« 総理の椅子にしがみつくことだけが目標の大連立 | トップページ | 原発政策を誘導した米国核政策必見ドキュメント »

2011年4月 3日 (日)

高濃度放射能汚染水の海洋放出を選択した菅政権

福島第一原発から高濃度放射性物質汚染水が海に流出していることが明らかにされた。すでに海洋水域では高濃度放射線が計測されていたから、原発から放射能汚染水が流出していたことは明らかだった。
 
 福島原発が、究極の選択を迫られていることを3月29日付記事
「テレビが伝えない福島原発の著しく困難な現況」
に記述した。
 
 炉心溶融を進行させないためには水の注入の継続が必要である。しかし、水の注入を続ければ、高濃度放射能による海洋汚染を継続してしまうことになる。海洋汚染を避けながら炉心冷却を進めなければならないが、その両立が難しい状況にあることを指摘した。
 
 この懸念が現実のものであったことが明らかにされた。
 
 政府と東電は、炉心溶融の継続を避けるために、海洋汚染を選択していたことが明らかになったのである。
 
 放射能汚染水による海洋汚染が生じていることが明らかになったが、炉心冷却を中断していない。このことは、炉心溶融を継続させないために、海洋汚染を選択したことを意味している。
 
 高濃度放射能汚染水による海洋汚染は、人類史上初めて生じる現象であり、先例がない。東電、政府、御用学者は海洋水によって放射性物質の希釈が生じるので人間の健康に影響を与えることはないと主張するが、それほど現実は甘くない。
 
 セシウム137あるいはストロンチウム90などは、海洋生物による生体濃縮という機能によって、驚くべき高濃度放射能に濃縮される可能性があり、この放射能に汚染された魚などを体内に取り込めば極めて重大な体内被曝が生じる恐れがある。
 
 私たちは、イタイイタイ病水俣病の悲劇を忘れるべきでない。
 
 ただし、問題が顕在化するのにある程度の時間がかかることが予想されること、そして、仮に生体濃縮による健康被害が生じたとしても、その因果関係の立証が必ずしも容易でないこと、などが問題を理解する鍵である。
 
 原子炉の炉心溶融が進展し、事態が核分裂が再始動する再臨界にまで進展すれば、格納容器の破壊、炉心爆発などによる最悪の事態が発生することになる。
 
 格納容器自体が溶け落ちて、核分裂が外界に直接晒されることになれば、とてつもない放射能の拡散が生じることになる。当然、事態改善のために人間が近づくことすら不可能になる。この状態に至るのが「チャイナ・シンドローム」であるが、その危険性が消滅していないのが福島原発の実態である。

人気ブログランキングへ

炉心冷却を継続している限り、この最悪のシナリオは現実化することはないが、この最悪のケースを回避するために、高濃度放射能汚染水による海洋汚染容認の選択が行われているのだ。
 
 政府、東電はこの海洋汚染を実行していることから、御用学者を動員して、海洋汚染の危険性を否定する言論統制を行っているが、深刻な海洋汚染は看過できる問題ではない。
 
 セシウム137やストロンチウム90などの生体濃縮による健康被害の可能性については、日本のイタイイタイ病被害事例、水俣病被害事例などを踏まえて、重大に、そして慎重に健康被害を考察するべきである。
 
 菅直人政権は炉心の冷却を継続していることから、「チャイナ・シンドローム」という最悪の事態に発展するリスクが低下したとして、定例の記者会見すら取りやめてしまった。しかし、冷却水注入は高濃度放射能汚染水の海洋への垂れ流しによって支えられているのである。
 
 高濃度放射能汚染水の海洋への垂れ流し事態が、重大な犯罪的行動であることへの認識が決定的に欠落している。
 
 この状態を放置すれば、近隣沿岸漁港で水揚げされた魚介類が消費者から排除される事態が生じることは当然である。これを「風評被害」と呼ぶことは適切でない高濃度放射能汚染水の海洋への垂れ流しを放置する政府がもたらす「人災」である。
 
 高濃度放射能汚染水の海洋垂れ流しがもたらす健康被害の可能性について、御用学者ではない、正義と良心を捨てていない専門家のコメントを広く流布してゆく必要がある。生体濃縮された放射性物質を体内に取り込むことによる体内被曝の影響は、驚くほどに深刻であることを、我々は正確に認識しなければならない。

人気ブログランキングへ

原子炉時限爆弾 Book 原子炉時限爆弾

著者:広瀬 隆
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 総理の椅子にしがみつくことだけが目標の大連立 | トップページ | 原発政策を誘導した米国核政策必見ドキュメント »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高濃度放射能汚染水の海洋放出を選択した菅政権:

» 小沢原発利権とは?~小沢叩きもネタ切れ? [どなんとぅ ぬ だぁ]
「小沢動く!」のメッセージ(3月28日岩手県庁訪問後の記者会見)に前後して「民主 [続きを読む]

» 「大連立」騒ぎにひと言。~小沢大連立構想とどこが違うのか? [どなんとぅ ぬ だぁ]
どうしても小沢の手足を縛りたい輩がおかしなことを言い出さぬうちに釘を刺しておきま [続きを読む]

» 被災者も救済できない日本国家行政とうそつき報道 ・・ 権力亡者菅政権を支えるマスコミ [ゆきひろ社会科日記]
震災から3週間が過ぎた時点で今なお 飲み水もなくトイレも使えず食料もない 一命を取り留めながら 避難所という名の牢獄に等しいところで 病気になり命を落とす人が絶えない。 これは明らかに3次人災である 何というこの国の行政 国では 菅が大連立を画策し その言い分が 「国難だ野党も一致団結」 国民をばかにした考えである。... [続きを読む]

» 【明るいニュース】水道水中の放射性ヨウ素と放射性セシウムを70%も軽減できる技術を発明。ホタル飼育のノウハウから。安倍宣男理学博士 [父さんの日記]
先週の土曜日(4月2日)、メルマガ・日本一新第42号が配信されました。そこで平野貞夫氏が情報提供してくださった中に、国民の被爆対策という難題を克服するための、ひとつの明るいニュースがありましたので、ご紹介します。 ホタルの飼育に必要とされる汚染水改善技術で有名な理学博士の安倍宣男氏が、「放射性ヨウ素と放射性セシウムの数値が高くなる水道水を、70%削減できる発明をされた、というのです。 安倍博士は「これを小沢先生の名で世の中に知らせて欲しい」と平野氏に話されたそうですが、小沢一郎氏は「大災害の中で、国... [続きを読む]

» 原発危機:高レベル放射性汚染水の海洋への漏出を止める [静かなる革命2009]
今日で震災発生から25日目,1号機の爆発から数えても24日が経過したが,事態は概ね前回のエントリ『原発危機:福島第一原発水葬までのロードマップ』に示した方向にゆっくりではあるが動き始めた.この記事の中で「海面に向かっている冷却水の取水口と排水口は完全に閉鎖しなくてはならない.この水路系の放射線レベルを測定すれば,表流水ないし雑排水系から放射性汚染水が流入している箇所を特定できるだろう」と述べているが,2日になって取水口付近のピットに20センチメートルの亀裂がありそこから高濃度放射性汚染水が流入してい... [続きを読む]

» 拡散希望:低レベル放射性汚染水を海洋に放出する意図的な犯罪行為を直ちに停止せよ [静かなる革命2009]
今日は不覚にも深寝してしまった.パソコンの前に座ったら,低レベル放射性汚染水の海洋への意図的放出が始まっていた.予定していたメガフロート(1万トン)の手配が遅れるためと説明しているが,真っ赤な嘘だ.海に捨てるくらいなら,なぜその水を注水用の原水として使わない?現在高レベル放射性汚染水の水量が増えているのは,原子炉圧力容器に水漏れがあるため外部から調達した用水をポンプで注水しているからだ.現在海洋投棄している低レベル汚染水をこの注水用の原水として用いれば,全体としての水量はまったく変化しないで現状を維... [続きを読む]

« 総理の椅子にしがみつくことだけが目標の大連立 | トップページ | 原発政策を誘導した米国核政策必見ドキュメント »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ