« かんぽの宿疑惑不起訴こそ検察審査会起訴の対象 | トップページ | 総理の椅子にしがみつくことだけが目標の大連立 »

2011年4月 2日 (土)

大不況の危機に不況加速政策に突進する菅直人氏

『金利・為替・株価特報』129号=2011年3月25日号を、3月25日に発行した。物流が一部復旧し、129号に比べて早期のレポート送付が可能になった地域が多いと思われるが、一部地域では、なお配送に多くの時間を要し、ご購読の皆様には、大変ご不自由をおかけ申し上げておりますことをお詫び申し上げます。大変ご迷惑をおかけ申し上げますが、なにとぞご理解賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
 
『金利・為替・株価特報』129号のタイトルは、
「経済悪化の深刻化招く大震災政策対応遅延」
 
目次は以下のとおりである。
 
<目次>
 
1.  【経済】95年型株価下落コースを歩む日本経済
 
2.  【政策】予測されていた『原子炉時限爆弾』
 
3.  【政策】財務省に支配される経済政策
 
4.  【株価】予測通りの株価三尊天井形成
 
5.  【政局】自公政権への変質で延命狙う菅直人氏
 
6.  【為替】予測通りの日本円史上最高値更新
 
7.  【中国】ソフトランディングに進む中国経済
 
8.  【金利】国債増発でも債券相場の暴落はなし
 
9.  【投資】投資戦略<目次>

 
『金利・為替・株価特報』では、昨年後半以来、日本の株価が三尊天井を形成する可能性が高いとの見通しを示してきた。
 
 2010年4月の11,339円を大天井とし、2009年8月26日の10,639円と2011年2月21日の10,857円を両肩とする高値を形成する三尊天井を形成する可能性が高いと予測してきた。
 
 その最大の理由は、菅政権が提示した2011年度予算が史上最強の緊縮予算=デフレ予算になっているからだった。
 
 市場エコノミストの大半は2011年の日本経済拡大を予想し、株価上昇を予測した。
 
 しかし、現実には、株価は急落し、予測通りの三尊天井を形成した。
 
 地震の影響で「想定外」の株価下落が生じたと述べるエコノミストが多いが、これらは間違いである。地震が来なくても株価は下落していた可能性が高い
 
 問題は、地震が発生し、株価が急落しているにもかかわらず、菅政権がまったく対応策を検討していないことである。ほとんど生体反応を示していないと言って過言でない。
 
 このまま進むと、一般の予想をはるかに超える景気急降下が発生する。
 
 景気急降下はそのまま雇用量の急減少を意味するから、大失業の発生もほぼ確実である。政府は直ちに超大型の財政政策を決定して発動する必要があるが、政府の対応はあまりにも遅い。
 
 その最大の理由は、この菅政権の経済政策立案機能を財務省が完全に掌握してしまったことにある。
 
 さらに、菅直人氏は、自分自身の延命を最優先して、政権そのものを自民公明両党に勝手に売り渡す暴挙に進んでいる。
 
 自公両党は、庶民大増税という不人気策を菅直人氏に委ねるとの狡猾な判断を持ち始めており、政府から、国民の生活を真剣に考える勢力が消滅しつつある。
 
 主権者国民のための政権は消滅し、米官業政電の利権複合体=悪徳ペンタゴンが支配する政権がこの国の中央に居座る最悪の状況が生じている。
 
 悪徳ペンタゴン悲惨な大不況をいとわない。庶民が苦しもうが、死んでゆこうが、意に介さない。苦しみにあえぐ国民に大増税を課すことも辞さない悪魔の存在である。
 
 95年の日本経済は、「地震・株安・円高・サリン」に見舞われた。株価が底をつけたのは、地震発生から6ヵ月後である。
 
 国民の生活を第一どころか、まったく考えない悪魔の政権が国の政策を握ってしまっている。主権者国民は、最悪の事態を想定してゆかねばならない状況にある。

人気ブログランキングへ

原子炉時限爆弾 Book 原子炉時限爆弾

著者:広瀬 隆
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« かんぽの宿疑惑不起訴こそ検察審査会起訴の対象 | トップページ | 総理の椅子にしがみつくことだけが目標の大連立 »

金利・為替・株価特報」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/39440895

この記事へのトラックバック一覧です: 大不況の危機に不況加速政策に突進する菅直人氏:

» 原発危機:福島第一原発水葬までのロードマップ [静かなる革命2009]
東京消防庁ハイパーレスキュー隊員を始めとする数多くの自らの命を顧みない無名の人々の献身により,第一の危機は乗り越えることができた.危急の事態に「圧倒」される初期状態からぎりぎりのところで巻き返しに転じ,何とか事態をコントロールできる可能性が芽生えてきた.全世界の注視を浴びる中でここまで踏ん張ることができたことを日本国民の一人として誇りに思う.しかし,依然として前途は多難であり,楽観は許されない. 現場的には大量の放射性汚染水をどうするかというところで関係者の苦悶・苦闘が続いている.基礎技術的に... [続きを読む]

» 私も怒ってます。被爆量の報道、東京での買い占め行動、過去には尖閣諸島や特捜検察の暴走も! [父さんの日記]
大震災発生から3週間、被災地への支援、福島原発、政局、国会と、これほどまでに人命軽視・人権無視・国民不在・利権第一の酷い政治とマスコミ報道を見せられると、日本という国は滅亡に向け一直線に突き進んでしまっているように思えてなりません。もしかすると「自国民の命も救えず、自己保身のために放射能汚染を世界規模で拡散させるような連中を野放しには出来ない」ことを口実に、米国や中国が弱体化した日本の併合に向けて動き出すのではないか、などとネガティブな幻想まで抱いてしまうほど、憂鬱な日々が続いています。なんとしても... [続きを読む]

« かんぽの宿疑惑不起訴こそ検察審査会起訴の対象 | トップページ | 総理の椅子にしがみつくことだけが目標の大連立 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ