« 東電勝俣会長が原発損害賠償での経営破たん示唆 | トップページ | 原発災害に伴い発生した損害のすべてが原発被害 »

2011年4月23日 (土)

福島原発10キロ圏内泣き叫ぶ牛たちの悲劇

次の映像をご覧いただきたいと思う。

http://www.youtube.com/watch?v=-kNVWIdWpG0&feature=youtu.be

 4月20日に、「脊振の麓~大自然の図書館」様が本ブログにトラックバック下さった

「福島原発10キロ圏内 / 泣き叫ぶ牛たちの末路 Many cattle are dying.

に貼り付けてくださったYOUTUBE映像である。
 
 福島原発が人類史上最悪の原子力放出事故を発生させて以降の、菅-枝野体制の住民避難誘導は拙劣を極めたと言える。
 
 拙劣と言うよりも、その基本姿勢に重大な背徳の姿勢があったことを否めない。住民の生命と健康を万全の体制で守ることよりも、政府と電力会社の賠償責任を最小に抑制することだけが念頭に置かれていたと言わざるを得ない。
 
 事故発生から1ヵ月以上の時間が経過し、放射線量が明らかに過大な地域があるが、菅-枝野体制は国民をそのまま危険地帯に居住させ続ける方針をも示している。また、学校の安全基準が3.8μSv/hに設定されたが、子供に適用する基準としては明らかに過大な数値である。
 
 住民の健康と生命を守るうえで、やり過ぎはない。安全策をとっておいて、後に避難地域を狭める方式を採用すれば、住民が被曝するリスクははるかに軽減される。
 
 原発事故発生直後に避難通告をある程度の時間的猶予を与えて実施すれば、住民は必要不可欠な荷物を持って避難することができたはずだ。

 また、事故発生後も福島原発の建屋内で事故対策の作業が行われたことを踏まえれば、避難した近隣住民の居住地内にいるペットや家畜の生命を守ることも十分に可能であったはずだ。家畜については、直ちに遠隔地に搬送して避難させれば、近隣住民が後に酪農や畜産事業を継続することも可能になったかも知れない。
 
 これらの事情を十分に知りながら、一切の対応策を取らなかったのが菅-枝野体制である。
 
 原発事故発生の責任は東電と政府にある。地震と津波の多発地帯で、わずか115年前に発生した規模の津波に対する備えを怠ったのは重大な過失であり、重大な原発事故発生は100%人災である。
 
 菅直人氏はかつて薬害エイズ問題に関与したことがあるが、薬害エイズ問題と今回の原発放射能放出事故とは、基本的に同じ図式にある。
 
 東電社長が避難者に謝罪したが、菅直人氏は原発避難者にきちんと謝罪をしたのか。人為的な過失により、人類史上最大の放射能放出事故を発生させた責任は限りなく大きい。
 
 民事上の損害賠償責任が論議されているが、同時に刑事上の責任追及が行われる必要がある。刑事捜査当局は直ちに適正な捜査を開始するべきであると思われるが、その具体的な動きはあるのだろうか。

人気ブログランキングへ

原子炉時限爆弾 Book 原子炉時限爆弾

著者:広瀬 隆
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 東電勝俣会長が原発損害賠償での経営破たん示唆 | トップページ | 原発災害に伴い発生した損害のすべてが原発被害 »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発10キロ圏内泣き叫ぶ牛たちの悲劇:

» 政治家・公務員の報酬(給与)を下げよ。そして議員の数を増やし公務員の数を減らせ [ライジング・サン(甦る日本)]
本日、今から数時間外に出かけてしまうので時間がありません。 今は23日PM15: [続きを読む]

» FURUSATO [整体師「ぢゃがいも」です]
原発20km圏内が「立ち入り禁止」になって。 昨日テレビで取材されていた男性がこんなコメントをしていました。 「もう帰る場所ないの。 もう私に住所はないの。 子どもや孫に『ふるさと』はないの。」と。 「自分のこととして考える」ってなかなか難しいですが... [続きを読む]

» 人生が根こそぎ引っこ抜かれたー原発封鎖のなかでー [三保小次郎日誌]
3.11が時代を画するという予感があります。 大げさなことを考えるのも恥ずかしいのですが、そんな気がしています。 とりもどしていないいくつかの習慣があります。 読書がそのひとつです。 月10冊の本...... [続きを読む]

» 四季の歌(The Song of the Seasons)芹洋子 [のんびりいこうよ!開店休業]
[続きを読む]

« 東電勝俣会長が原発損害賠償での経営破たん示唆 | トップページ | 原発災害に伴い発生した損害のすべてが原発被害 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ