« 小沢一郎氏せん滅目論む巨大政治謀略を断固粉砕 | トップページ | 「小さな☆しあわせ見~つけた♪」様のメッセージ »

2011年2月 1日 (火)

国民の同意なき消費税大増税を絶対に許さない

2月1日の衆議院予算委員会。自民党の野田毅議員が質疑を行った。

 所得税法附則104条に、「税制の抜本改革を行うため平成23年度中に必要な措置を講じる」との条文があることについて質問した。
 
 野田佳彦財務相は、「日本は法治国家だから法律の条文を尊重して対応する」旨の答弁を行った。
 
 一方で野田議員は、民主党が2009年8月の総選挙で衆議院の任期4年間は消費税増税を行わないことを選挙公約として選挙を戦い、政権を樹立したことを指摘した。
 
 完全な矛盾である。
 
 所得税法104条は2011年度に消費税増税を決めることを定めた法律である。この法律は麻生政権の時期に、自公政権が制定したものである。
 
 どういうことか。
 
 消費税増税問題は2009年8月総選挙の事実上の最大の争点だったのだ。献金・天下り・消費税、そして普天間が2009年8月総選挙の最大の争点だった。
 
 鳩山由紀夫氏が率いる民主党は、次の衆議院任期は政府支出の無駄排除に全力をあげる。この無駄排除をやり抜くまでは安易に消費税増税に進まないことを政権公約に掲げたのだ。
 
 2011年度までに消費税増税を決めるとしたのは自公政権なのだ。
 
 一番大事なのは、主権者国民の意思だ。主権者国民は2009年8月総選挙で民主党を大勝させ、自民党を惨敗させた。自民党が提示した2011年度に消費税増税を決める方針を、主権者国民は全面的に否定したのである。
 
 さらに、2010年7月の参院選。菅直人氏は民主党内で民主的な手続きも踏まずに、突然、消費税増税を公約に掲げた。主権者国民の反発はすさまじかった。
 
 この参院選で菅直人民主党は惨敗した。消費税増税公約は主権者国民によって全面的に否定されたのである。菅直人氏も増税公約を撤回したはずだ。

人気ブログランキングへ

つまり、所得税法附則104条は、主権者国民の意思によってすでに否定されているのであり、政権はこの条文を凍結する法的措置を取る責務を負っている。
 
 それを野田佳彦氏は、「日本は法治国家だからこの条文を守る」と発言したのである。民主主義の根本原則さえ理解しない大臣は、即刻罷免すべきである。
 
 菅直人氏も、主権者国民が否定した消費税増税を強行推進することについて、説明できないではないか。民主党内での意思統一さえできるわけがない。
 
 菅直人氏は与野党で協議し、消費税増税案を決めた後で総選挙で民意を問うと言ったが、同時に聞き捨てにできない暴論を吐いた。
 
 一部の小政党が反対するかもしれないが、民主、自民を中心とする大政党が消費税増税を決めてしまったうえで総選挙で民意を問う、と発言したのだ。
 
 これでは消費税増税の是非についての民意を問うことにはならない。増税を決定してしまって、あとから国民に同意を強制するだけではないか。
 
「官僚利権根絶なき消費税増税を許さない」勢力が結集して、「官僚利権根絶なき消費税増税を強行する」勢力に対峙しなければならない。
 
 この二つの勢力が対峙し、主権者国民に選択肢を示して総選挙を行わない限り、民意を問うことにはならないのだ。
 
 菅直人氏はうそつきである。詐欺師と言ってもよいだろう。消費税増税について民意を問うと言いながら、与野党で談合して消費税増税を決定してしまったあとで、形だけ総選挙を実施するというにすぎないのだ。
 
「官僚利権根絶なき消費税増税阻止」を目的に国民会議を創設し、国会議員勢力を糾合しなければならない。悪徳ペンタゴンは、米官業トライアングルの利権を維持するために、民衆からの大収奪を強行しようとしている。この悪政を容認してはならない。
 
 菅直人氏の悪行三昧を絶対に容認してはならない。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

« 小沢一郎氏せん滅目論む巨大政治謀略を断固粉砕 | トップページ | 「小さな☆しあわせ見~つけた♪」様のメッセージ »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民の同意なき消費税大増税を絶対に許さない:

» 森ゆうこ議員が検察に嵌められる前に全国民に知らせ釘を刺しておこう [ライジング・サン(甦る日本)]
小沢氏の、そもそも事件でもなんでもないタダの”冤罪収支報告書問題”で先頭をきって頑張ってる民主党森ゆうこ議員が、頑張り過ぎると逆に国民から告訴され法廷に立たされる可能性が高くなってきた検察によって嵌められようとしているらしい。 以下は森ゆうこ議員のブログの転... [続きを読む]

» 石川知裕議員再聴取の全容判明 検察とのやりとり詳報 [父さんの日記]
小沢一郎氏の裁判は、石川知裕議員と大久保隆規元秘書の無罪を勝ち取ること、両氏が冤罪であったことを立証することで、自動的に小沢氏の無罪確定となっていきます。その意味で、公判前整理手続において、大久保隆規元秘書を担当した前田元検事作成の供述調書の証拠申請を検察自身が取り下げ、検察と石川知裕議員の再聴取が録音された資料を地裁が証拠採用したこと(http://bit.ly/fb7E4e )は、大久保・石川両氏の無罪から小沢無罪へと勝利するための、大きな一歩でした。 その石川議員の再聴取におけるやりとりが、何... [続きを読む]

» 「検審起訴」後の小沢一郎民主党元代表ぶら下がり記者会見YouTubeと、声明文完全テキスト。(pdfも紹介) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
  ←「主権者は私たち」BBS(レジスタンス戦線BBS)に投稿したものを採録しておきます。 20110131小沢一郎民主党元代表ふ?ら下か?り記者会見http://www.youtube.com/watch?v=rqKA2T5v-U4 3分43秒から記者質問。小沢一郎Webサイトでの「検察審査会の議決による起訴を受けて」pdfリンク。http://ozawa-ichiro.jp/20110201.pdf↑上記pdfからのテキストと実際の会見の異同部分を直し、↓下記は実際の会見をそのまんまテキスト化し... [続きを読む]

« 小沢一郎氏せん滅目論む巨大政治謀略を断固粉砕 | トップページ | 「小さな☆しあわせ見~つけた♪」様のメッセージ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ