令色鮮し仁」
が正しい形容だ。
 
 いま、何よりも求められるのは、被災地の復旧、復興、そして日本経済の立て直し、原発問題の解決である。そのためには政府支出の追加が必要不可欠である。
 
 ところが、野田佳彦氏は最優先課題を車の両輪として、もう一つの柱を財政再建だと位置付けた。
 
 財政再建が重要でないとは言わない。中長期で重要な課題である。しかし、この問題の取り扱いには極めて慎重な対応が求められる。その最大の理由は、一般的に財政再建策が経済悪化策としての側面を保持していることにある。
 
 被災地の復旧・復興のための財政支出、経済を立て直すための財政支出の持つ経済効果は、基本的に、財政再建を実現するための増税などの政策が持つ経済効果と正反対の方向性を持つ。
 
 経済を立て直すために景気対策を講じても、その財源を増税で賄うと経済を立て直す経済効果は打ち消されてしまう。
 
 財政再建は重要な課題だが、どのような手順で実行するのかについて、十分な検討が不可欠なのである。
 
 野田佳彦氏の発言を裏で操っているのは財務省である。野田佳彦財務省大増税政権というのが野田政権の基本性格を端的に表している。
 
 復興財源を復興増税で賄い、2010年代半ばに消費税率を10%に引き上げる法律を成立させるというのが、野田佳彦氏が所信表明で述べた具体的内容である。
 
 復興政策で創出されるインフラは平均で60年間程度、効用を発揮する。したがって、その財源調達は建設国債で行うのが正しい。政府資産売却で調達できるのなら、まずそれを優先するべきだ。外貨準備の取り崩しが最も適正である。資産売却をしないなら、建設国債を発行すればよいわけで、増税で賄うというのは最悪の選択である。

人気ブログランキングへ

2010年代半ばに消費税率を10%に引き上げる政策については、これを具体的に法定化する前に、国民の判断を仰ぐことが不可欠だ。
 
 2009年8月総選挙で鳩山由紀夫民主党は消費税増税を封印して政権樹立の議席を確保した。2010年7月参院選で主権者国民は消費税率の10%への引上げについて、明確にNOの意思を表明した。
 
 したがって、野田政権が主権者国民の意思を踏みにじり、消費税率を10%に引き上げることを法定化することは絶対に許されないことである。
 
 国会審議は行わない。主権者国民がNOの意思を明示した消費税増税を国民の判断を仰がずに法定化する。自分が任命した大臣が暴言を吐いて大臣辞任に追い込まれたのに、国民に謝罪もせず、傍観者のように振る舞う。
 
 これが所信表明で明らかにされた野田佳彦氏の基本的な姿勢だ。
 
 美辞麗句を並べても、具体策が逆の方向を向いていれば、美辞麗句など何の意味も持たない。美辞麗句を並べれば、民主主義の根本ルールに反する大増税を強行しても構わないと野田佳彦氏が考えているとすれば、大間違いである。
 
 野田政権は2012年半ばまでに行き詰まり、また次の首相交代につながることになるだろう。このような大胆予想を浮かび上がらせる所信表明演説であった。

人気ブログランキングへ

週刊 ダイヤモンド 2011年 9/10号 [雑誌] Book 週刊 ダイヤモンド 2011年 9/10号 [雑誌]

販売元:ダイヤモンド社
発売日:2011/09/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書) Book FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)

著者:広瀬 隆
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<>

<>

<>

<>

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 対米隷属の新聞・テレビが日本を亡ぼす | トップページ | 庶民大増税・大企業には減税どじょうの腹はまっ黒 »

野田佳彦新代表」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予算委拒絶説明責任放棄を「正心誠意」と言わない:

» Nulear Illusion, Imitation and Destruction [Tokyonotes 東京義塾]
西尾幹二先生がSAPIO紙に掲載した、原発克服をめざすべきだとする逸聞である。 「文=西尾幹二(評論家)  福島第一原発事故後、日本社会は「脱原発」へと向かい始め、「反核・反原発」推進派の勢いが増している一方、原発賛成派だった保守系言論人の多くは口を閉ざしている。そんな中、評論家の西尾幹二氏が「脱原発宣言」をした。なぜ脱原発なのか。  私は福島第一原子力発電所事故が起こってから、原発賛成派から反対... [続きを読む]

» Notice of the 15th Anniversary [Tokyonotes 東京義塾]
「月刊日本は、日本国の自立と再生を願い,民族として文化共同体として、高度な倫理を伴った自信を日本人にもたらしたいとの志で創刊して15年」とある。 9月15日(木曜日)午後6時半から午後八時半まで、東京都千代田区隼町1-1(地下鉄半蔵門駅下車)のグランドアーク半蔵門・富士の間で、創刊15年「月刊日本」を叱咤激励する会が、会費一万円で、開催される。 当方ブログの読者で,叱咤激励してやろうとご関心の向き... [続きを読む]

» 「国家権力を動かすのは我々マスコミだ!」ってか? 鉢呂経産大臣辞任に見る劣化したメディア~Caccyo短信110911 [父さんの日記]
2週間ぶりの更新です。m(_ _)m それにしても野田内閣、酷い組閣でしたね。理念も政治信条もビジョンもなく、経験も知識も能力もないような顔ぶれで、米国と官僚様にひれ伏し隷属するという、野田佳彦氏の意思が前面に押し出された閣僚人事でした。副大臣や政務官には、期待した人材も抜擢されましたが、挙党体制に積極的とのポーズを取っただけですね。 就任9日で辞任することになった鉢呂氏。しかしその後任が枝野とは、あまりにも国民を馬鹿にしています。 本来ならば、まずは棺政権の総括をしなければなりません。復興も進まず... [続きを読む]

« 対米隷属の新聞・テレビが日本を亡ぼす | トップページ | 庶民大増税・大企業には減税どじょうの腹はまっ黒 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ