« 菅直人氏は国民に最も悪質なウソをついている | トップページ | 避難所の居住環境改善・水回り整備を優先せよ »

2011年5月26日 (木)

震災発生から二月半いま何よりも求められること

大震災発生から2ヵ月半の時間が経過した。被災地および原発事故被害地では、いまも十万単位の住民が、極めて困難な生活を強いられている。政府の役割は国民の生命、財産、生活の保証であり、有事の際には何よりも迅速で大胆な行動が求められる。
 
 ところが、菅政権の政策対応はあまりにも遅い。その最大の理由は、菅政権の政策運営が財務省に支配されているからである。
 
 財務省は今回の震災を、増税実現のチャンスとしてしか捉えていない。被災者や原発災害の被害者を全力をあげて救済するなどの考えは毛頭ない。
 
 震災復興策が遅々として論議もされないのは、この震災復興策のなかに、増税論を埋め込むことが最大の狙いになっているからだ。
 
 この非常時に増税論を優先することに対する風圧は強い。国民も、良識ある識者も、そして常識感覚を備えた政治家も、この点で見解は一致する。
 
 この状況下で震災復興策の検討に入れば、増税論は横に置かれ、経済支援政策だけが論議されることになる。むろん、これが正しい道であるのだが、それでは困るというのが財務省のスタンスである。
 
 今後、あらゆる材料を用いて、震災復興の費用を近未来の増税によって賄う案を提示し、その方向の流れができた時点で復興政策を本格論議しようと考えている。
 
 菅直人氏は自分自身の延命しか考えておらず、財務省のこの戦略に乗ることが、自分自身の延命をもたらすものであると考え、震災復興策をまったく検討しないのである。
 
 すでに本ブログに記述してきたように、2011年度本予算は、史上空前のデフレ予算である。その詳細は『金利・為替・株価特報』をご購読賜りたいが、かつての橋本政権、小泉政権以上の緊縮予算が執行されている。
 
 4兆円規模の2011年度第1次補正予算が成立したが、これも、1.5兆円が本予算からの振り替え、2.5兆円が増税で手当てされる見込みのもので、景気浮揚効果は基本的にゼロである。

人気ブログランキングへ

私は外貨準備を売却して50兆円規模の震災復興策を決定して実行するべきだと主張しているが、単年度で言えば、最低15兆円規模の財政支出の追加が急務である。
 
 財政再建を重視していても、経済の崩壊を招けば、税収が急減し、財政収支は改善するどころか悪化してしまう。
 
 そして、何よりいま求められていることは、国民の生命、健康、生活を支えることである。大震災によって膨大なインフラが破壊されたのである。経済の復旧、復興にお金がかかるのは当たり前なのだ。
 
 それにもかかわらず、本格的な補正予算を早急に国会に提出しようともせず、ただひたすら消費税大増税を実現するための方策を検討するなど、国民の代表である政府の取る行動ではない、悪魔の取る行動だ。
 
 財務省による財政再建原理主義を排除して、国民本位の、そして真にマクロ経済の変動メカニズムを理解した経済政策運営を実行しなければ、この国の悲劇は拡大するばかりである。
 
 この意味でも菅政権には早期退場が強く求められる。政権を刷新して、国民本位の政策運営を取り戻さなければ、国民の不幸は最大化するばかりである。

人気ブログランキングへ

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子炉時限爆弾 Book 原子炉時限爆弾

著者:広瀬 隆
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 菅直人氏は国民に最も悪質なウソをついている | トップページ | 避難所の居住環境改善・水回り整備を優先せよ »

経済政策」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震災発生から二月半いま何よりも求められること:

» 個の尊厳と自由を理念化した震災復興を! [ブログ・心理カウンセラーがゆく!]
不条理に屈することなく気高くある人! [続きを読む]

» 俳優「山本太郎」がドラマをおろされたらしいぞ! [整体師「ぢゃがいも」です]
本物の日本男児、山本太郎 言論統制バンザイニッポン 北朝鮮よりプルトニウムを保有し、北朝鮮より「お上に逆らうやつは干す」 いったい私たちの祖国日本をこのようにしたのは、誰なんだ。 どうして、この「福島原発事故」という まだ終息の道が見えない「大人災」の責... [続きを読む]

» 【政治】小泉進次郎氏「辻元ボランティア担当補佐官、何をやっているのか・・・知る人ほとんどいない」-衆議院内閣委員会[11/05/25] [政治経済ニュース・今私の気になる事]
【原発】“枝野VS小泉”原発対応・震災復興で論戦 【原発】「枝野VS小泉」原発対応・震災復興で論戦(11/05/25)  菅総理大臣が不在のなかで、真っ向勝負です。G8出席で菅総理がいない国会で、自民党の小泉進次郎議員が、枝野官房長官に政府の原発事故の対応や復旧作業を…... [続きを読む]

» 私の日本人論 [小惑星]
nbsp;日本人は21世紀をどう生きるべきか?そもそも日本人とはどういう民族なのか―私―mi9chael ―Modernism原理主義者―かつての加藤周一氏のファン―の思うところを述べてみたい。 日本人は基本的に「Artの民」であるというのが、私の基本認識である。 Artは2つの意味を持っている1−芸術(詩、文学、美術)2−技術一般―自然科学を含めてもいい日本人はこの2つのArtに秀でている―日本の芸術としてのArtの精髄は恋愛文学であろう―千年前の源氏物語、古今集等の勅撰和歌集、万葉集な... [続きを読む]

» 震災復興を妨げる勢力 その名は・・・ [政治の本質]
今の日本に必要なのは、1日も早く復興予算を成立させ復興資金を被災地と日本経済に投入することである。 ところが、それを妨げる勢力が日本に隠然たる影響をマスコミ及び世論に及ぼしています。 その勢...... [続きを読む]

« 菅直人氏は国民に最も悪質なウソをついている | トップページ | 避難所の居住環境改善・水回り整備を優先せよ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ