« 震災発生から二月半いま何よりも求められること | トップページ | 小沢一郎氏の重要発言:国難だからこそ刷新が必要 »

2011年5月27日 (金)

避難所の居住環境改善・水回り整備を優先せよ

大震災発生から2ヵ月半の時間が経過しているが、津波で甚大な被害を受けた地域の住民、さらに東電福島原発が引き起こした人類史上最悪レベルの放射能災害による被害者住民は、いまも極めて困難な避難所生活を強いられている。
 
 これから梅雨期に入り、さらにその後には猛暑と台風シーズンが待ち構えている。季節外れの早い時期の大型台風も発生しており、被災地および原発被害地の生活環境、衛生環境が懸念される。
 
 菅直人氏はお盆までに、仮設住宅への転居を希望するすべての被災者および原発事故被害者が仮設住宅に入居できることを確約した。確約した以上、責任をもって、その実現を図らねばならない。
 
 しかし、仮設住宅の利用期間は原則として2年に限られており、その後の住民の生活環境の整備も視野に入れねばならない。
 
 津波の被災地の復興をどのように進めるのかが検討されるが、政府の対応はあまりにも遅い。迅速かつ大胆な政策を早急に打ち出し、被災者や原発事故被害者の負担を可能な限り軽減するように努めるのが政府の責務である。
 
 復興計画を立てる際に、公的に住宅を建設する構想を盛り込むべきである。福島原発事故被害者の生活を補償するための住居整備は東電の責任において実行するべきだ。また、津波の被災地においても、公的住宅整備を復興構想のなかに盛り込み、いずれその住居を被災者住民に譲渡する枠組みを描くべきである。
 
 復興構想のなかに、被災者住民および原発事故被害者住民の中長期の居住環境整備をしっかり盛り込むことが何よりも重要である。
 
 その一方で、いま、万全の対応を取るべきは、仮設住宅への転居までの措置である。避難所によっては、各世帯ごとに大型のテントが設置され、避難所生活ながら、一定水準のプライベート空間が確保されている箇所があるが、他方では、依然として体育館のなかに低い段ボールが間仕切りに用いられているだけの箇所がある。
 
 また、水道、洗面、風呂、トイレ、汚水処理などの水回りの環境整備が不十分で衛生面の重大な問題が生じている箇所も少なくない。
 
 仮設住宅への転居が完全に終了するまでには、まだ3ヵ月もある。この3ヵ月に梅雨や猛暑、台風などが予想されており、政府と東電はこの季節の居住環境整備に責任を持つべきである。
 
 避難所の一部で大型テントを導入できたのであるから、すべての避難所で同様の対応が可能であるはずだ。同時に避難所の水回りの環境整備に全力を尽くすべきだ。
 
 サミットに参加するだけで膨大な税金が使われている。このような費用を節約してでも被災者住民や原発事故被害者住民の生活環境改善に心と力を尽くすのが本来の為政者の姿である。
 
 社民党は内閣不信任案に同調しない方針を示しているが、もっと真摯に主権者国民の声に耳を傾けるべきである。
 
 菅政権は原発事故が発生した際、何よりも重要な放射能汚染関連情報を隠蔽して、その結果、極めて多数の住民が高水準の被曝を受けたと思われる。とりわけ、3月15日から16日にかけて、原発の北西地域で雨に打たれた住民は、極めて深刻な被曝被害を受け、さらに内部被曝している可能性が高い。
 
 また、幼稚園や保育園を含む子供たちに、高線量の放射能被曝を容認することも、国際的な医療の常識から外れる対応である。つまり、何よりも大切な国民の生命や健康を、財政支出を節約する目的で犠牲にしているのが菅政権なのである。この政権を排除し、国民本位の政権を樹立することは主権者国民の共通した希望である。
 
 社民党には、しっかり主権者国民の意思を尊重するスタンスを取ってもらいたい。

人気ブログランキングへ

原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1) Book 原子力神話からの解放 −日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社+アルファ文庫 G 227-1)

著者:高木 仁三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子炉時限爆弾 Book 原子炉時限爆弾

著者:広瀬 隆
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 震災発生から二月半いま何よりも求められること | トップページ | 小沢一郎氏の重要発言:国難だからこそ刷新が必要 »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 避難所の居住環境改善・水回り整備を優先せよ:

» 龍馬伝。 [整体師「ぢゃがいも」です]
上士と下士。士農工商。身分制度。それでも日本を想う気持ち。 う~ん。そりゃ福山さんかっこええわ 日本国憲法があって。 国民ひとりひとりに「権利と義務」があって。 別に政治家が隣を通ろうとも 道を譲ることはないし。 (まあハイヤーとかで移動で、SPつきで... [続きを読む]

» WSJ 「小沢一郎:一問一答」 [ライジング・サン(甦る日本)]
本日、時間があまりないので、WSJの記事のリンクを貼っておきます。 小沢一郎氏に [続きを読む]

» 狼おとこ(菅)が海を渡り世界に大法螺を撒き散らす。 [ゆきひろ社会科日記]
5月23日、参議院行政監視委員会。 小出章裕氏、参考人意見での最後の言葉に ガンジーの7つの遺言披瀝したそのひとつ 「理念なき政治」 現在の政治状況を捉えた言葉ではなかったのか。... [続きを読む]

»  小沢一郎民主党元代表が語る「恐ろしい真実」! [杉並からの情報発信です]
国際的な影響力を持つ米国日刊新聞(220万部発行)「ウオール・ストリート・ジャーナルル」の日本版が本日(5月27日)付けサイトで小沢一郎民主党元代表との単独インタビューを掲載しています。 小沢市郎氏はインタビューの中で以下のような「恐ろしい真実」を語っ...... [続きを読む]

» ”ストーカー” [格闘する21世紀アポリア]
隕石が落ちたのか 宇宙人が来たのかわからない とにかくある地域に奇怪な現象が起きた そこがゾーンだ 軍隊を派遣したら 全滅してしまった それ以来ゾーンは 立入禁止になっている 手の打ちようがないんだよ ――ノーベル賞物理学者ウォーレス博士がライ記者に語った言葉 ...... [続きを読む]

» A2320 梅雨猛暑 台風季節 避難所の(衛生面、水回り) 居住環境 整備優先 [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

» 【震災】貯金尽き生活困窮「食べていけない」 70日以上缶詰中心の食生活 義援金の給付は7月以降 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
貯金尽き生活困窮「食べていけない」 70日以上 缶詰中心の食生活  70日以上、缶詰中心の食生活が続いている。津波でアパート2階の自宅が流された宮城県石巻市の雁部富士子さん(56)一家は貯金が尽きた。市役所から罹災証明書は交付されたが、義援金の給付は「…... [続きを読む]

« 震災発生から二月半いま何よりも求められること | トップページ | 小沢一郎氏の重要発言:国難だからこそ刷新が必要 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ