« 菅政権2011年度予算が成立すれば日本経済は崩壊 | トップページ | 官僚利権温存庶民増税主張与謝野老害相対河村氏 »

2011年2月22日 (火)

天と地ほどに異なる「連赤民主党」と「正統民主党」

2009年8月の総選挙を通じて政権交代の偉業が成就した。主権者国民が初めて悪徳ペンタゴンから政治権力を簒奪(さんだつ)したのである。
 
 明治、大正、昭和を通じて、日本政治は一貫して官僚機構、大資本、米国によって支配され続けてきた。戦後民主化により国民主権の大原則が打ち立てられ、国民の意思に基づく政権が樹立されたのも束の間、冷戦勃発とともに主権者国民の意思による政権選択は米国によって妨害された。
 
 爾来(じらい)、60年余りの時間が経過したが、米国は日本実質支配の意思を緩めない。詳しくは拙著『日本の独立-主権者国民と「米・官・業・政・電」利権複合体の死闘』(飛鳥新社)をぜひご高覧賜りたい。
 
 飛鳥新社サイトでは、1月24日に開催されたベストセラー化記念講演会の模様を動画で配信しているので、併せてご高覧賜りたい。
 

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 2009年9月の鳩山政権発足は日本政治史上の偉業であった。日本の民衆が民衆の力により、初めて政治権力の簒奪に成功したのだ。この政権を大きく育てて、主権者国民政権の確固たる基盤を築かなければならなかった。
 
 ところが、当初から警戒した通り、政治権力を喪失した悪徳ペンタゴンの抵抗はすさまじかった。日本の情報空間を支配しているマスゴミが歪んだ情報操作に全力をあげた。同時に、検察権力が激しい新政権攻撃を展開した。
 
 これと呼応したのが、民主党内の悪徳ペンタゴン勢力だった。鳩山由紀夫前首相が普天間移設問題で失策を演じ内閣総辞職を表明した間隙を縫って、悪徳ペンタゴンが主権者国民の手から政治権力を奪還してしまったのである。
 
 しかし、政権を奪取した菅直人氏には、首相を務めるだけの器も正統性もない。ただひたすら総理のいすにしがみついてはいるが、当然の成り行きとして窮地に追い込まれつつある。

人気ブログランキングへ

政権交代が実現してわずか1年半で、状況は様変わりだが、この間の最重要トピックは、一貫している。「普天間と消費税」である。そしてサブテーマが「企業献金と天下り」である。
 
 米国は米国の利益を追求する立場から、辺野古に日本の費用負担で巨大軍事基地を建設させる意思を変えていない。米国の立場は、「日本は米国の支配下にある国だから、米国の命令に従わないことを許さない」というものである。米国は日本を独立国と認めておらず、日本の側でも独立国としての気概と自覚を持つ者が少ないのが現状だ。
 
 主権者国民を被支配者と捉え、自らを支配者と捉える官僚と大資本は結託して、民衆課税である消費税大増税を最重要施策と位置付けている。この官業連合体にとって、官僚利権排除のために消費税増税を封印するとした鳩山前政権は許しがたい存在だった。鳩山前政権に対する総攻撃の一因は、この点にあったと判断できる。
 
 大資本は大資本による政治支配を裏付けているのが企業献金であることをはっきりと認識している。企業献金が全面禁止になれば、大資本による日本政治支配の構造は根幹から揺らぐことになる。大資本はマスゴミを総動員して企業献金全面禁止を闇に葬り去ろうとしている。
 
 官僚機構の最重要関心事は、天下り利権の温存である。官僚は天下り利権を切らずに消費税大増税を実現することを至上課題としている。菅政権こそ、官僚が敷いたこの路線に沿うレールの上を、そのまま進んでいる政権である。
 
 致命的な問題は、菅直人氏の提示する政策方針が、選挙の際に主権者国民と約束した方針と全面的に対立することである。
 
 主権者国民との契約順守を主張したのが、民主党16勇士である。これに対し、民主党執行部の掲げる政策方針は、主権者国民との契約に全面的に反している。マスゴミは、執行部に反旗を翻すなら、離党するのが筋だと主張するが、16勇士の主張が主権者国民との契約に沿うものであるなら、離党すべきは16勇士ではなく民主党現執行部であるというのが正論になる。
 
 数の多寡が問題なのではない。民主主義の根幹、民主主義の大原則に照らして評価しなければならない。この点でも、日本のマスゴミは、まさにゴミそのものの存在に堕している。
 
 菅直人氏の浅はかで、私利私欲だけの性格を考えると、菅直人氏は自爆テロ解散に突き進むだろう。このときに、正統民主党が国会で勝ち残らねばならない。そのためには、現在、悪業を積み重ねている「連赤民主党」=「悪徳民主党」と「正統民主党」との間に明確な線を引いておくことが不可欠だ。
 
 もっとも分かりやすい区分は、「正統民主党」は、①対米隷属からの脱却②消費税論議の前の官僚利権根絶③企業献金の全面禁止、を明確に主権者との契約に盛り込んでいることだ。このことを前面に立てて総選挙を闘わねばならない。この総選挙を通じて、主権者国民政権の最樹立を図らねばならない。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

« 菅政権2011年度予算が成立すれば日本経済は崩壊 | トップページ | 官僚利権温存庶民増税主張与謝野老害相対河村氏 »

悪徳ペンタゴンとの最終決戦」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/38968496

この記事へのトラックバック一覧です: 天と地ほどに異なる「連赤民主党」と「正統民主党」:

» 2011年2 月22日小沢一郎「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
だから真っ直ぐ 真っ直ぐ もっと真っ直ぐ生きて 寂しさに涙するのはお前だけじゃねえ 2011年2 月22日小沢一郎「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」 (以下転載始め) 2011年2 月22日 (火曜日)「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」 倫理委員会での小沢一郎氏の発言 本日午前、党本部において行われた倫理委員会での小沢一郎氏の発言は以下の通りです。 「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」 平成二十三年二月二十二日衆議院議員 小沢一郎党倫理委員会の皆様、このような機会をいただいたことに心から感謝申し上げま... [続きを読む]

» ”人類補完計画” [整体師「ぢゃがいも」です]
人類補完計画とは…「出来損ないの群体として行き詰った人類を完全な単体生物へ人工進化させるもの」by葛城ミサト   え~。単行本もアニメも中途半端にしかしらず、「エヴァ」のこと全然わかってないおいらですが。。 「人間は数が増えすぎた。だから削ろう」 馬鹿げた意... [続きを読む]

» 倫理委員会での小沢一郎氏の発言全文 [ライジング・サン(甦る日本)]
先の陸山会収支報告書の件で小沢氏は、常任幹事会に先立ち党本部で開かれた党倫理委員 [続きを読む]

» アサヒる・マスコミの平均年収 [@読んで得するやさしい基礎知識と癒しのネコ写真@ 脊振の麓~大自然の図書館]
今日は、年収シリーズというわけでは ないですが、マスコミの年収を調べてみました。 理由は他の職業の年収を平気で 報道するのに、彼ら自身の年収を 報道してるのは一度も見たことないからです。 なにかと話題の多い朝日系列を 今日は見てみましょう。 民間正社... [続きを読む]

» 民主党執行部はこの正論に答えてみよ 「倫理委員会への小沢一郎の主張」 [父さんの日記]
昨日午前、民主党倫理委員会において小沢一郎氏は、下記に転載した通りの正論を主張し、倫理委員会に対し質問を投げ文書での回答を求めました。そして党側は、同日午後行われた常任幹事会において、倫理委員会での小沢氏の主張と回答要求を無視、党員資格停止処分を決定しました。以下、小沢一郎に日本を託す会ブログ さんから、倫理委員会において小沢一郎氏が主張した発言を全文転載します。コピペ、印刷し、マスコミには報道されない正論の拡散をお願いいたします。<転載開始>「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」           ... [続きを読む]

» 反政府行動の世界的つなみ [ブログ・心理カウンセラーがゆく!]
生き難さを問う、世界の反政府行動! [続きを読む]

» 産経の悪質改ざん部分と、(中塚議員紹介原文)2011年2 月22日小沢一郎「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 後ろで、産経のを参考資料として採録しておきますが 7箇所違っています。それも2箇所は悪意が感じられる間違い。  以下は、民主党中塚一宏衆議院議員 のブログからの転載です。(小沢派、@ikkonaka 、京都大学工学部卒、衆議院 / 現職3期 / 神奈川県12区 ) 2011年2 月22日小沢一郎「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」 (以下転載始め) 2011年2 月22日 (火曜日)「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」 倫理委員会での小沢一郎氏の発言 本日午前、党本部において行われた倫理委員会での小沢... [続きを読む]

« 菅政権2011年度予算が成立すれば日本経済は崩壊 | トップページ | 官僚利権温存庶民増税主張与謝野老害相対河村氏 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ