« 識見・胆力・実行力・統率力で小沢氏凌駕する者なし | トップページ | シンポジウム「小沢一郎と新しい日本の政治」開催 »

2011年6月17日 (金)

民主代表選の不正排し税制問題は新総理に委ねよ

菅直人氏がなめくじのように、総理の椅子にへばりついているが、国のためにも国民のためにもならないから、即時に退くべきである。
 
 補正予算のめどがついたらと言うが、その補正予算案を国会審議で答弁し、予算を執行するのは新しい政権なのだ。新しい政権の方針を明示するのは内閣総理大臣の役割である。新しい内閣総理大臣に誰が就任するのかが未定である。その新総理がどのような政策方針を示すのかも決まっていない。
 
 退陣を表明した人物が、自分が国会で答弁もしない、執行にも携わらない補正予算の中身にだけくちばしをさしはさむのは、あまりにも不見識である。
 
 政治を私物化すべきでない。
 
 菅直人氏には内閣不信任決議案が突き付けられ、これが可決される状況だった。だからこそ、鳩山氏の説得に応じたのである。不信任案が否決されるのであれば、菅直人氏は退陣合意を締結していない。
 
 退陣の時期は、復興基本法が成立し、第二次補正予算編成のめどが立った時点とされた。これ以上、菅直人氏を追い込まなかったのは、会談が決裂し、菅直人氏が自爆テロ解散に突き進むのを回避するためであったと思われる。
 
 これで合意を結んだのだから、少なくとも、この言葉は守るべきだ。いみじくも菅氏は一国のトップの地位に身を置いているのだ。このトップが、人間としての最低のルールを守らない時に、国全体の規律がどれほど廃れてしまうのかを、わずかでも思いをはせるべきだ。
 
 菅直人氏が総理の椅子にしがみつく、正当な理由があるなら、それを示すべきだ。示せないということは、正当な理由がないとしか解釈のしようがない。

人気ブログランキングへ

日本政治の最大の焦点は、次の首相にだれが就任するのかである。2010年6月2日の悪徳8人衆による政変=クーデターで、政権交代後の政権の基本性格が全面的に変わってしまった。
 
 日本政治刷新を目指す平成維新政権が、アンシャンレジーム政権に乗っ取られてしまったのだ。乗っ取り犯の悪徳8人衆は、
①対米隷属
②官僚利権温存
③大資本と政治の癒着維持
を基本方針とする勢力で、平成維新政権とは真逆の存在である。
 
 菅直人氏が退陣して、平成維新勢力=民主党正統から新代表=新総理を輩出するのか、またしても、悪徳8人衆=民主党悪党から新代表=新総理を輩出するのかは、天と地の違いを生み出す。
 
 第二平成維新に進んでゆけるのかどうかの、天下の分かれ目になる。
 
 民主党悪党は、悪党から引き続き代表=首相を輩出するために、ありとあらゆる謀略を仕掛けてくるはずだ。8名の民主党議員を党員資格停止処分にしたのは、その第一弾である。
 
 菅首相を総理の椅子にとどめ、代表選を9月に実施することにすれば、代表選を党員・サポーター参加型で実施することも不可能ではなくなる。悪徳8人衆は、これによる不正選挙実現を虎視眈々と狙っていると考えられるのだ。

人気ブログランキングへ

さらに、もうひとつ、何よりも重要なことは、消費税大増税を既成事実化するのかどうかである。菅政権は、「社会保障と税の一体改革」の提案として、2015年度消費税率10%案を、6月20日に正式決定する可能性がある。
 
 しかし、これは、日本の議会制民主主義を否定するものである。
 
 消費税問題は、2009年8月総選挙での最大の争点だった。鳩山代表は2013年の衆院任期満了までは消費税増税を封印することを政権公約とした。この民主党を主権者国民は大勝させた。
 
 2010年7月参院選で、菅直人氏は突然、消費税率10%への引き上げを政権公約に掲げた。この参院選で主権者国民は民主党を大敗させた。また、菅首相が内閣信任投票だと宣言したから、主権者は、明確に不信任の意思を表明した。菅直人氏には、この時点でレッドカードが突き付けられている。にもかかわらず、不法に菅氏は総理の椅子を選挙し続けている。
 
 さらに、菅直人氏は消費税増税を行う場合には、必ずその前に総選挙で民意を問うことを確約している。
 
 社会保障と税の一体改革のなかで、2015年度消費税率10%を示す場合、2013年度に消費税率引き上げが提示される可能性があるが、そうであれば、2012年秋までに解散総選挙を実施しなければならなくなる。
 
 そもそも、消費税増税のような、国家の根幹にかかわる政策を提示するためには、まず、党内で徹底的な論議が行われなければならない。菅直人氏は党の政務調査会を復活して、その機能を高めると公言していたが、党内で税制論議が十分に行われた気配は存在しない。
 
 主権者国民の意思を踏みにじり、民主主義政党内部での民主的な論議をも経ずに、大増税案を政府決定して良いはずがない。
 
 消費税問題は、民主党の次期代表選での最大の争点になるはずである。また、福島原発事故を踏まえて、「脱原発」の方針を明確に定めるのかどうか、これも代表選の最重要の争点になる。
 
 また、経済産業省から電力会社や原子力関連団体への天下り根絶も、当然に示されねばならないテーマである。
 
 菅直人氏は辞意をすでに表明しているのであるから、今後の重要課題に対する決着は、次の総理に委ねるのが憲政の常道である。
 
 これ以上、醜く哀れで痛々しい姿を国民の前に晒すべきではない。将来に希望を持つ若者が多数存在することを忘れてもらいたくない。
 
 奥方が菅氏辞任を押し留まらせているのなら、まずは、奥方から先に退場してもらう必要があるだろう。

人気ブログランキングへ

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書) Book FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン (朝日新書)

著者:広瀬 隆
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 識見・胆力・実行力・統率力で小沢氏凌駕する者なし | トップページ | シンポジウム「小沢一郎と新しい日本の政治」開催 »

経済政策」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主代表選の不正排し税制問題は新総理に委ねよ:

» 「国会議員」に、なりたいなんて思ったことない。 [整体師「ぢゃがいも」です]
昨日直接お話させていただくまで、よこくめさんの生い立ちとか経歴とか全然知らなかった。 「国会議員」になる人って、 2世3世議員か、 エリート官僚って人の出世コースか、 タレントなり芸能人なり「顔の売れてる人」か、 ぐらいだと、勝手にイメージしてた。 (彼女にな... [続きを読む]

» PC監視法案成立・次は共謀罪・権力者は隙を見せれば弾圧者にかわる見本 [ゆきひろ社会科日記]
本日17日PC監視法案が成立した。 7月から施行されるとの事。 [続きを読む]

» ”ガイアツ”を有難がるな、騙されるな! [ライジング・サン(甦る日本)]
日本は第2次対戦以降米国の属国(保護国&奴隷国)である。 この属国理論は副島隆彦 [続きを読む]

» 国民投票を狙え! Part-1 [格闘する21世紀アポリア]
〔イタリア国民投票。反原発派が圧勝!〕 日本国憲法 第九十六条   この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投...... [続きを読む]

» 原発は徐々に稼動停止し廃止とか言ってる奴いるけどふげん見て [政治経済ニュース・今私の気になる事]
ふげん こちらは、中性子の減速材として使っていた重水が外部に漏れたり、冷却水から放射性物質のヨウ素が高濃度で検出されたりといった原子力事故が度重なったようで、2003年に廃炉されることが決定されました。「ふげん」は原型炉としてプルトニウムを利用していた…... [続きを読む]

« 識見・胆力・実行力・統率力で小沢氏凌駕する者なし | トップページ | シンポジウム「小沢一郎と新しい日本の政治」開催 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ