« しっぽの社長が切られ会長が居座る日本電力業界 | トップページ | 火事場泥棒『水産特区構想』は白紙に戻すべきだ »

2011年7月17日 (日)

九電に出現の第二の居座り菅直人の名は松尾新吾

原発再開の是非について論じる公開放送の住民説明会で、企業ぐるみでやらせメールを実行し、地域住民に対する背信行為を演じた九州電力が居直りを示している。
 
 東電福島原発が重大事故を引き起こした。福島では重大な放射能汚染がいまも広がっている。原子力損害賠償法は原子力事故を引き起こした場合、事業者が無限で責任を負うことを定めている。
 
 東電が今回の事故に対する損害賠償責任をすべて負うことになれば、東電は破たんする。東電が破たんして、可能な限りの損害賠償原資を提供する。しかし、これでは、原資が足りないので、主権者国民がその尻拭いをして、原子力損害賠償を行う。
 
 とはいえ、これまで示されている損害賠償の実情は、原子力災害被害者の損失を補償するものにはなっていない。損害賠償を行うハードルを非常に高く設定しているため、大多数の国民が原子力事故で損害を受けながら、泣き寝入りすることが強制されるような状況である。
 
 原発事故が発生すれば、電力会社など吹き飛ぶ存在である。電力会社がこのリスクに真摯に向き合い、適切な判断をしているとは到底思えない。
 
 これまでの原発設置の費用を考え、また、単純な運転コストを考えると、原発稼働が経済的に有利だから、ただ、その一点で原発再稼働に突進しているに過ぎない。
 
 電力会社だけでなく、機械設備メーカー、土木・建設、設備メンテナンス、使用済み燃料処理事業者など、原発を取り巻く産業のすそ野は広い。
  
 官僚機構は、原発ビジネスを通じて巨大な天下り利権を手中に収めてきた。
 
 政治家にも、原発関連マネーが大量に注がれてきた。
 
 原発推進の原子力関連学界には、巨額の研究費が注がれてきた。
 
 メディアにとっても、電力業界は最重要の巨大顧客であり続けてきた。
 
 こうした、政官業学電の利権複合体が形成されているから、今回のような重大事故が発生しているにも関わらず、脱原発がまともに論議されようともしない。

人気ブログランキングへ

私がブログ記事転載許可を再開した、ネット上の論壇誌と言われる「BLOGOS」も、脱原発関連の記事はできるだけ掲載しない方針が取られているのではないかとも感じられる。
 
 原発推進の御用学者が腐るほど存在するが、「BLOGOS」もそうした腐った御用学者の影響を受けているのではないかと感じられる。本記事まで掲載されない場合、読者は、ぜひ、BLOGOSの偏向編集姿勢について、抗議をしていただきたく思う。私も、事務局に問い合わせをしている。
 
(追補)問い合わせの結果かどうかは分からないが、7月16日付記事が転載された。「BLOGOS」事務局には、ぜひ、偏向のない記事紹介を強くお願いしたい。
 
 九州電力は企業ぐるみで、原発再開の是非について論じる公開番組の住民説明会で、論議を人為的に誘導する卑劣な手段を講じたのである。その人道的、社会的責任は計り知れない。
 
 海江田経産相が社長辞任を求めたのは当然のことである。
 
 その後、マスゴミ各社が真鍋社長辞任の報道を行った。ようやく、社長が辞任することになったと思われたが、ここに、九州電力の実質支配者である松尾新吾会長が登場し、再び、社長、会長居座りの方針を示したと報道されている。
 
 九州電力は、世間も政府もなめきっている。
 
 九州電力の実質支配者は松尾新吾会長であることは明白であり、真鍋社長辞任の前に、松尾会長辞任を実行するべきだ。
 
 海江田経産相は松尾会長、真鍋社長の引責辞任がない限り、玄海原発再稼働は認めないことを明言するべきである。
 
 そもそもは、日本では定期的に発生する地震や津波が発生して、重大事故を引き起こすような原発は、その稼働を認めるべきでない。

人気ブログランキングへ

原子力損害賠償法は、原発事故を引き起こした場合には、事業者である電力会社が全責任を負うことを明確に定めている。したがって、東電にもこの法律を適正に適用すればよいのだ。
 
 東電は法的整理下に置かれるが、会社更生法を適用すれば、電力の安定供給に支障を来すことは避けられる。
 
 原賠法第三条に規定のある「異常に巨大な天災地変」とは、地震で言えば震度9とか震度10、津波で言えば高さが100メートルに及ぶものなど、これまでの歴史で経験したことのないようなものを指すと考えるのが、常識的な日本語解釈から得られるものである。
 
 これまでに何度も経験している天災地変を「異常に巨大」とは表現しないからである。
 
 東電に対して、不正な救済策を示すから、九州電力がつけあがるのである。マスゴミは九州電力の松尾会長発言を大きく取り扱っていない。
 
 唯一、ヤフーニュースが伝えているが、グーグルニューストップページには片鱗もうかがえない。
 
 3.11の原発事故を踏まえて、もう、利権で動くことはやめるべき時が来ている。利権とカネだけで動けば、必ず、もっと大きな災厄が日本を襲うことになるだろう。
 
 九州電力の不遜な姿勢を許してはならない。玄海原発の地元住民も、利権だけでものを考えるべきでない。原発再稼働の是非以前に、九州電力の基本姿勢そのものに重大な問題があることを、住民は適切に指摘しなければならない。

人気ブログランキングへ

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書) Book FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)

著者:広瀬 隆
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« しっぽの社長が切られ会長が居座る日本電力業界 | トップページ | 火事場泥棒『水産特区構想』は白紙に戻すべきだ »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九電に出現の第二の居座り菅直人の名は松尾新吾:

» 我々は今「途方もない規模の新しい危機」の真っただなかにいる! [杉並からの情報発信です]
福島原発事故で放射能汚染拡大、日本の国・地方債務総額1000兆円、米国の連邦債務上限到達でデフォルト危機、ギリシャをはじめとするEU諸国 の財政破たん深刻化、 国際商品価格の高騰、天候不順で農作物生産大幅減、中国をはじめとする新興国のバブル発生とインフ...... [続きを読む]

» 農水省が着目「藻で作る油」は脱原発の救世主か昼は太陽光、夜はLEDで培養可能!日本の農家が〝石油王〟になる? [政治経済ニュース・今私の気になる事]
三角フラスコには緑色の水にしか見えないNSXが入っている。後方のタンクでは「種藻」が培養されていた〔PHOTO〕蓮尾真司(以下同)  7月1日に電力使用制限令が発令された。第一次オイルショック以来、実に37年ぶりである。これにより、大口電力需要家には昨夏比15%の節電…... [続きを読む]

« しっぽの社長が切られ会長が居座る日本電力業界 | トップページ | 火事場泥棒『水産特区構想』は白紙に戻すべきだ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ