« 原発事故厳正責任処理なければ大事故再発は必定 | トップページ | 政治私物化し民主主義根幹踏みにじる岡田克也氏 »

2011年5月15日 (日)

日本を最大不幸社会に導く菅直人氏に退場宣告を

菅政権の政策運営ではこの国は崩壊してしまう。

 三つの重大問題がある。
 
 第一は福島原発放射能事故を人為的に深刻化させていることだ。事故発生直後、水素爆発の危険が高まり、ベントの実施が必要になった。この局面で菅直人氏は福島原発への視察を強行実施し、その結果として、本来3月11日深夜には実施されるはずのベントが3月12日午後にずれ込み、第1号炉および第3号炉の爆発を招き、放射能事故を人類史上最悪レベルのレベル7にしてしまった。
 
 この間の経緯について、菅直人氏は曖昧な供述を繰り返しているが、真相を明らかにする必要がる。原発事故が著しく深刻化した原因の一部が菅直人氏のパフォーマンス優先の行動にあった可能性が高い。
 
 起こしてはならない原発放射能事故を引き起こしてしまった。原発事故を引き起こしてしまった以上、最優先されなければならないことは国民の生命の安全と健康被害の回避である。
 
 そのためには、費用がかかっても絶対安全の基準に従って、住民や子どもたちの避難を実行するとともに、あらゆる情報を全面的に開示する必要がある。
 
 ところが、菅直人氏が採用している方法は、まったく逆である。必要な情報を隠蔽し、財政支出を節約するために県民の生命、健康を犠牲にする行動を維持している。このままでは、菅直人氏の誤った政策運営のために、多くの尊い命や健康が犠牲にされてしまうだろう。
 
 第二は、原発事故を発生させた当事者である東電に対して、適正な責任を求めない方針を示したことだ。原発事故によって、何の罪もない事業者の多くが倒産に追い込まれている。
 
 その一方で、事故発生の第一の責任を負う東電が国民負担で救済されることが許されるはずがない。東電の役員は全員退陣させられなければならないだろう。ところが、会社を代表するトップである勝俣恒久会長まで、会長職に留まるとの報道が示されている。
 
 金融機関の債権放棄の要請などと伝えられているが、経営者および株主の責任を問わずに金融機関が債権放棄すれば、これは、東電経営者と東電株主への利益供与でしかない。東電の経営者、株主、金融機関、者債権者、従業員に対する適正な責任処理は不可欠だが、菅政権は東電救済策を強行しようとしている。

人気ブログランキングへ

第三は、大震災に伴う日本経済の急激な悪化に対して、無策を決め込んでいることだ。第一次補正予算を成立させたが、4兆円の予算規模のうち、1.5兆円は本予算からの流用、2.5兆円の支出については、第2次補正予算で増税を行うことが予想されている。これでは、景気浮揚効果はゼロである。
 
 膨大なインフラが破壊されてしまい、さらに原発事故で福島を中心とする住民に甚大な経済被害が発生している。直ちに大型の経済対策を決定し、実行しなければならないが、菅直人氏は無策を決め込んでいる。
 
 自分自身に対する不信任案が衆院で可決されないように通常国会を閉会し、景気対策を秋に先送りするのだという。これ以上の本末転倒はない。自分の保身のために国民全体を犠牲にしようとする姿勢である。
 
 この現実を踏まえれば、日本の未来のために、国民の不幸を回避するために、菅直人氏には退場してもらうことが望ましい。
 
 震災復興の途上で政局に時間を割く余裕はないとマスゴミは主張するが、日本の命運が託されるこの重要な時期に、リーダーとしての資質のない内閣総理大臣が居座ることの弊害の方がはるかに大きい。
 
 野党が内閣不信任決議案を提出する場合、民主党議員のなかで、真に国民の幸福を考える議員は、躊躇なく内閣不信任決議案に賛成するべきである。
 
 マスゴミは恐らく内閣不信任案決議の可決阻止に全力をあげるだろう。それは、日本国民の幸福を重視しての行動ではない。菅政権存続でマスゴミ自身が利益を受けるからである。マスゴミの誤った誘導を糾弾し、菅直人氏に一刻も早く退場を求めるのが、この国の唯一の活路である。

人気ブログランキングへ

原子炉時限爆弾 Book 原子炉時限爆弾

著者:広瀬 隆
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 原発事故厳正責任処理なければ大事故再発は必定 | トップページ | 政治私物化し民主主義根幹踏みにじる岡田克也氏 »

菅直人選挙管理内閣」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本を最大不幸社会に導く菅直人氏に退場宣告を:

» 子供たちの将来を良くしたいなら、大人たちが逃げないで真実を暴き出すことが重要である [ライジング・サン(甦る日本)]
原発事故の影響で放射線が拡散され、その影響を現時点では必要以上に過敏になっている [続きを読む]

» 西村肇(にしむらはじめ)東大名誉教授の理論 [整体師「ぢゃがいも」です]
1ミリか20ミリか、などという簡単な議論ではない。 遺伝子工学から考えると、「年齢」病歴から見ての「免疫系の強さ」「遺伝子回収能力の強さ」などを個々人見ないといけない。 いま福島原発におこっていること、それを語るためには少なくとも 「... [続きを読む]

» リストラでお茶を濁す東京電力と経済産業省の仲間達 [ニュースを読まねば]
以前の投稿で、東京電力がこのたびの福島第1原発事故の賠償を行うためのリストラの一環として年俸削減を言い出したが、実にばかばかしい内容であることを紹介した。 『減俸されてもまだ羨ましい高給取りの東京電力社員や役員』(5/1) http://newsyomaneba.seesaa.net/art…... [続きを読む]

» 【必見】2011年5月15日放送、NHKETV特集 「ネットワ―クで作る放射能汚染地図~福島原発事故から2ヶ月~」 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
ネットワ―クで作る放射能汚染地図 01 http://www.youtube.com/watch?v=BUltgqsTTGg ネットワ―クで作る放射能汚染地図 02 http://www.youtube.com/watch?v=J7dfoqCj5BA ネットワ―クで作る放射能汚染地図 03 http://www.youtube.com/watch?v=6H30i_jI_Ys ネットワ―クで作る放射能汚染地図 04 http://www.youtube.com/watch?v=bUA6BueVBR8 ... [続きを読む]

» 【政治】菅首相、世論の評価上昇で強気の“居座りモード” 自民「怒りに満ちた気持ちで対応」 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
菅直人首相が居座りを決め込もうとしている。東日本大震災からの復興が遅れる中、16日の衆院予算委員会では、平成23年度第2次補正予算案の提出が8月以降になると表明。開き直りとも言える先送り姿勢の背景には、内閣支持率の上昇傾向と、民主党内外でなかなか進まな…... [続きを読む]

« 原発事故厳正責任処理なければ大事故再発は必定 | トップページ | 政治私物化し民主主義根幹踏みにじる岡田克也氏 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ