« 菅直人氏なきあとの民主党代表選出に際しての肝 | トップページ | 菅直人氏の「政治とカネ」事件捜査が始動し立件か »

2011年7月12日 (火)

夏場の電力需給逼迫期高校野球中継を見直すべし

原発再稼働の条件として「ストレステストをクリアすること」が設定され、原発推進勢力が猛反発している。
 
 原発推進勢力=原発利権勢力は、なし崩し的に原発再稼働を実現し、福島原発事故を過去のものにしてしまおうとしている。
 
 しかし、よく考えてみれば、原発の稼働再開に際して、慎重の上にも慎重を期すことは当然のことである。
 
 菅直人氏が6月18日、6月19日に原発再稼働にゴーサインを出しておきながら、7月6日の国会答弁では、政府による原発再稼働要請の行動すら把握していないかのような発言を示し、そのうえで、原発再稼働に待ったをかけて、新たなハードルとしてストレステストを提示した。
 
 菅直人氏の行動は糾弾されるべきである。しかし、国民の生命と健康、地球の生命を重視する立場からは、こうした政治の迷走と、原発問題とは切り離して考えることが求められている
 
 利権のことしか頭にない、カネ亡者である財界からは、さっそく抗議の声が聞こえてくる。財界首脳は経済界を代表する立場にあるのだから、カネの亡者としての立場以外に、社会における発言者としての立場を自覚すべきだが、現在の経団連会長などには、その自覚がないようだ。カネカネカネと騒ぎたてる姿はあまりにも醜悪である。
 
 さらに、九州電力は原発再稼働に関するテレビ中継を伴う説明会で、あろうことか、やらせメール事件を引き起こした。会社ぐるみでやらせメールを指揮し、実行し、発覚後はこれを隠蔽するという、驚くべき犯罪的行為に及んだのである。
 
 九電の社長、会長の辞任は免れないが、九電会長が開き直って、社長も会長も辞任する必要がないことを示唆すると、マスゴミは突然、沈黙に転じている。このような体質を放置して原発再稼働が認められるわけがないことは明白である。

人気ブログランキングへ

原発利権勢力の広報部隊であるマスゴミも、原発再稼働に向けてのストレステストについて、批判的な論調を意図的に形成している。これから夏場の電力需要拡大期に向けて、原発再稼働が遅れることによる電力不足の懸念を強調しているのである。
 
 本当に夏場の電力使用ピーク時における需給ひっ迫を懸念するなら、ピーク時の電力使用量を引き下げるための、あらゆる工夫をすることを、まず優先するべきである。
 
 一般的に夏場の電力使用量ピークは、夏休み半ばの午後の時間帯に発生することが多かった。夏の高校野球大会のテレビ中継を多くの国民が視聴し、他方、クーラー使用がピークに差しかかるタイミングで電力利用量がピークになるというものだ。
 
 そうであるなら、まずは、高校野球の試合、あるいはテレビ中継について、午前11時から午後5時までの時間帯は、試合を行わないか、あるいは、テレビ中継を行わないことを決定すればよい。
 
 また、電力需給ひっ迫期には電力供給を中断することがある旨の特約が付いた、大口電力の供給を絞れば良い。
 
 高校野球のテレビ中継あるいは試合のピーク時回避などは、やろうと思えばすぐにできることである。
 
 原発再稼働について、安全性チェックを高めるために、こうしたピーク時電力利用量を引き下げる努力の注ぐべきことは当然ではないか。
 
 高校野球のテレビ中継の利権を守るために、原発の安全性チェックをおろそかにするとの発想が不当である。
 
 まずは、夏の高校野球の運営およびテレビ中継について、何らかの対応策を取るべきである。

人気ブログランキングへ

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書) Book FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)

著者:広瀬 隆
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 菅直人氏なきあとの民主党代表選出に際しての肝 | トップページ | 菅直人氏の「政治とカネ」事件捜査が始動し立件か »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏場の電力需給逼迫期高校野球中継を見直すべし:

» 小出しにする汚染状況と人間モルモット。原発につき物廃棄物 [ゆきひろ社会科日記]
3.11から昨日で4ヶ月経過 [続きを読む]

» それでも玄海原発は再稼働する──岸本英雄町長と岸本組 [ニュースを読まねば]
以前、玄海原子力発電所の再稼働の可能性について投稿した。 『玄海原子力発電所の地獄の釜の蓋』(6/20) http://newsyomaneba.seesaa.net/article/210937880.html このとき、佐賀県玄海町の岸本英雄町長は、玄海原子力発電所の2号機、3号機の再稼働について前向きな姿…... [続きを読む]

» ★福島原発特攻隊!戦略無き大本営の無責任! [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★貴重な戦力を無駄に消耗する兵力の逐次投入、特攻隊の時代錯誤。★画像はクリックで [続きを読む]

» 【原発問題】「汚染牛乳を西日本に運んで混ぜている」 武田邦彦教授の発言に生産者「そんなことはあり得ない」と反発 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
内閣府原子力委員会の専門委員を務めた中部大学の武田邦彦教授が自身のウェブサイトで、福島第1原子力発電所の事故の影響で放射能に汚染された原乳と、汚染されていないものを混ぜている疑いを示した。 原乳を西日本に運んで「処理」しているとの主張だが、根拠は明…... [続きを読む]

« 菅直人氏なきあとの民主党代表選出に際しての肝 | トップページ | 菅直人氏の「政治とカネ」事件捜査が始動し立件か »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ