« 今世紀最大級三つの重大茶番が同時進行している | トップページ | 経営者・株主・債権者責任免責を東電救済策と呼ぶ »

2011年5月12日 (木)

「東電に入ればこの世は天国」東電救済策が固まる

東電に対する救済策案の骨格が政府によって決定された。

 予想された通り、原発事故を引き起こした東電に適正な責任を求めない、東電救済策が決定された。原発事故の損害賠償資金はいずれ料金引き上げで一般国民に転嫁される。それまでのつなぎ資金が足りなくならないように、政府は公的資金を5兆円も注ぎ込む。りそな銀行と同様の自己責任無視の不正救済が動き出す。
 
 政府による不正で不正義の民間企業救済では、今回の東電救済が東正横綱、りそな銀行救済が西正横綱になる。利権まみれの悪政で菅政権は小泉政権と並ぶ悪の両巨頭になる。
 
 原子力事業は米官業政電+学の利権複合体が、自らの利益のために推進してきた事業である。原子力事業の持つ無限のリスクを無視して、巨大な利権事業である原子力事業が推進されてきた。
 
 その中核に位置する東京電力が、人類史上最悪レベルの放射能放出事故を引き起こした。
 
 原子力事業は地球を滅亡してしまいかねない重大なリスクを内包している。このリスクを真摯に受け止めるならば、原子力事業から撤退するのが、人間の叡智である。勇気には前に進む勇気もあるが、もっとも価値のある勇気は、一歩退く勇気である。
 
 重大な原子力事故を引き起こしたとき、事故を引き起こした当事者に、適正に責任を求めれば、原子力事業から手を引く冷静な判断が働くようになる。
 
 東電のような大企業でも、ひとたび重大事故を引き起こせば、たちまち債務超過に陥り、会社が倒産する。それほどまでに、原子力事業に重大なリスクが内包されているのだ。
 
 だから、東電に対して、自己責任原則を軸にした厳しい対応が必要だった。

人気ブログランキングへ

ところが、菅政権が決定したのは、適正な責任追及ではなく、東電に対する国民負担による救済策である。東電の株価が500円を回復したが、株価は東電に求める損害賠償負担が債務超過をもたらすものにはならないとの見通しを示している。
 
 電力の安定供給、社債市場の安定性確保などのもっともらしい理由が付せられているが、すべて、東電救済策を押し通すための方便にすぎない。
 
 東電社債の残高は5兆円あり、東電社債がデフォルトになると、社債市場が混乱するなどと、外資系証券会社のスタッフが東電救済を正当化する解説を示したが、まったく意味不明の説明だ。
 
 民間会社の発行する社債には、もとよりリスクが存在している。表面化したリスクを投資家に負わせずに、政府が尻拭いするのなら、市場の規律は緩み、責任ある経営は行われなくなる。
 
 このような不公正で不正義の東電救済策が通用するなら、この国は、そのことだけをもってしても、三流国であることが明確になる。
 
 米官業政電の利権複合体と御用学界が癒着して、原子力事業が推進されてきた。人類史上最悪の放射能事故が発生しても、利権複合体の結束は高く、東電の責任は問われず、原子力事業は今後も推進されてゆく。
 
 まさに東電天国の状況だ。巷間ではこうした現状を踏まえて、
「東電に入ろう」という替え歌が歌われている。これを菅政権のイメージソングにするとよいだろう。

人気ブログランキングへ

以下のYOU TUBE 映像をご覧いただきたい。

「東電に入ろう(倒電に廃炉)」
 

 歌詞は以下の通り
 
《トーデンに入ろう》
 
 G        D7
1
皆さんがたの 中に
 
 D7             C
東京電力に入りたい人は いませんか
 
 G          D7   
ひと旗あげたい人は いませんか?
 
 G    CD7 G
東電じゃ人材  もとめてます

 G    D7    G
※東電に入ろう  入ろう  入ろう
 
 G   A7   D7
東電に入れば この世は天国
 
 C  G    C  G      CD7    G
男の 中の  男はみんな  東電に入って 花と 散る!
 
2
スリルを味わいたい 人いたら
いつでも東電に お越しください
ウランでもプルトニウムでも なんでもありますよ
下請~け使えば 平気です
 
※くりかえし
 
3
原発推進派の みなさんは
原子炉の真下に お集まりください
いますぐ体に悪い わけじゃありません
シャワーで洗えば 平気です
 
※くりかえし

人気ブログランキングへ


4
原発はクリーンな エネルギーです
プルトニウムはそんなに怖い もんじゃありません
放射能出すといっても 半減期は
たった~の2万と 4千年です
 
※くりかえし
 
5
日本のエネルギーを 支えるには
原子力に頼らないと いけません
多少の被爆は やむをえません
イソジン飲んでおけば 平気です

※ くりかえし
 
6
使用済みの核燃料は ぜんぶまとめて
ドラム缶に詰めたら だいじょうぶ
六ヶ所村のプールで 冷やしてます
たった~の300年の がまんです

※くりかえし
 
7
水が漏れてるけど 騒ぐんじゃない
煙が出てるけど あわてるな
屋根が吹っ飛んだけど 全然だいじょうぶ!
とにかく塩水で 冷やしてます
 
※くりかえし
 
8
いますぐ危険って わけじゃないけど
牛乳も野菜も 捨てましょう
政府のおエライさんが 言ってます
補償は税金で 払います
 
※くりかえし
 
9
ガイガーカウンタは 売り切れてます
君たちそんなもの持っちゃ ダメですよ
放射線の値は こちらで発表します
信じる者は 救われる!
 
※くりかえし
 
 ニコニコ動画バージョンもあるのでご高覧賜りたい。
 
“too big to fail”(大きすぎるのでつぶせない)
 

モラルハザードという、重大な問題を引き起こす。
この反省に立って確立されたのが、
 
“too big to close”(大きすぎるので閉鎖しない)
 

の原則である。
 
 しかし、菅政権は利権複合体の中核メンバーとして東電救済策を決めた
 もちろん、天下り制度も温存したままである。
 
 日本国民はこんな悪代菅政治を容認してしまうのか。国民の判断力と矜持が問われている。

人気ブログランキングへ

原子炉時限爆弾 Book 原子炉時限爆弾

著者:広瀬 隆
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 今世紀最大級三つの重大茶番が同時進行している | トップページ | 経営者・株主・債権者責任免責を東電救済策と呼ぶ »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「東電に入ればこの世は天国」東電救済策が固まる:

» 『銘闇』 [整体師「ぢゃがいも」です]
「暗」…そのダークを「影」にするか「闇」にするか。 『銘暗』  大学生のとき「銅版画」を専攻していた。  一般的に想像する版画は『凸版画』だろう。小学生のとき彫刻刀で制作した人も多いのでは。  簡単に説明すると「凸版画」は削った部分が白く(インクがのらな... [続きを読む]

» チェルノブイリ事故の犠牲者は100万人 A Million Casualties [脊振の麓~大自然の図書館 in 福岡 @読んで得するやさしい基礎知識と癒しのネコ写真@  ]
隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ/小出 裕章 ¥1,470 Amazon.co.jp 放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策/古長谷 稔 ¥1,260 Amazon.co.jp 原発事故 残留汚染の危険性/武田 邦彦 ¥1,050 Amazon.co.jp 原子炉... [続きを読む]

» 勇敢さと大胆さ [高橋敏男のブログ]
昨日の戦略論講座の講師は、 [続きを読む]

» 狂った「アキカン民主党政権」原発・震災のドサクサに紛れ国民見殺し弾圧法案垂れ流し。 [ゆきひろ社会科日記]
カンが狂っているのは当たり前だが 狂人が権力を持つと何をしでかすかわからない [続きを読む]

» ハゲタカが餌を狙って待ち構えている [ライジング・サン(甦る日本)]
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/20 [続きを読む]

» 原子力ビジネス解体に向けて!浜岡原発停止にごねる中部電力社長 [ブログ・心理カウンセラーがゆく!]
子どもの命より原発電力を優先する死の商人・原子力ビジネス経営者! [続きを読む]

» 東電は民間会社なのだから倒産させろ [政治の本質]
管民主党及び行政機構は東電に公的資金を投入して「国営」扱いにして東電の存続をもくろむ。 東電は、民間会社なのだからまずは、倒産が先決だ。 足らない保証金に対して政府が保証していくのが資本主義社会...... [続きを読む]

» 資料 原発事故 70 メルトダウンと断定 [木霊の宿る町]
★三月十四日 資料5 にこう書きました: メルトダウンへ向かっている恐れがある原発事故の状況が手に負えなくなっているのではなかろうかと疑う日本時間、十四日の十一時に三号機で水素爆発した由 格納容器は無事と繰り返している しかし・・・・ 海水注入してるにも関わらず燃料棒(四メートル)がしょっちゅう露出しているのは格納容器に損傷が起きていて水が漏れているからではなかろうかとオノマは心配している。杞憂なら良いのだが・・・・ http://onomar.jugem.jp/?day=20110... [続きを読む]

« 今世紀最大級三つの重大茶番が同時進行している | トップページ | 経営者・株主・債権者責任免責を東電救済策と呼ぶ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ