« テレ朝報ステが東電社長現地謝罪を大幅編集報道 | トップページ | 原発事故責任国民転嫁の菅政権東電救済策を糾弾 »

2011年5月 5日 (木)

放射能重大事故責任処理は社長会長現地謝罪から

Photo_2 東京電力は絶対に起こしてはならない事故を引き起こしてしまった。事故発生の原因は、事業者が想定しておくべき津波への対策を怠っていたことにある。東電役員が原子力発電を行うために必要不可欠の善管注意義務を果たしていなかったことも明らかである。また、国も原子力発電所の運転認可において、まったく同じ責任を問われる存在である。
 
 現在は民事上の損害賠償に関心が集中しているが、当然、東京電力の刑事責任が追及されなければならないだろう。
 
(東電勝俣恒久氏3月30日会見→) 
 
 
 政府は東京電力の責任を曖昧にし、損害賠償の負担を一般国民に押し付けるという驚愕の東電救済案を検討しているようだが、このような案が通用するはずがない。全国の電力会社11社には経済産業省OBが顧問や役員で13人が在籍している。
 
 このような癒着関係から、東京電力に対する適正な責任処理が歪められることは許されない。このような不公正で不正義な事業者救済案をぬけぬけと提出するような政府は、国民の力で倒さねばならない。
 
 Photo_3 東電が原子力事故を発生させてから、すでに2ヵ月近くも経過している。原発近隣に居住する住民は、東電が発生させた重大事故により、極めて困難な生活を強いられている。責任ある当事者である東電が地元住民に謝罪すべきことは当然だが、これまで、この基本の謝罪すら、ほとんど行われてこなかった。
 
 事故発生後、会社を代表する社長は3月13日に会見を行った後に姿を消し、会長が会見を行ったのは3週間も経過した3月30日である。
 
(関電藤洋作氏 2004年8月31日→)
  
 3月31日付け記事
「真摯な謝罪姿勢が感じられない勝俣東電会長会見」
に記したが、東電の姿勢には、起こしてはならない重大事故を引き起こした当事者としての真摯な反省の姿勢がまったく見られない。
 
 関西電力が美浜原発で事故を引き起こした際、社長の藤洋作氏は直ちに現地に入り、真摯な謝罪の姿勢を示した。事故で死亡した原発作業員の通夜に駆けつけ、自ら土下座して謝罪する姿勢を示したのである。
 
 ところが、関西電力会長の秋山喜久氏は表から完全に姿を消し、一切の謝罪を藤社長に押し付けた。藤社長は引責辞任したが秋山会長はそのまま会長の座に居座った。
 
 JR西日本が福知山線で重大事故を引き起こした際も、JR西日本の経営体質を生んだ最大の責任者である井手正敬氏は最初から最後まで雲隠れ状態を貫いた。人間としての心の有りようが、このような有事の際の行動に表れる。

人気ブログランキングへ

Photo_4 東京電力の鼓紀男副社長は5月1日に福島県飯館村を訪れたが、避難住民は、なぜ社長、会長が来ないのかと詰め寄った。
 
 地元住民が体育館の地べたにそのまま座るなか、東電幹部職員は座布団を外すこともなく謝罪の席に座った。体育館の上座に東電職員が位置し、下座に地元住民が座らされる配置に、問題の構造が浮き彫りになっている。
 
 東電が謝罪のために訪問するなら、自らの配置を下座に設定するなり、せめて座布団をはずす程度の気配りをする必要がある。
 
 会長は対外的に会社を代表する人物である。会社をあげて謝罪の意思を示す意思があるなら、社長、会長が連れだって、すべての避難所を訪問して謝罪するべきだろう。
 
 菅直人政権は電力事業の公共性に鑑み、電力供給の安定性を重視する視点から東電の債務超過を避けるとの方針を示しているが、言語道断の判断である。
 
 この問題については稿を改めるが、公共性の観点から電力の安定供給を図ることと、東京電力の責任を適正に問うこととはまったく別の問題である。つまり、東電の責任を適正に問い、他方で、電力の安定供給を実現することは十分可能なのだ。
 
 こんな子供だましの説明で、国民負担により東電を救済することが通用するわけがない。菅直人氏が内閣総理大臣の地位にあるからといって、何から何までやりたい放題をできると思うなら大きな間違いである。東電に対する責任追及が著しく甘いものであることは現在の東電株価が明白に物語っている。
 
 そもそも日本国民は菅直人氏を総理大臣として信任しないことを、2010年7月の参院選ではっきりと意思表示しているのである。菅直人氏は、この瞬間に辞任すべきであったのに、なお、私利私欲のためだけに、いまも総理大臣の椅子にしがみついている、ただの権力亡者である。その権力亡者が、不公正で不正義の政策をさらに進行させることは許されない。
 
 被災地に何度も無駄なパフォーマンスのために足を運ぶ時間があるなら、その前に、福島の子どもたちを死の道に誘導する殺人放射能基準を直ちに是正するべきである。
 
 日本では法律で、一般人の年間被曝量上限は1ミリシーベルトに定められているのだ。20ミリシーベルトはその20倍であり、殺人政権と呼ばれて、いかなる反論もできないはずだ。
 
 このような状況が続くなら、最終的には各地で暴動が生じるだろう。暴動によって、実力で政治体制を変革しようとの意思が生まれるのは、極めて順当な情勢になりつつある。

人気ブログランキングへ

原子炉時限爆弾 Book 原子炉時限爆弾

著者:広瀬 隆
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« テレ朝報ステが東電社長現地謝罪を大幅編集報道 | トップページ | 原発事故責任国民転嫁の菅政権東電救済策を糾弾 »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射能重大事故責任処理は社長会長現地謝罪から:

» このままでは福島第1原発の作業員が居なくなってしまう!驚くべき実態 [ニュースを読まねば]
先日、東京電力の役員や社員の報酬がカットされても一般的な給与所得者からみればまだまだ高額な報酬を受け取っていることを、貧乏人の僻(ひが)みと共に投稿した。 『減俸されてもまだ羨ましい高給取りの東京電力社員や役員』(5/1) http://newsyomaneba.seesaa.net/ar…... [続きを読む]

» 『アンシャン・レジーム』とともに… [整体師「ぢゃがいも」です]
アンシャン・レジームと…旧体制を指す用語。(うぃきぺてぃあ先生より) この言葉を知ったのは、茂木さんのこの文章 を読んでからである。 みなさまにもぜひ目を通していただきたいので、こちらに転載させていただく。 ※)転載開始 震災以降  震災以降、何か気分が... [続きを読む]

» AVを下院選挙に導入するかを問う、国民投票がイギリスで開始 [アーサーの何でもやってやろう!]
イギリスでは「AV」優先順位付き連記投票制を、下院選挙に導入するかを問う国民投票が開始されました。 英選挙制度で国民投票始まる 世論調査は変更反対68% http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819580E2E7E2E2938DE2E7E2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2?n_cid... [続きを読む]

» やはり私は鳩山元首相を擁護する。 [アーサーの何でもやってやろう!]
私のブログは、鳩山元首相を擁護する姿勢は変わらない。 なので、この記事は取上げないといけないだろう。 09年末に辺野古移設容認 鳩山氏が伝達と米公電 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011050501000524.html ※東京新聞 鳩山元首相は「新たな移設先が見つか... [続きを読む]

« テレ朝報ステが東電社長現地謝罪を大幅編集報道 | トップページ | 原発事故責任国民転嫁の菅政権東電救済策を糾弾 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ