« 管直人内閣不信任案が可決され内閣総辞職へ | トップページ | 内閣不信任可決阻止目指すマスゴミ断末魔の叫び »

2011年6月 1日 (水)

NHKノーコン大越健介投手の政局ノーコン解説

自民党と公明党は菅直人内閣に対する不信任案を衆議院に提出する。6月1日に党首討論が行われる予定で、不信任案はその後に提出される見込みだ。衆議院本会議での採決は6月2日午後になる予定。
 
 菅首相が不信任案を突き付けられている理由は、
 
①原発事故発生への対応で致命的な誤りを示し、原発事故を重大させるとともに、最重要課題である国民の生命と健康を守る行動を怠ったこと。より正確に言えば、情報の隠ぺいにより、多数の国民を大量被ばくの犠牲者にしてしまったことである。
 
②震災・原発事故を受けて、政府が全力をあげて取り組むべき課題は総合経済対策の策定だが、これを先送りし、さらに、大増税を盛り込もうとしていること。主権者国民の意思を踏みにじる行動である。
 
③今回の原発事故の発生原因を「異常に巨大な天災地変である」と認定していないにもかかわらず、原発事故損害賠償責任を東電に求めず、一般国民に転嫁する東電救済策を提示したこと
 
 これらが、震災・原発事故発生後の管内閣の対応の誤りであり、内閣不信任を突きつけられて当然の失態である。
 
 震災・原発事故以前の問題として次の三点を示すことができる。
 
④菅直人氏が政治資金規正法違反の行為を取ったことが明らかにされたことである。捜査当局は菅氏を直ちに取り調べる必要があるが、政治的配慮から適正捜査が行われていない。
 
⑤菅直人氏が民主党の本来の主流派を党内政治で排除していること、および、2009年8月総選挙で主権者国民と約束した政権公約を片端から破棄し続けていること。民主主義の根幹を踏みにじる行動を示している。
 
⑥菅首相は2010年7月11日の参院選を菅内閣に対する信任投票であると位置付けた。その参院選で民主党は大敗した。したがって、菅内閣は不信任を突き付けられたわけで、本来、菅直人氏は昨年7月に辞任していなければならなかったこと。
 
 これだけの事由が整っているのだから、菅氏は首相を辞任するべきである。これが憲政の常道である。
 
 国民の7割は菅氏の退陣を求めている。
 
 国難の時期であるからこそ、主権者国民の意思を正しく反映するリーダーが日本復興の先頭に立つべきである。リーダー不適格者がこの国家の命運を分ける時期の日本を先導することは許されない。

人気ブログランキングへ

ところが、これまで日本を支配し続けてきた支配勢力=利権複合体は菅内閣の続投を強く求めている。米国、官僚、大資本、利権政治屋、電波産業(=マスゴミ)の悪徳ペンタゴンだ。
 
 マスゴミのなかでもとりわけ害悪が大きいのがNHKである。NHKニュースウォッチ9は、内閣不信任案についての「街の声」を紹介したが、
 
「このような国難の時期の政局をめぐる動きは被災者の理解を得られない」
 
「政治家の身勝手に怒り心頭」
 
などの声だけが放映された。
 
 NHKを一刻も早く解体するべきである。
 
 街の声は多種多様である。しかも、世論調査で7割の国民が菅首相の退陣を求めているのだから、
 
「これだけ失態を繰り返している菅首相が退陣を求められるのは当然」
 
「迅速な復興、日本経済の立て直しのためには、一時的に時間がかかっても、強いリーダーシップのある人物をリーダーに据えねばならない」
 
「日本が国難に直面していればこそ、適切なリーダーが強く求められる」
 
などが、本当の国民の声である。

人気ブログランキングへ

いま何よりも重要な政府の行動は、総合経済対策を策定することだ。坂を転げ落ちる日本経済を支えねばならない。増税ではなく、経済支援策が何よりも求められている。
 
 この局面で、菅内閣は2015年消費税10%を打ち出した。消費税引き上げについては、2009年8月総選挙、2010年7月参院選で、主権者国民が明確に否定の意思表示をした。これを踏みにじるのなら、日本は民主主義国家ではない。
 
 NHKは外国の格付け機関が日本国債の格付けを引き下げる方針を示したことを取り上げ、財政再建への道筋を示すことが重要だとの考えを国民に刷り込もうとしている。VTRで登場させるエコノミストも、この流れに合わせた人選だ。
 
 客観性を失い、中立公正の立場を忘れた、偏向報道まっしぐらのNHKを早く解体するべきだ。このようなNHKを不要と考える国民が激増している。
 
 テレビを所有する家庭から受信料を強制徴収する制度を廃止し、NHK電波にスクランブルをかけて、受信料を支払い、受信を希望する国民だけがNHK番組を視聴できる制度を導入するべきだ。
 
 消費者に選択権のない「押し売りビジネス」は、消費者が消費者庁に訴えて、消費者庁から是正措置を発動させるべきである。
 
 ノーコンピッチャーのNHK大越健介氏によるノーコン解説を「直球解説」などと表現するのは、不当表示であり、公正取引委員会が不当表示であるとして是正勧告するべきだ。

人気ブログランキングへ

このまま菅内閣が存続することを望んでいるのは、
 
米:沖縄に日本政府負担で巨大軍事基地を作らせようとしている米国
 
官:政府の無駄を温存したままで国民に巨大増税を押し付けようとしている財務省・官僚機構・財界
 
官:天下り利権を温存したい官僚機構
 
業:政官業の癒着を維持したい財界
 
政:政官業癒着政治のおこぼれを漁る利権政治屋
 
電:利権複合体の一角にとどまり、巨大利権を維持したいマスゴミ
 
の「米・官・業・政・電」利権複合体勢力=悪徳ペンタゴン
である。
 
 詳しくは『日本の独立-主権者国民と「米・官・業・政・電」利権複合体の死闘』(下記参照)をぜひ、ご一読賜りたい。
 
 民主党の鳩山由紀夫前首相およびそのグループ議員が内閣不信任案に賛成票を投じれば不信任案は可決される。日本は活路を見出すチャンスを得る。
 
 このまま、菅内閣が持続すれば、悪徳ペンタゴンによる日本支配が持続してしまうことになる。国民は目を醒まし、悪徳ペンタゴン広報部隊のマスゴミに騙されることなく、菅内閣の一刻も早い退場を強く求めねばならない。

人気ブログランキングへ

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子炉時限爆弾 Book 原子炉時限爆弾

著者:広瀬 隆
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 管直人内閣不信任案が可決され内閣総辞職へ | トップページ | 内閣不信任可決阻止目指すマスゴミ断末魔の叫び »

NHK問題」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKノーコン大越健介投手の政局ノーコン解説:

» 内閣不信任案同調への波 [カナダde日本語]
風邪をひいて、治ったようだったので、抗生物質を1日飲まなかったら、咳がひどくなり、喉も痛くなってしまい、このところ夜はなるべく早めに寝るようにしていた。症状が抑えられていると思ったら、実際はクス...... [続きを読む]

» 内閣不信任案の結果はどう出るか [ライジング・サン(甦る日本)]
昨年菅直人が首相になって以来続く、悪政・失政、地震・原発事故における被災地と被災 [続きを読む]

» 気の抜けたビールかトウシュ・トウロン。 [ゆきひろ社会科日記]
菅政権のだらしなさは 改めて確認することはないが、 [続きを読む]

» コンピュータ監視法を闇で強行採決の裏で、内閣総辞職詐欺茶番劇場ですか!? [B層よ!今こそ覚醒せよ!]
大本営NHK(日本偏向狂会)によると、これだけの不人気・無責任・無能の三拍子全てを兼ね備えている、缶総理大臣及び内閣に対し、国民の多くの声と称して、大震災の復旧もままならない中、内閣総辞職・解散など今すべきではない、といったたぐいの狂気の偏向マインドコントロール報道を連日・連夜繰り返している。... [続きを読む]

» 不信任決議案提出(自民、公明、たちあがれ日本)、問われる与党議員の見識 [政治の本質]
政治の要諦は、国民の安全と衣食住を守り、景気を良くすることだ。 by ロベルト・ジーコ・ロッシ 6月1日、夕方、自民、公明、たちあがれ日本の3党が共同で不信任決議案を衆議院に提出しました。 よう...... [続きを読む]

» 大本営NHKによる大衆への嫌がらせが遂に始まったのか!? [B層よ!今こそ覚醒せよ!]
NHKといえば、今や大衆洗脳メディアの権化と化した大本営放送局として有名であるが、特に酷いのが、ノーコン解説としてお馴染みの大越アナ率いる毎週平日21:00からのニュースウォッチ9である訳であるが、この度、間もなくアナログ放送が終了するということで、未だに地上デジタル放送に移行していない視聴者を対象に、巨大テロップ挿入による精神的ストレス発症を起こさせるという暴挙に出ているというのだから、空いた口が塞がらず、まさに言語道断の極みではなかろうか。... [続きを読む]

« 管直人内閣不信任案が可決され内閣総辞職へ | トップページ | 内閣不信任可決阻止目指すマスゴミ断末魔の叫び »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ