« 小沢一郎氏の「政治とカネ」問題再検証 | トップページ | うそつき・無免許菅直人氏を総辞職に追い込む »

2011年1月25日 (火)

第二平成維新により菅直人反動政権を打倒

『日本の独立-主権者国民と「米・官・業・政・電」利権複合体の死闘』の刊行とベストセラー化を記念して、昨日、東京一ツ橋の日本教育会館で講演会が開催された。
 

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 会場の定員の関係で、受付を早期に締め切らせていただかなければならず、多くの参加ご希望の皆様の意に沿うことができませず、お詫び申し上げます。
 
 副島隆彦先生には、お忙しいところ、再びご登場賜り、この場を借りて改めて深く感謝申し上げます。
 
 また、多くの皆様に拙著をご購読賜っておりますことに、改めて深く感謝申し上げます。
 
 講演では、以下の諸点についてお話をさせていただいた。
①消費税問題
②菅政権の本質
③小沢一郎氏の「政治とカネ」問題
④警察・検察・裁判所制度の前近代性
⑤マスゴミの現実とNHK問題
⑥官僚支配打破の秘策
⑦アメリカによる日本支配
⑧戦争と平和
 
 時間の制約もあり、十分なご説明ができなかった点はお詫びを申し上げたい。
 
 日本政治は教科書のうえでは、主権在民、民主主義だが、この建前と実体がかけ離れ過ぎている。
 
 かけ離れているのは、実体上の日本の支配者が巧妙に利権の独占を維持してきたからに他ならない。
 
 情報が操作され、民衆が洗脳されてきた面を否定できない。マスメディアを支配する権力は、公正な情報提供を積極的には行わない。
 
 もうひとつ見落とせない点は、主権者である民衆の側での闘争が不足してきたことだ。日本の民衆が目を覚まし、闘争心を持たなければ事態を変えるのは難しい。
 
「日本のルネサンス」が求められている。

人気ブログランキングへ

 日本の歴史を振り返るとき、やはり分岐点になったのは明治六年政変であったと思う。
 
 端的に言えば、大久保利通と江藤新平の戦いであった。
 
 図式は「国権・官権」対「民権」である。
 
 政治権力から民衆を守るには「権力の抑制」、「権力の制御」、「権力の分散」が不可欠である。逆に言えば、国家権力の強化を指向するなら、民衆の権利の抑制、民衆の人権の抑圧が必要になる。
 
「国権と官権」を追求したのが大久保利通であり、「民権」、「人民の擁護」を追求したのが江藤新平であった。江藤新平は司法の独立性確保に精力を注ぐとともに、「冤枉(えんおう)」すなわち「冤罪」の防止に力を注いだ人物なのである。
 
 明治六年政変のもうひとつの側面は、「政治とカネ」問題の原点である明治藩閥政治、有司専制と政治の腐敗を断ち切るか、清が濁に打ち破れるかの分岐点になったことだ。
 
 江藤新平は政治の腐敗を断ち切るべく、厳格に振る舞った。政治の腐敗は、長州藩閥政治にはびこったのである。西郷隆盛は藩閥政治が腐敗の色を濃くすることに対して、これでは維新の功業が遂げられぬと嘆いたのである。
 
 結局、濁が清を制してしまった。大久保内務省有司専制の象徴が江藤新平に対する江戸刑法を適用しての除族、梟首の強行だった。
 
 民権を抑圧して国権を優先する、民衆の権利軽視のDNAは大久保内務省専制政治に淵源があると私は感じるのだ。
 
 同時に日本政治に「政治とカネ」の問題、金権体質を埋め込んだ原点が明治六年政変にあるのだと痛感する。
 
 菅直人氏は山口の出身だと自己紹介する。そして、9月14日の民主党代表選を西南戦争になぞらえていたが、日本政治は第二維新が挫折したところから歪んでいったのである。
 
 平成維新は菅直人クーデター政権により蹂躙されているが、歴史の針を逆戻しさせないために、民衆の力で第二平成維新を成就させなければならない。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

« 小沢一郎氏の「政治とカネ」問題再検証 | トップページ | うそつき・無免許菅直人氏を総辞職に追い込む »

菅直人選挙管理内閣」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第二平成維新により菅直人反動政権を打倒:

» http://yonofushigi.cocolog-nifty.com/yonofushigi/2011/01/post-737d.html [にっぽんじんってなんだろう?]
植草一秀のブログを読むと、やはりその内容は「真実」であると思わざるを得ない。日経 [続きを読む]

» 日本のルネサンス~「日本の独立」ベストセラー記念講演会にて。植草編~ [整体師「ぢゃがいも」です]
『ルネサンスとはすべてを疑うことである』 日本のルネサンス、すなわち日本国民ひとりひとりが「すべてを疑い、自分の目で物を見て、自分の頭で物を考える」ようになったとき、主権在民の世の中になるであろう。 『政治は国民の水準以上のものにはならない。政治家を選ぶのは国... [続きを読む]

» 不況が大好物。「不況になれば官僚栄える」 [ライジング・サン(甦る日本)]
「官僚」=「天皇の官吏」が法律を作る。 みなさんもご存じのように議決するのは国会議員だが、中身を作るには官僚たちである。 たったこれだけでいいのだ。 これだけできれば日本国は官僚支配が延々と続けられるのである。 以前、元竹中平蔵の秘書官で元通産省官僚の岸博幸... [続きを読む]

» 民営化後…郵便局の数は減ったのか??? [@ためになるやさしい基礎知識と癒しのネコ写真@  脊振の麓~大自然の図書館]
ちょっと前までは よくこの話題がテレビで 報道されてましたね 今回は民営化の是非を問う記事では ありませんのであしからず。 国民新党の議員さんが 「民営化後、郵便局数が減ってネットワーク がズタズタになった」 と言ってましたね。 一方、民営化支持者は... [続きを読む]

« 小沢一郎氏の「政治とカネ」問題再検証 | トップページ | うそつき・無免許菅直人氏を総辞職に追い込む »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ