« 原口一博前総務相「菅政権は打倒せねばならない」 | トップページ | ウォルフレン著『誰が小沢一郎を殺すのか?』② »

2011年3月 2日 (水)

ウォルフレン著『誰が小沢一郎を殺すのか?』①

私たち日本人が必ず読まねばならない書、必読の書が出版された。
 
カレル・ヴァン・ウォルフレン著
『誰が小沢一郎を殺すのか?』

(角川書店、井上実訳)

 である。
 
 

誰が小沢一郎を殺すのか?   画策者なき陰謀 Book 誰が小沢一郎を殺すのか?   画策者なき陰謀

著者:カレル・ヴァン・ウォルフレン
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  私は昨年12月に
 
『日本の独立-主権者国民と「米・官・業・政・電」利権複合体の死闘』
(飛鳥新社)
 

を上梓したが、極めて類似した問題意識の下に執筆された書き下ろし新刊である。

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 ウォルフレン氏は「人物破壊」という言葉を使う。欧米ではよく使われる表現だという。
 
「標的とする人物を実際に殺さないまでも、その世間での評判や人物像を破壊しようとする行為」
 

のことである。
 
 私も、その標的とされた一人として、「人物破壊」を、自らの過酷な体験を通して理解できる。
 
 ウォルフレン氏は、政治生命を抹殺するために用いられた手法「スキャンダル」であり、「スキャンダル」を成功させるためには検察と新聞の協力が不可欠であると指摘する。
 
 そして、
 
小沢氏の人物破壊キャンペーンに関する限り、これは世界のあらゆる国々の政治世界でも目にすることのない、きわめて異質なものだと結論せざるを得ないと指摘する。きわめて異質だとする焦点は、このキャンペーンが実に長期にわたって続けられていることにある」
 
とする。
 
世界のどこを見回しても、ひとりの人間の世評を貶めようとするキャンペーンが、これほど長期にわたって延々と繰り広げられてきた例はほかにない
 
と指摘する。
 
 小沢氏に対する「人物破壊」キャンペーンは1993年の政変以降、20年近くにわたって展開されてきた。その理由は、小沢氏が実際に何をしたかとはまったく関係がなく、彼と言う存在が体制側にとって最大の脅威であること、それこそが理由なのだとウォルフレン氏は指摘する。
 
 私は、『日本の独立』を、ウォルフレン氏とはまったく独立に、そして一切の接触なく執筆した。しかし、基本的判断、歴史的な経緯の分析などに無数の共通点があることに驚きを禁じ得ない。
 
 私は本ブログ2008年5月29日付記事に
 
「自民党が恐れる最大の存在は小沢一郎民主党代表である」
 

と題する記事を掲載した。
 
 利権複合体=悪徳ペンタゴンは小沢一郎氏を最大の脅威として、激しい「人物破壊」攻撃を浴びせ続けているのだ。併せて記述するのはおこがましいが、私が執拗な攻撃を受け続けてきているのも、同様に、悪徳ペンタゴンにとっての脅威、障害物と位置付けられてきたからだと認識する。
 
 ウォルフレン氏は小沢一郎氏に対する不正な「人物破壊」キャンペーンについて、
 
日本を超法規措置によって支配する官僚機構からの視点、
 
②とりわけ、日本の政治システムのなかで特異な地位を占めている検察制度の特異性とその行動規範、
 
「検察」とともに「人物破壊」を実行する実働部隊の一翼を担う「メディア」=「マスゴミ」の行動様式、
 
日本を支配し続け、今後も日本支配を続けようとする米国からの視点、
 
から、説得力のある分かり易い主張を展開する。
 
 官僚機構・大資本・利権政治屋・マスゴミの四者を支配する、米国を頂点とするピラミッド構造
 
 これが米官業政電の利権複合体、悪徳ペンタゴンの立体構造である。
 
 ウォルフレン氏はそのなかの、米国、官僚機構、マスゴミに焦点を当てる。官僚機構のなかでは、検察の特異性について欧米との比較の上に、日本の現実の異常さを際立たせる。
 
(その2)に続く

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 原口一博前総務相「菅政権は打倒せねばならない」 | トップページ | ウォルフレン著『誰が小沢一郎を殺すのか?』② »

著書・動画配信紹介」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/39070705

この記事へのトラックバック一覧です: ウォルフレン著『誰が小沢一郎を殺すのか?』①:

» 行政改革とは減税だ!! 減税の都知事を選ぶべし [整体師「ぢゃがいも」です]
コペルニクス…当時主流だった地球中心説(天動説)を覆す太陽中心説(地動説)を唱えた人物。  一般の商売には「競争」が生じる。特にこの「デフレ」の世の中「値下げ競争」はどの業界でもみられる。マッサージ業も例外ではない。当社の東京都小金井市にある「マッサージもみ処... [続きを読む]

» 米国に忠実な犬 ”売国官僚図鑑” パート1 [ライジング・サン(甦る日本)]
本日は国会議員についてではなく、霞が関にいる(いた)米国に忠実な官僚の顔をアップ [続きを読む]

» ポスト菅の前原・野田・に恫喝始まる・・米国利権集団 [ゆきひろ社会科日記]
前原と野田の政治資金収支報告虚偽記載疑惑報道 [続きを読む]

» B層覚醒の波はやはり止まらないのか!? [B層よ!今こそ覚醒せよ!]
小沢一郎を恐れる米・官・財・政・業の悪徳ぺんたごん(平仮名で書くと笑えるw)であるが、こういった形で先制攻撃をされると、天下のCIAでも流石に手は出せないのではなかろうか? [続きを読む]

« 原口一博前総務相「菅政権は打倒せねばならない」 | トップページ | ウォルフレン著『誰が小沢一郎を殺すのか?』② »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ