« 誰が、何を目的に、誰を救済しようとしているのか | トップページ | 安全策でなく危険策を国民に強制する菅政権の愚 »

2011年3月21日 (月)

冷却システムの全面復旧実現が事態収束のカギ

福島原発での放射能放出事故に対応して自衛隊、東京消防庁による放水作業が行われ、燃料棒保管プールへの給水が行われたことが伝えられている。また、発電所原子炉への電源回復が進められている。
 
 原子炉の電源が回復し、冷却システムが普及すれば、事態は収束に向かう可能性が高い。しかし、原子炉内部の格納容器のなかに炉心があるため、外から放水を行っても、炉心そのものの温度を下げることはできない。焦点はあくまでも電源による冷却システムを復旧できるのかどうかにある。
 
 しかし、原子炉内の復旧作業は高濃度の被ばくを伴うため、作業を行う技術者の被ばく量管理を極めて厳格に行わなければならない。原子炉内の配線等の損傷が極めて大きい場合、冷却システムの回復は容易ではないと推察される。
 
 放水作業が大規模に実施されたことで、事態が収束に向かうとの楽観論が支配しているが、現状はまだ全面的な楽観を許す局面ではないと判断される。
 
 また、福島県浪江町では、高水準の放射線量が継続して観察されており、福島原発から放射性物質が飛散した可能性もあると考えられる。
 
 また、放射能の人体に与える影響についても、単に放射線を浴びることと、放射線物質そのものを、何らかの経路で体内に摂取してしまうこととの間には、比較にならないほどの相違が生まれる。
 
 海外諸国は、周辺地域の現状に著しく高い警戒感を保持しているが、すでに明らかにされている事実から判断するなら、海外諸国の対応が適正なものであり、日本政府の対応は住民の生命および健康に万全を期すものになっていない。日本政府の姿勢は、政府と事業者の経済的負担を最小化させることだけを重視した、背徳の姿勢であると言わざるを得ない。
 
 また、浪江町の放射線量時系列データや、福島県東側海洋水域の放射能汚染状況についての詳細なデータを、隠蔽せずに全面的に公開することが強く求められる。
 

原子炉時限爆弾 Book 原子炉時限爆弾

著者:広瀬 隆
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 誰が、何を目的に、誰を救済しようとしているのか | トップページ | 安全策でなく危険策を国民に強制する菅政権の愚 »

福島原発炉心溶融」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷却システムの全面復旧実現が事態収束のカギ:

» 主であるべきものが従となり、従であるべきものが主となってしまう悲劇 [へのへのもへじの徒然日記]
東北関東大震災の犠牲となった方々に対して哀悼の意を表するとともに、避難所に身を寄せている皆様にお見舞い申し上げます。これからの復興に当たって、私も可能な限りお力添えします。日本の国が一つとなって頑張りましょう。少ない額になってしまいますが、毎月の収入から9月まで毎月募金したいと思ってます。また、東北地方からの物資を選んで購入したいとも思っています。 福島にある原子力発電所が被災して、緊急停止後の冷却を行う際の電源の送電設備や予備発電設備が破壊された。現在、懸命に復旧作業が進められているが、不安がよぎ... [続きを読む]

» 「安全」だとコントロールされつつあります。被ばくが当然と言われている福島原発事故 [ゆきひろ社会科日記]
地震と津波で今なお被災地で その日の食事も満足にえられず 孤立している多くの人の報道を見るたび この国の政治は本当に危機管理と 国民の生命を守ることのできない 中身のない政治だとつくづく感じる。... [続きを読む]

» #2 原発の実態を知り、国民の命と健康、そしてこれからの日本のエネルギー政策を考える機会にしましょう。 < Caccyo短信110320 > [父さんの日記]
政府の被災地や原発・放射能汚染への、あまりに人命軽視の対応を見るにつけ、怒りとストレスが増すばかりで体調がいまひとつ良くありませんが、今日も頑張って仕事に行くしかありません。職場は本日もしっかり稼働しています。さて、前稿に続きCaccyoさんが送ってくださったCaccyo短信です。被爆や福島第一原発3号炉に使われているプルトニウムのこと、原発で働き被爆して亡くなった平井憲夫氏の告発についてなど、私も紹介したく思っていた情報を配信してくださいました。配信された当日に掲載できればよかったのですが、2日も... [続きを読む]

» 原発にかわる代替エネルギーは? その1 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
福島での原発事故が長引くにつれ、世界でも『脱原発』の動きがちょっと息を吹き返していると聞く。 おそらく日本でもこれを機に脱原発の動きが出てくるのだろうが、問題となるのは原発に代わる代替エネルギー...... [続きを読む]

« 誰が、何を目的に、誰を救済しようとしているのか | トップページ | 安全策でなく危険策を国民に強制する菅政権の愚 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ