« 西松・陸山会事件被告は判決と関わりなく完全無実 | トップページ | 日本民主主義の真正危機と米官業複合体の謀略 »

2011年9月27日 (火)

本性剥き出し米官業利権複合体による不当判決

私たちは恐ろしい国に住んでいることを認識するべきである。

 警察・検察・裁判所の公正、中立性は市民が尊厳を保ち、安心して生きて行けるための最低条件である。
 
「法の下の平等」が厳格に守られているのか、法令が適正に運用されているのか、裁判官が良心に従い憲法と法律にのみ拘束されて職権を行っているのか。
 
 答えは否である。
 
 裁判の結果を左右するのは法廷における立証の巧拙ではない。事実と証拠の積み上げでもない。
 
 最大の要因は裁判官の属性である。
 
 
 裁判官の人事処遇を支配しているのは最高裁事務総局である。最高裁事務総局は少数の組織でありながら、裁判所組織全体を支配下に置く組織である。

司法官僚―裁判所の権力者たち (岩波新書) Book 司法官僚―裁判所の権力者たち (岩波新書)

著者:新藤 宗幸
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 最高裁事務総局は法務省と一体化して、基本的に政治権力の側を向いて職務を執行している機関であると考えられている。日本の政治権力の最大の特徴は、その中心に宗主国米国が君臨していることである。
 
 検察組織が米国の監視下に置かれていることは、GHQ時代からの歴史的経緯を背負ったものである。法務省は行政組織であり、内閣総理大臣を頂点とする行政権力の一部であり、政治の顔色を見て行動する組織である。
 
 これと一体化して行動する裁判所も、当然のことながら、時の政治権力、そして、その裏側に君臨する米国の顔色を窺いながら行動する組織なのである。

人気ブログランキングへ

 裁判をコントロールすることは極めて容易である。コントロールしたい事案を担当する裁判官に、権力の意向に従順な人物をあてがえばよいのである。
 
 裁判官のなかには、最高裁事務総局の指導に従わない、自分の良心に従って行動する気骨のある人物も存在する。人事評価での不利を承知の上で、良心に従い憲法と法律にのみ拘束されて職権を行う、本来の正しい姿勢を持つ裁判官が、適正な判決を示すのである。
 
 しかし、政治的な背景を持つ事案について、政治権力が裁判を支配しようと考える場合には、権力は担当判事に権力の意向に従順な人物をあてがえばよいのだ。極めて簡単なことである。
 
 何よりも重要なことは、この意味で、裁判所の判断にはほとんど意味がないということだ。この最重要の事実をしっかりと認識することがもっとも重要なのだ。
 
 政治的背景を持つ事案で裁判所が示す判断は、公正な判断ではない。政治的な判断なのだ。この基本を踏まえることが何よりも重要なのだ。

人気ブログランキングへ

 石川知裕衆議院議員、大久保隆規氏、池田光智氏に有罪判決が示された。不当判決以外の何者でもない。三名は、秘密警察国家の冤罪被害者である。小沢一郎氏も同じであるし、私も同様に秘密警察組織の冤罪被害者である。
 
 事案の詳細については、これまでに詳しく記述してきたから、改めて記述はしないが、極めて微細な、事務上の解釈の相違に基づく紛争である。西松建設関連の政治団体からの献金の取り扱いについては、小沢氏の資金管理団体とまったく同じ事務処理を行った政治家の資金管理団体が多数存在する。
 
 これらのなかで、小沢氏の資金管理団体だけが摘発された。
 
 水谷建設から渡されたとされる裏金疑惑も、検察は立証対象とできず、その刑事責任も追及しない、根拠に乏しいものである。それにもかかわらず、法廷では、小沢氏のイメージを悪化させるために証人尋問が行われたが、水谷建設社長車の運転記録とも矛盾する証言であった。その信憑性は極めて低いものである。
 
 疑わしきを罰してはならないのが刑事裁判の基本の基本である。ところが、現実には、このような微小な事務上の解釈の相違で、現職衆議院議員を含めて3名もの市民の尊厳が奪われた。許されざる暴挙と言わざるを得ない。

人気ブログランキングへ

 この不当極まりない判決が示すものは、日本の既得権益、日本政治の支配者がいかに小沢一郎氏を恐れているのかという事実である。
 
 大久保隆規氏の無罪は動かせぬものであったはずだが、裁判所は無理を押し通して有罪判決を示した。
 
 小沢一郎氏の元秘書3名に対する有罪判決は、当然のことながら、これから始まる小沢一郎氏の裁判にも影響を与える。
 
 この状況のなかで、日本の既得権益、日本政治の支配者たちは本性を現し、獰猛な牙をむき出しにした。この刃は小沢氏だけに向けられたものではない。主権者である国民に向けられたものであることを私たちははっきりと認識しなければならない。
 
 ・・・・・
 
 さらに詳しい解説は、

「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」創刊準備第5にてご購読下さい。
 
 有料メールマガジン
「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」ご購読のご登録をいただいた皆様には、9月中、「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」創刊準備号全号を無料でご高読いただきます。
 
(有料メールマガジンサイト「フーミー」より
「メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」を10月1日より配信開始いたします。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。
 なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、
info@foomii.comまでお願い申し上げます。)

人気ブログランキングへ

週刊 ダイヤモンド 2011年 9/10号 [雑誌] Book 週刊 ダイヤモンド 2011年 9/10号 [雑誌]

販売元:ダイヤモンド社
発売日:2011/09/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書) Book FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)

著者:広瀬 隆
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 西松・陸山会事件被告は判決と関わりなく完全無実 | トップページ | 日本民主主義の真正危機と米官業複合体の謀略 »

小沢代表秘書不当逮捕(5)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/42035911

この記事へのトラックバック一覧です: 本性剥き出し米官業利権複合体による不当判決:

» 政治とカネ [ぢゃがいもの冒険~人生は経験と感動~]
政治とカネ 土地購入問題に関する収支報告書虚偽記載問題。 小沢さんの元秘書3人有罪。 有罪にしちゃうんだね~。。。 『水谷建設からの5000万円の裏金』をどのような証拠で認めたんだろう? 悪党の子分は、このままでは本当に「悪党の子分」として処分されちゃうね... [続きを読む]

» 意味不明な判決に? [棒に怒る日本人]
今日、小沢氏の秘書3人の判決が出た。検察側の証拠調書を退けていたので、てっきり無 [続きを読む]

» 極限不当判決! 陸山会事件有罪は万死に値する! [大辛カレーのブログ]
この裁判は完全な冤罪だ。裁判官はペテン師だ。上級審の正義に期待するしかないが、政 [続きを読む]

» 日本の司法は官僚化し、裁判所・裁判官は権力の僕(しもべ)に成り果てた [途上の片隅にて]
「司法官僚-裁判所の権力者たち-」 という本を読んだ。 【出版社】岩波書店(2009年出版) 【著者紹介】 新藤宗幸:1946年神奈川県生まれ。中央大学大学院法学研究科修士課程修了。千葉大学法経学部教授。専攻は行政学。著書に「技術官僚」「行政ってなんだろう」「財政投融資」など 【書評】 まず、本の中にあった〔最高裁判所事務総局の組織図〕を下記に転載する。... [続きを読む]

» 陸山会不当判決を可能にした、簡単な方法 [いやいや朝起会を続けている妻の夫のブログ]
植草一秀氏のブログで、判決をコントロールする簡単な方法が紹介されている。 [続きを読む]

» 辞めずに闘え、石川代議士! [常識の嘘・非常識の本当]
摩訶不思議な有罪判決を受けてしまった石川代議士に対する 辞職勧告決議案が提案されそうですが、 仮に、可決されても、石川氏は議員を辞める必要はありません。 今回の判決で、裏金授受の「事実」認定は...... [続きを読む]

» 証拠却下が3件・・・それでも有罪。もし自分の身に降りかかったらという視点で考えたい。 [アーサーの何でもやってやろう!]
石川 知裕さん、大久保 隆規さん、池田 光智さんの3名に有罪判決が下った。 このニュースを知って、無罪を信じていた私は愕然とした。 一体どういったことだろうか、と。 その無罪だと考えた理由。そこは日刊ゲンダイの記事を抜粋して紹介したい。 2011年9月20日 掲載... [続きを読む]

» 野田総理はなぜウソをついたのか、怪しい「どじょうの美談」 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 どじょうは身の危険を察すると、ひょろりと泥の中に身を隠す。自らどじょうを名乗ったこの男も、やはり自分の危険を察したり、都合の悪いことが起こると、どこかに身を隠してしまうようだ。 こんなことで大丈夫? 「政治に必要なのは、夢、志、矜持、人情、血の通った…... [続きを読む]

» 日本の裁判は、特定利権階層を守るためならは、何でもありなのだ。 [ふじふじのフィルター]
 8月26日(月)、東京地裁(登石郁朗裁判長)は、 小沢一郎氏の政治資金団体「陸 [続きを読む]

« 西松・陸山会事件被告は判決と関わりなく完全無実 | トップページ | 日本民主主義の真正危機と米官業複合体の謀略 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ