« 官僚利権温存庶民増税主張与謝野老害相対河村氏 | トップページ | 日本偏向協会(NHK)エースでノーコン大越健介氏 »

2011年2月24日 (木)

菅直人連赤民主党批判の松木政務官辞任に正統性

2月23日の党首討論で菅直人氏は、予算や予算関連法案が成立しなければ国民が困る。国民生活にとって必要な予算関連法案を成立させよとの趣旨の主張を展開した。解散を恐れる姿勢が鮮明だ。
 
 菅直人民主党は昨年7月の参院選で大敗した。その結果、参議院で与党は少数与党に転落した。この時点から、法律成立には困難が伴うことになった。
 
 また、本ブログで繰り返し指摘しているように、2010年7月参院選前に、菅直人氏は参院選が菅政権に対する信任投票であることを明言した。その参院選で大敗したのだから、主権者国民の判定は菅直人首相不信任であり、菅直人氏はこの時点で辞任していなければならなかった。
 
「ねじれ国会」と呼ばれるが、参議院での与野党逆転を踏まえれば、この参議院対策で万全を期さなければ、政策運営は立ち行かなくなる。2006年以来、日本では総理大臣が毎年交代しているが、その背景に参院での「ねじれ」が存在したことを否定できない。
 
 昨年7月の参院選で与党は与党過半数を死守しなければならなかった。この重要な参院選で菅直人氏は民主党政権公約に反する消費税増税提案を示して大敗した。民主党単独過半数どころか、与党過半数さえ確保できなかった。
 
 この瞬間から、2011年春の困難は明白だった。予算は衆議院の優越で成立するが、予算関連法は参議院での可決か、衆議院での再可決がなければ成立しない。自民党政権が「衆参ねじれ」のなかで、辛うじて政権運営を行えたのは、衆議院での3分の2再可決を発動できたからである。
 
 ところが、菅直人氏は普天間問題で主権者国民の意思を尊重するのではなく、米国に言いなりになるスタンスを取った。この結果、社民党は政権与党から離脱し、野党として政権と対立するようになった。これで衆院3分の2再可決の目は消えた。
 
 二兎を追う菅直人氏は、美術に関心もないのに、突然、池田大作創価学会名誉会長が創立した美術館を訪問しておべんちゃらを吹聴した。公明党に取り入る姿勢を示した。
 
 ところが、公明党は自民党と結託して、次期総選挙での自公政権再樹立に進む姿勢を鮮明にし、菅直人氏のすり寄りを一蹴した。
 
 この結果、2011年度予算関連法は成立の見通しが立たない状況になった。

人気ブログランキングへ

もとより、2011年度予算案は史上最強のデフレ予算である。予算が成立すれば予算が原因になって日本経済が急激に悪化する可能性が極めて高い。しかし、このデフレ予算でも成立しなければ、予算そのものの執行が不能になり、経済は間違いなく崩壊する。
 
 この期に及んで菅直人氏は、予算が成立しない原因を野党に押し付けようとし始めている。予算が成立しないと国民が困ると脅して、野党の法案可決への協力を求める。予算が成立しなかったら、その原因は野党にあると言わんばかりの主張である。
 
 このあたりが、卑怯で卑劣な菅直人氏の菅直人氏らしさを如何なく発揮した場面である。こんな人物が首相に居座ることを多数の日本国民が恥ずかしいと思っている。疑わしい世論調査でさえ支持率は2割を下回り、国民の半分が菅直人氏の辞任を求めている。
 
 法律を通すには、野党の賛成を得るための最大限の努力が必要だが、その前に、党内の結束を固めることは当然である。ところが、菅直人氏は連合赤軍のように、党内での狂気の総括を進めており、これで法律成立を目指すと言っても誰の心にも響かない。
 
 民主党の心ある勇士が立ち上がり始めた。松木謙公農林水産大臣政務官の辞任に続く勇士の行動が一段と拡大してゆくだろう。マスゴミは、反旗を翻した者に、なぜ離党しないのかと問うが、反旗を翻した勇士が正論を述べ、民主党の現執行部が民主党の本来の政策路線を踏みにじっているのだから、離党すべきは現在の執行部である。こんな基本的な判断もできない者が公共の電波を占拠しているのだ。
 
 菅-仙谷-岡田-野田-前原-枝野-玄葉-渡部-与謝野-藤井の民主党悪徳10人衆に離党してもらうのが先決である。この悪徳10人衆が民主党から消えれば、民主党の浄化は一気に進む。
 
「連赤民主党」=「悪徳民主党」=「増税民主党」とすれば、選挙で最も分かりやすい。
 
 残存する議員による「正統民主党」=「減税民主党」とすれば、これまた主権者国民に分かりやすい政党になる。
 
 消費税を永遠にタブー視するのではない。何よりも重要なことは、

「増税の前にやることがある!」
 
である。
 
「増税の前にやることがある」が「減税日本」=「減税民主党」=「正統民主党」の基本である。多くの主権者国民がこの考えを共有すると私は思う。
 
「正統民主党」の勇士は総選挙を恐れるべきでない。「正統民主党」=「減税民主党」が正しい旗を掲げ、主権者国民に本音で語れば、主権者国民は必ずその正しさを理解するはずである。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

« 官僚利権温存庶民増税主張与謝野老害相対河村氏 | トップページ | 日本偏向協会(NHK)エースでノーコン大越健介氏 »

菅直人選挙管理内閣」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人連赤民主党批判の松木政務官辞任に正統性:

» 森ゆうこさん都知事選擁立、勝手連運動。 [整体師「ぢゃがいも」です]
森ゆうこさん都知事選擁立勝手連運動。(画像を押すと、Facebookページにとびます)                東京都知事選 ・2011年(平成23年)3月24日 告示 2011年4月10日投票 ここに「森もうこ民主党参議員」を擁立しようという勝手な運動です。 2月6日に「... [続きを読む]

» 「市川房枝は会派の人」 毎日新聞コラム「木語」 [ひげログ人]
今日の朝の毎日新聞に、金子秀敏専門編集委員が書いたコラムがあった。 一般の人たち [続きを読む]

» 「住まいるチャンネル」Ustream生放送!(02-25) [喜八ログ]
「住まいるチャンネル」生放送が2011年02月25日(金)午後8時~9時 「Ustream」で行なわれます。 番組内容は「追い出し屋」に関するニュースとコント、東京都日野市の高幡台団地問題、住まい○×クイズ、相談コーナーなど。「住まいの貧困に取り組むネットワーク」提供です。... [続きを読む]

» 大本営発表報道統制も真っ青、お笑いピエロマスゴミの金太郎飴社説横並び小沢さん叩きは、必ずや歴史の審判を受ける。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 ブログ運営者は、2011年2 月22日小沢一郎「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」を転載紹介するべきだ。(産経のように悪質に改ざんする例があるので、必ず中塚一宏衆議院議員のブログから原文を転載した方がいい)  それにしても、小沢さんが民主党倫理委員会に提出した「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」がネットで広まった翌日、今日のマスゴミの社説が凄まじい。以下採録。(それにしても何ともはや大手マスゴミより地方紙の方が余程まとも) 小沢氏処分—真の区切りとするために【朝日、社説】http://www.asah... [続きを読む]

« 官僚利権温存庶民増税主張与謝野老害相対河村氏 | トップページ | 日本偏向協会(NHK)エースでノーコン大越健介氏 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ