« 子孫に超危険高濃度放射能使用済燃料は遺せない | トップページ | 国民が生命を守るため政府を無視せざる得ない訳 »

2011年4月11日 (月)

地方選大敗の連赤民主菅岡田氏は辞意公表すべし

統一地方選で民主党が大敗した。知事選では北海道、東京、三重の三都道県で与野党対立型選挙になったが、すべて民主党が推薦する候補が惨敗した。
 
 2009年8月に総選挙があり、歴史に刻まれる政権交代が実現した。主権者国民の主権者国民による主権者国民のための政府が初めて樹立された。
 
 問題は、民主党内に対立する二つの勢力が存在していたことである。
「正統民主」「悪徳民主」=「連赤民主」である。
 
官僚による政治支配
大資本による政治支配
米国による政治支配
から脱却することが政権交代の目的であり、「正統民主」はこの道を目指して進むはずだった。
 
 ところが、「米・官・業・政・電」利権複合体=悪徳ペンタゴンは、主権者国民政権を破壊し、再び悪徳ペンタゴンによる政治支配を回復しようと、新政権発足直後から激しい政治謀略を仕掛けてきた。
 
 普天間問題での鳩山政権攻撃と小沢一郎元民主党代表に対する政治謀略の展開である。
 
 この流れのなかで、2010年6月2日のクーデタ-が実行され、政治権力が主権者国民の手から悪徳ペンタゴンの手に奪われてしまった。
 
 民主党を軸とする政権とは言っても、2009年8月に樹立された政権「正統民主」による政権だったが、2010年6月以降の政権「悪徳民主」=「連赤民主」による政権であり、その基本性格がまったく異なる。
 

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 
「悪徳民主」が政権の軸になって以降
民主党は選挙で全敗している。2010年7月の参院選は菅直人首相・枝野幸男幹事長が菅政権に対する信任投票であると位置付けた選挙だったが、この選挙で菅政権は主権者から「不信任」の審判を下された。本来は、この時点で内閣総辞職が求められた。
 
 しかし、菅直人氏は不当に首相の座に居座りを続けており、いまなお辞任する姿勢を示していない。
 
 その菅政権が統一地方選でさらに大敗を喫した。もはや地方議会で民主党は風前の灯である。菅直人氏は辞任の道筋をはっきりと示すべき段階にいたっている。
 
 民主党が選挙に全敗しているが、全敗しているのは「悪徳民主」=「連赤民主」であって「正統民主」ではない。もう一度「正統民主」の政党を立ち上げる必要があるのだ。

人気ブログランキングへ

菅直人氏は首相の座にしがみつくために自民党に大連立を申し入れたが、自民党に拒絶された。
 
 理由はつある。
 
 第一は、自民党が、いま大連立を求めなくても、次期総選挙で政権を奪還できると考えていること。
 
 第二は、いま大連立が実現すると、大連立に反対する主権者国民勢力が、反民自公勢力として結集する恐れが高いことである。そうなると、悪徳ペンタゴン対主権者国民の対立の図式で二大勢力体制が確立される可能性が高まる。
 
 悪徳ペンタゴンは、日本の二大政党制を、
 
悪徳ペンタゴン対悪徳ペンタゴンの二大政党制
 
として定着させようとしている。
 
 悪徳ペンタゴン勢力同士が手を結ぶと、反悪徳ペンタゴン=主権者国民勢力の台頭を招くことになる。これを避けるために、悪徳ペンタゴンは大連立を望ましくないと考えたのだと思われる。
 
 日本の政治構造を刷新するためには、
 
①官僚天下りの根絶
②企業献金の全面禁止
③対米隷属からの脱却
 

を実行することが不可欠である。
 
 菅-岡田-仙谷-枝野-前原-野田-玄葉-渡部各氏による民主党悪徳8人衆が牛耳る民主党は「悪徳民主」であり、上記三大課題の実現には絶対に進まない。したがって、主権者国民は民主党を「悪徳民主」=「連赤民主」と「正統民主」とに分党し、「正統民主」を核にして、新たな主権者国民勢力を糾合しなければならない。
 
 菅直人氏は首相の椅子への居座りの方針を決めているように見えるが、自民党は菅直人氏の長期延命を認めない方針を示し始めている。
 
 こうした事情を踏まえて、菅直人氏は震災復旧の準備段階に一定の目途が立った時点で、内閣総辞職することを明言するべきである。主権者国民の信を受けていない者たちが政治の中枢に居座ることは、あまりにも不健全である。主権者国民が不信任を突き付けた政権が居座ることは、日本の民主主義そのものの否定である。
 
 統一地方選大敗の結果を受けて、菅直人氏と岡田克也氏は一定の区切りを付けた時点での辞任の方針を広く国民に発表するべきである。

人気ブログランキングへ

原子炉時限爆弾 Book 原子炉時限爆弾

著者:広瀬 隆
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 子孫に超危険高濃度放射能使用済燃料は遺せない | トップページ | 国民が生命を守るため政府を無視せざる得ない訳 »

菅直人選挙管理内閣」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方選大敗の連赤民主菅岡田氏は辞意公表すべし:

» 天罰の不合理~東京都民への哀悼歌 [たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ]
ご存知のように、原発を「推進」してきた市民にも「原発反対」を積極的に訴えてきた市民にも、何の行動も起こさなかった市民にも、東京電力のまき散らした放射能は「平等に」襲ってきている。 同様のことが「選挙」にも言える。今回の選挙結果は、まさに石原慎太郎言う…... [続きを読む]

» 副島隆彦氏の新刊発売のお知らせ [ライジング・サン(甦る日本)]
もうすでに発売されていますが、副島隆彦氏が金融本以外の新刊を幻冬舎新書から出され [続きを読む]

» ★政府とマスコミの八百長で封じられた放射能汚染の実態! [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★政府の報道管制に騙される我慢強く素直でお人好しな日本国民! ★前回のエントリー [続きを読む]

» 主権者として存在したのか・・統一自治体選挙 。その1 [ゆきひろ社会科日記]
4/10 統一自治体選挙前半の結果が出ました。 東京の知事には石原 [続きを読む]

» A1801 大連立 しないでおけば 悪ペンタ 民主、自民の 対立図式(二大政党)/菅直人 首相居座り 決めており [アルデバランの 夢の星]
ツクシ 0331 オウバイ 0331 ハクモクレン 0323" コブシ 0331 トウモクレン 0404 カイドウ 0405 ニワウメ 0331 サンシュユ 0331 ハナニラ 0331 コイ 0330 クレマチス  ... [続きを読む]

» A1802 菅政権 長期延命 自民党 認めぬ方針 示し始めり/主権者(国民)が 信任せぬに 居座るは 民主主義への 否定そのもの [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

« 子孫に超危険高濃度放射能使用済燃料は遺せない | トップページ | 国民が生命を守るため政府を無視せざる得ない訳 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ